美味しく食べて動画も作ろう!『カンデミーナグミ』の投稿キャンペーンが開催中

 

『カンロ飴』や『ピュレグミ』で有名なカンロより発売されている、ユニークなエンターテインメントグミ『カンデミーナグミ』シリーズ。噛み応えあるハードな食感がウリのシリーズにて、現在『カンデミーナで遊んでみーなグランプリ』というキャンペーンが開催中だ。人気動画クリエイターも巻き込んだ本キャンペーンの内容を紹介していこう。

 

『カンデミーナ』をテーマに動画を投稿しよう!

『カンデミーナで遊んでみーなグランプリ』は、『カンデミーナ』をテーマにした動画をYouTubeかTwitter上で投稿するというキャンペーンだ。昨今はスマホ1つでも動画制作が簡単にできるようになり、子どもたちの憧れの職業に「YouTuber」がランクインするなど、大動画時代となっている。

 

そんな現代に即して、ただ美味しく食べるだけでなく動画を制作する楽しさも味わえるキャンペーンだ。必ずしも商品を購入しなくても参加できるとのことで、アイデア勝負ができるのもポイント。ユニークな趣向のグミ商品だけに、どんな柔軟な発想で動画が作られるのかも楽しみだ。

 

応募締め切りは2019年5月31日(金)までとなっており、当選者5名には人気動画クリエイターの『ボンボンTV』と水木あおさんからの寸評コメントがもらえる。さらに最優秀作品に輝いた1名には、『カンデミーナグミ』1年分が贈られる。

「やってみた動画」を発信する人気動画クリエイター『ボンボンTV』では、本キャンペーンのお手本動画が公開中。100均にあるものを使っての動画制作を実践しており、身近にあるものでも面白い動画が作れることを示してくれている。

タレント兼動画クリエイターである水木あおさんの『水木あおのあおいろTV』では、『カンデミーナグミ』商品を紹介する動画が公開中。子どもたちも美味しそうに食べており、これを見れば本商品の特徴がわかるようになっている。

『カンデミーナで遊んでみーなグランプリ』と同時に、LINEカンロ公式アカウントと友だちになり、対象商品を購入したレシートを撮影して送ることで参加できるプレゼントキャンペーンも実施中。

 

抽選で100名にストレス発散グッズと『カンデミーナグミ』が入った『スカッとBOX』が贈られる。こちらは2019年7月5日(金)までの開催だ。

 

大人が食べてもクセになる!? 『カンデミーナグミ』を食べてみた

さて、改めて『カンデミーナグミ』シリーズの商品をご紹介しよう。『カンデミーナグミスーパーベスト』(内容量・72g オープン価格 発売中)は、コーラ・サイダー・グレープソーダの3つの味が入ったハード食感のグミ。

口に入れてみると、シュワシュワと酸っぱさが広がる刺激的な味わいが! そこからハードな弾力のあるグミを噛んでいくと、徐々に甘い味わいが広がっていく。大人になってから食べると、どこか懐かしく背徳感ある美味しさだ。

『組んでカンデミーナグミ』(内容量・60g オープン価格 発売中)も、弾力のある食感はそのままに組み上げる楽しさが追加。もちろん、食べ物で遊ぶだけというわけではなく、組み合わせ方次第で味わいが変わる探究心を刺激する趣向となっている。

いちご・メロン・レモン味のグミ単体で食べても、フルーティーで歯ごたえがある。そのまま食べても美味しいが、やはり組んでみなければ始まらない。

商品名のとおり、グミをつなげて丸い形にして食べてみる。どの味を組み合わせるかによって口に含んだ時の味わいも変わるので、子ども心にワクワクする商品だ。もちろん、同じ味をつなげてよりフルーティーに頂く贅沢もあり。

 

 

ただ食べるだけでも美味しいが、組んでみたり動画を撮ってみたりと、おやつの体験の幅は時代とともに広がっている。小さいお子さんがいる家庭では、子どもと一緒にキャンペーン用の動画を撮るコミュニケーションもありだろう。

 

『カンデミーナで遊んでみーなグランプリ』の応募方法などの詳細は、下記のキャンペーン特設サイトでチェックしてほしい。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック