サクサクの三日月形パイ、東ハト『パイクロ』2種類の味で登場!

見た目は小さなクロワッサンで、食感はパイ生地なんです。軽くて、そして複雑に美味しいのです。

1

東ハトの『パイクロ』の、複雑に美味しい味は、作り方なのでしょう。生地にバターを溶かしこんだ蜜をかけ、表面にアクセントとしてアーモンドと塩をコーティングして、サクサクに香ばしく焼きあげたのです。上白と三温糖の2種類の砂糖を使用しており、コクのある甘さとまろやかなバターの深い味わいが楽しめます。

2

メーカーの説明によると、「シンプルな味」なのだそうですが、実に奥が深い味がします。特にバターの風味が絶妙。ちょっとカロリーが高そうですが、やめられなくなる美味しさです。午後の時間のお茶菓子に、子供のおやつに。ちょっと小腹が空いたときにも、満足のスナックです。

3

今年2月4日に新発売となったこの『パイクロ』。今回、筆者が試してみたのは「シュガーバター味」ですが、もうひとつ、「焼きチョコ味」も同時に新発売となりました。どちらもオープン価格で、予想小売価格は130円前後。1袋では、すぐに無くなってしまうので、買うときは、ぜひ2つ以上一緒にどうぞ!

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

トラックバック