『ハイサワーフリー』真夏の浜辺のレゲエパーティーでぐるぐる振り回せる美尻タオルとセットのノンアルビール!

わるなら、ハイサワー~ のテレビCMソングでおなじみ、アルコール割材・博水社の「ハイサワー」。そこからついに近年大ブームを巻き起こしているノンアルコール飲料(清涼飲料水)『ハイサワーフリー』(350ml・実勢価格 税抜約170円・発売中)が登場。でもちょっと待って、そもそもお酒を割るための割材である「ハイサワー」ってノンアルコールだよね!?

 

習慣でつい焼酎などで割りたくなってしまうかもしれないが、この『ハイサワーフリー』はそのまま飲む用の商品。ノンアルコールでレモン風味のビールテイストを味わうものなのだ。ちなみにお馴染みの「ハイサワー」のカタカナロゴが入っていないのは少々寂しい。ほとんど欧文表記で、写真の美尻横側にほんのり見えるだけ。

IMG_7446

ここでハッキリさせておかなくてはならないのは、なぜ美尻がフィーチャリングされているか。それは美尻といえば伝説の深夜番組「タモリ倶楽部」のオープニングということで、番組で博水社が取り上げられたから。そこで紹介したタモリの飲み方を美尻写真とともにポスターにして居酒屋に配布した所、次から次へと盗まれるくらいの大評判になったところから。

IMG_7457

今ではWebショップ「美尻ハイサワー商店」を展開するくらい、本気で美尻グッズ展開をしているのが博水社なのである。

さて今回紹介する『ハイサワーフリー』もまた、正確には『美尻タオル(ビキニB)&ノンアルコールハイサワーフリー』というセット商品。付属のタオル、表面は美尻をダイナミックにプリント、裏面にはお馴染みの「ハイサワー」ロゴがプリントされているという代物だ。

IMG_7452

とりあえず味わいから試してみよう。見た目はそのまま飲むとわからないが、グラスに注ぐと見た目はビールそのもの。フレイバーはビールよりも皮ごとレモンの爽やかさを強く感じる。飲んでみると実にすっきりとしたタイプ。大方のノンアル飲料だと、ビールテイストと言いながら甘みが強かったりもするのだが、これは非常に甘みが少ない。

IMG_7489

ドライなビールにレモン果汁を絞ったようなシンプルな飲み口は強めの炭酸と相まって大人の美味しさ。切れが良く、後味にはレモンの酸味とビール的な苦味が心地よく残る。人工甘味料独特の変な味もしない。

IMG_7495

これは食中酒リプレイスのノンアル飲料としてはかなりポイントが高い。揚げ物などの脂っこいツマミとの相性にも最高だ。甘くないからグイグイいけるし、運転者だったとしてももちろん酔うことがないので何の心配もない。

IMG_7496

考えてみたら博水社、割材メーカーとしてノンアルに関してはそれなりのノウハウがあったわけだ。クセがなくて飲みやすいこの味わいは素晴らしい。

そしてオマケの美尻タオルもまた夏にピッタリ。エロティックというよりも健康的な美尻なので、いかがわしい雰囲気もそんなにない。そもそも「ハイサワー」はやんちゃな庶民のための飲み物としての存在感が大きい。特に若い庶民にとって夏といえば、浜辺で行われるレゲエ・ライブなのではないだろうか。ちなみにそこで大音量を叩きだしているPAはレゲエシーンではサウンドシステムと呼ばれる。

IMG_7469

というのもレゲエのライブにつきものなのが、タオル。これはもう必需品と言っていい。汗を拭うというよりも、激しく盛り上がるタイミングで観客全員でタオルをぐるぐる回転させるというのがお約束だからだ。最近ではレゲエ・アーティスト以外にも取り入れられているくらいポピュラーな客席の光景になっている。

IMG_7476

IMG_7484

面白いのは表面が美尻、裏がハイサワーロゴというデザインだろう。くるくる回せば美尻とロゴが交互に現れる。これは楽しい。会場には車で乗り付ける人が大半だろう。そんな時にドライバー役でもビアテイストを楽しめるのは非常にうれしいのではないだろうか。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイト:ハイサワーフリー

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック