カテゴリ「」の記事:448

お帰りなさい、『マルちゃん 激めん ワンタンメン』。リニューアルを機に再び全国市場へ返り咲きしたカップワンタン麺の伝説

 

カップ麺というのは毎週のように新製品が出て、定番品として生き残るのは非常に難しい。記者も大好きだった品々がいつの間にか店頭から消えてがっかりしたことは何度もある。この1978年登場の名品『マルちゃん 激めん ワンタンメン』もごく限られた地域でしか入手できないことになっていた。しかし今回のリニューアルを機に再び全国発売に返り咲いたのだ。 続きを読む

『ペヤング スカルプDやきそば』ハゲを諦める前にペヤングで対策!?

 

「最近、抜け毛が気になりだした」「薄毛になった気がする」という薄毛・ハゲの悩みはないだろうか。男性の頭髪が少なくなってくるのは、加齢によるものと諦めている人が多い。だが、完全にハゲてしまう前に予防対策をしてみてもいいのではないか。そんなハゲ予防に、まるか食品がアンファーの育毛シャンプーとコラボした『ペヤング スカルプDやきそば』が登場。物議を醸している。いったい、どんなやきそばなのか。いち早く入手して試食してみた。

続きを読む

オンラインで「1.6秒に1個 売れた」伝説を生み出した噂の『カップヌードル謎肉丼』が全国発売! さっそく食べてみた

 

昨年、カップヌードルの残ったスープにご飯を投入する追いメシタイプの「カップヌードル ぶっこみ飯」というカップライス製品が登場したが、今回はそれをさらにマニアックに進化させたのが『カップヌードル謎肉丼』だ。謎肉ファンならたまらない味に、果たしてなっているのか、検証!

続きを読む

創業45周年「千房」X 発売30周年「スーパーカップ」の究極コラボ!『スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば』を食べてみた!

 

今年創業45周年を迎える大阪のお好み焼き専門店「千房」と発売30周年を迎える「スーパーカップ」の夢のタイアップがついに実現! 「千房」の焼そばを再現した『スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば』は、まるでお店で食べる焼きそばのような臨場感あふれる一杯に仕上げたとか。こんなの美味いに決まってるじゃないか!

続きを読む

かんすい不使用なのにつるつるもちもち食感のラーメン!?『きねうち麺 旨辛ラーメン』を食べてみた!

 

身体に害があるとかないとかで一時期騒がれたかんすい。現在は国によってきちんと管理されているが未だにその悪いイメージを持つ人は少なくない。それならばと、サンサス商事がうどんで培った独自技術をいかし、かんすいを使わない『きねうち麺 旨辛ラーメン』を発売。サンサス独自のきねうち製法でつくっためんは、つるつるもちもち食感が楽しめるとのことだが果たして?

続きを読む

【新発売】レンジでグツグツ、茹でたてツルツル生麺! 『レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油 / 濃厚豚骨味噌』がすごい

 

今まで生麺を再現するために、カップ麺シーンでは様々な試行錯誤が行われていた。しかしその大半は、すでに茹でられた麺をいかに復元するかにポイントが置かれていたのが実情だ。そこでチルド(冷蔵)で電子レンジ使用とちょっとルールが違う気もするが、抜群の本物感を持ったカップ麺製品が誕生した。『レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油 / 濃厚豚骨味噌』である。 続きを読む

成型ポテチ定番プリングルズが麺に!『スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば』の再現度の高さ

 

今年で発売30周年を迎えるエースコックの「スーパーカップ」と、同じく発売50周年を迎える人気成形ポテトチップスブランド・プリングルズがタイアップ商品を発売! 今回検証するのはその中の1つ『スーパーカップ大盛り プリングルズ サワークリーム&オニオン味焼そば』だ。その名の通りプリングルズのお馴染みの味を再現した商品だが、焼そばとの相性は問題ないのだろうか……? いざ検証!

続きを読む

激辛ブームの張本人ブランド発売10周年記念!限定『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨焼そば』を気合いで食べてみた!

 

近年の激辛ブームを支えたセブンプレミアムの「蒙古タンメン中本」が発売されて今年で10周年。これを記念しセブン&アイグループ日清食品株式会社はシリーズ初となる焼そばのカップ麵、『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨焼そば』を新発売した。「蒙古タンメン中本」のメニューにない完全オリジナル商品だが一体どれほどの辛旨さなのだろうか? 続きを読む

己れのところまでひっぱれ! 納豆とサバのハーモニーで食べる山形のパーティー郷土料理をアレンジした『JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん』!

 

日本屈指の食いしん坊県として名高い山形県。様々な郷土グルメが存在するが、河原で行う芋煮会に代表されるようにパーティー郷土料理を作り出す郷土パリピな特徴でも知られる。その中で、鍋に入れたうどんをみんなで己れのところまで引っ張って味わうことから”ひっぱり”も知る人ぞ知る名作。それを再現したのがこの『JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん』だ。 続きを読む

今度はだいだい色! えび入りふかふか大判たまごなのに黄色になれなかった『マルちゃん 橙のたまごうどん』、その理由!

 

このたび「赤いきつね」発売40周年を迎えた東洋水産から、『マルちゃん 橙(だいだい)のたまごうどん』が発売。パッケージにでかでかとプリントされていてインパクト大の海老入り大判たまごの食べごたえなど、実際に食べて確かめてみる。

続きを読む