わずかな量しかとれない希少部位『まぐろの頭肉 大和煮』でお酒のおつまみにぴったりの一品を作ろう

希少な部位をおいしい缶詰に

 

一匹のまぐろからわずかな量しかとることができない「頭肉」。コラーゲンたっぷりの希少部位が『まぐろの頭肉 大和煮』として登場。砂糖と醤油でシンプルに炊き上げたおいしさは、そのまま味わうのはもちろんのことお酒のおつまみにも。今回はアレンジを加えて食卓を彩る一品を作ってみよう。

 

こだわりのおいしさ、朝採れの魚をすぐ缶詰に

木の屋石巻水産(宮城県)は、水産加工を手がけているメーカー。自然豊かな三陸の新鮮な魚介類をすぐに缶詰にする独自製法、国産調味料を使ったシンプルな味付けで素材の味を大切にした商品づくりをしている。

今回ご紹介するのは『まぐろの頭肉 大和煮』(170g・希望小売価格 税込500円・発売中)。高級感のあるゴールドのパッケージは、自分へのご褒美やちょっとしたギフトとしても喜ばれそう。

 

コラーゲンたっぷりのまぐろの頭肉

まぐろの頭肉は、ハチの身、脳天、ツノトロなどと呼ばれるホホ肉に近い部分。大きなまぐろからわずかな量しかとれない、とても希少な部位だ。頭肉はコラーゲンの塊でもあるので、やわらかくとろけるようなおいしさが楽しめる。

 

調味料もすべて国内産、添加物不使用のこだわり

焼津港で水揚げされたまぐろを使用。大和煮とは、砂糖や醤油などで煮た料理のこと。日本人になじみの深い甘めの濃い味付けだ。

プルタブで簡単に開けられるので、缶切りは不要。アウトドアシーンやストック食材としても役に立つ。

 

やわらかく、甘い、とろけるおいしさ

醤油ベースの甘い香り。煮汁はぷるっとゼラチン状になっており、コラーゲンがたっぷりなのが分かる。

まずはそのままで頂いてみよう。しょうゆと砂糖でシンプルに煮てあり、日本人好みの甘さで上品な味わい。

頭肉は簡単にほどけていくような柔らかさ。鮮度抜群の素材をすぐに加工しているからこそ、生臭さは一切ない。温かいごはんにのせれば、ゼラチン状の甘い煮汁が溶け出しごはんに旨みが染み込む。

 

おつまみに「餃子の皮で作る簡単ピザ」

そのままでもおいしい『まぐろの頭肉 大和煮』を使い、アレンジレシピ「餃子の皮で作る簡単ピザ」を楽しんでみよう。餃子の皮を使えば、簡単にパリッとした食感。1人分ずつも作りやすく、食卓を彩る1品に。

 

用意した食材は

  • まぐろの頭肉 大和煮
  • 餃子の皮
  • ピザ用チーズ
  • ミニトマト
  • 小ねぎ
  • オリーブオイル

餃子の皮に薄くオリーブオイルを塗り、チーズをのせる。ほぐした『まぐろの頭肉 大和煮』とミニトマトをのせて、さらにチーズをトッピング。

フライパンやオーブンで、餃子の皮がきつね色になるくらいまで焼いていく。最後に小ねぎを散らして出来上がり。

 

パリッと食感、旨みたっぷりジューシーなおいしさを召し上がれ

できたての熱々を頂こう。生地は香ばしく、パリッとした軽い食感。「まぐろの頭肉」の甘い醤油味とミニトマトのジューシーな酸味のバランスがいい。

チーズの塩っけも加わり、それぞれの美味しさが贅沢に口に広がる。大人向きのメニューとしてはもちろんのこと、手のひらサイズなので子ども達にも食べやすい。1人分ずつ取り分けられるので、ホームパーティーにもおすすめのメニュー。

 

日々の食事の栄養バランスが気になる時にも

コラーゲンだけでなく、タンパク質も豊富な「まぐろの頭肉」。栄養バランスが気になる時などにも、手軽に魚が摂れるので缶詰は便利。国内水揚げ、国産調味料が使われたこだわりの缶詰は、無添加・無着色で素材の味わいを大切に作られている。

そのまま夕食や晩酌の一品に。ひとつの素材としてチャーハンの具にしたり、お茶漬けにしたり、アレンジ料理にも使いやすい。缶詰は常温で長期保存ができるので、おいしい素材を常にストックしておける。

『まぐろの頭肉 大和煮』は、全国のスーパーや公式オンラインショップから購入できる。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック