カテゴリ「」の記事:476

あなたはどっち派?『CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン/まろやかクリーミーカレーラーメン』の刺激とまろやかさの正反対の味わいを確かめてみた

 

2011年より続くCoCo壱番屋エースコックの2種同時発売コラボが今年も登場! 今回新発売となるのは、刺激とまろやかさの正反対の味を楽しめる『CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン/まろやかクリーミーカレーラーメン』だ。

続きを読む

新時代のスタンダードはこれ!?『カップヌードル しお』がスモーキー&スパイシーにリニューアルして新発売

 

2003年に発売されて以降、長きにわたりレギュラーの座に居座り続けてきた『カップヌードル しお』が、過去最大の進化を遂げて新発売する。従来の“洋風しお味”はそのままに、スモークオイルとブラックペッパーによるスモーキー&スパイシーをプラス! ダブルパンチの味わいは、新時代を駆け抜ける切り札となるのだろうか。要検証!

続きを読む

これを早く体験したかった! おむすびに合うランキング第1位の『カップヌードル 味噌』がレギュラーサイズで新発売

 

昨年4月に発売され、“おむすびに合うランキング”第1位を獲得した「カップヌードル 味噌 ミニ」がレギュラーサイズになって新登場! 過去の味噌味とは違う和風味噌の味わいとなった『カップヌードル 味噌』は、一体どんな味わいを楽しませてくれるのだろうか。

続きを読む

生麺ゆでてうまいまま製法の湯切りタイプがついに登場!『マルちゃん正麺 カップ 汁なし坦々麺』による正麺新境地

 

「マルちゃん正麺」といえば、生麺のような食感と食べごたえが特長のカップ麵だ。これまで、汁ありタイプのカップ麵にしか採用されていなかったが、この度ついに『マルちゃん正麺 カップ 汁なし坦々麺』が登場。あの感動の味わいを汁なしでも楽しめる日が来るなんて……!

続きを読む

麺に花椒を練り込んでシビレ倍増!?『日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺』の旨恐ろしいリニューアル!

 

昨年3月に発売された『日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺』が、さらに辛さを増してリニューアル! 『日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺』は花椒(かしょう/ホアジャオ)を麺に練り込んだ新「花椒 練りこみ麺」となり、スープとともに2段攻撃を仕掛ける汁なし坦々麺に進化した。この辛さに人類は対抗することができるのだろうか。防衛戦の始まりだ!

続きを読む

ワンタンのマルちゃんならではの美味ワンタン麺『マルちゃん ワンタンラーメン しょうゆ味』は、後味酸味が個性的!

 

東洋水産はその名の通り、もともとは水産加工会社だったのだけれど、今では圧倒的に麺製品で知られる会社となっている。その中でさらに定番として君臨し続けているのが、「ワンタン」製品。お弁当のお供としても人気のミニタイプのものは不動の人気を誇る。そんなワンタン技術を駆使した『マルちゃん ワンタンラーメン しょうゆ味』だから、美味しくないはずがない。 続きを読む

舌一面に電流を走らせるビリビリ系激辛激シビレ味 『カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ』は美味しく辛いの限界地点か

 

最近の激辛ブームは、唐辛子でもコショーでもなく、主役は花椒(ホアジャオ)だ。ヒーヒーの辛さだけでは飽き足らず、花椒特有のビリビリと舌が痺れるタイプの辛さが追加された、いわゆる麻辣(マーラー)な辛さが人気である。そして登場した『カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ』。果たしてどの程度のものなのか。 続きを読む

北海道・札幌の名店の、濃厚味噌まみれ太麺による旨味の洪水に降参! 『けやき 札幌味噌』

 

1999年の開店以来、行列の絶えない名店として知られているのが、北海道・札幌に本店を置く人気店「けやき」。同店の監修のもと、生まれたのが『けやき 札幌味噌』。濃厚味噌スープと太麺が人気の味わいをどう再現しているのか、食べて検証してみたい。 続きを読む

麺は糖質ゼロ、タレは8.6gという糖質オフなタンタン味がうれしい『RIZAP 糖質0g麺汁なし担々麺風 』を食べてみたら…

 

糖質制限ダイエット/ロカボ食実践者の強い味方、ライザップによる麺シリーズ。今回はチルド製品となり、人気の汁なし担々麺にチャレンジしたのが『RIZAP 糖質0g麺汁なし担々麺風 』だ。これが美味しかったら、この先安心なのだけれど…。食べてみよう! 続きを読む

ひよこちゃんからの激辛挑戦状!史上最凶辛さ8倍『アクマのキムラーMADMAX』に思わず悲鳴を上げた

 

今年で発売60周年を迎えた「チキンラーメン」 ブランドに最凶の辛さに進化したアクマがやってきた。それが『アクマのキムラーMADMAX』だ。先代「アクマのキムラー」の8倍の辛さとなったらしいのだが、激辛ブームに耐え抜いた我々が8倍程度でノックアウトすると思っているのだろうか。さぁ、アクマとの直接対決だ!

続きを読む