忙しい時でも使いやすい顆粒だし! 厳選素材の旨味が凝縮された『金色(こんじき)の鰹だし』をおためししていこう

 

忙しいと、食事が疎かになりがちではないだろうか? ホカホカのご飯と、何と言ってもだしの効いた温かいお味噌汁が飲みたい。自炊の時間がなかなか取れない方に、おすすめしたいのがにんべんの『金色の鰹だし』だ。こちらの商品は本枯鰹節を使用した顆粒タイプで、すぐに溶ける便利な商品。今回は簡単な「豆腐のすまし汁」を作り、使用感や味をレビューしていきたいと思う!

 

厳選した鰹節を届け続けて三百余年

日本の食文化に欠かせない「だし」を、厳選した鰹節から作り上げてきたにんべん(東京都)。その歴史は古く、商業の中心である日本橋で商いを創めてから三百余年にもなるという。本物の味を正しい価格で提供することを信条に、これまでに培った知識と技術で本枯鰹節を使用した多くの商品を日本をはじめ世界に届けている。

 

本枯鰹節の旨味が詰まった顆粒だし

こちらが『金色の鰹だし』(内容量 55g・希望小売価格 税込615円・発売中)で、使用しやすい顆粒タイプ。にんべんは厳選した本枯鰹節としいたけや昆布を使用し、素材の旨味が凝縮された本品を発売した。本格的なだし素材を使いながらも溶けやすい顆粒だしは、時間がない時や毎日の料理に取り入れやすいのが魅力と言えるだろう。

 

『金色の鰹だし』を使用してみた!

早速、簡単に作れる「豆腐のすまし汁」でおためししてみた! 注ぎ口は、顆粒だしが出やすいように幅広い設計になっている。開けた瞬間に、だしの良い香りがほんのりと広がってきた。

今回作るすまし汁の材料は具材の豆腐・ねぎで、味付は醤油と『金色の鰹だし』のシンプルな内容。

鍋に水を入れて軽く沸騰したら、豆腐を加えて中火で温めていく。

煮立ってきたら『金色の鰹だし』の登場だ。顆粒タイプなので、すぐに溶けて本格的なだしがすぐに作れるのがうれしい! 時短にもなるし、料理にも取り入れやすいと言えるだろう。

薄口しょうゆを入れて、味が馴染んできたら完成! だしを取る時間が短縮されて、こんなにも早い時間でだしの効いたすまし汁が作れることに感激してしまった。さて、気になるお味は…?

器に盛りねぎを散らして、早速いただいてみる。本枯鰹節の濃厚な旨味が口に広がり、鼻を通って香りが突き抜けていく。使用した顆粒だしは小さじ1/2という少量にも関わらず、ここまでだしを感じることができるのが驚きだ。

こだわりの製法で作られた『金色の鰹だし』なので、忙しい時でも美味しい料理が堪能できるのが決め手の商品と言えるだろう。

 

本物の「だし」を手軽に取り入れよう

にんべんの『金色の鰹だし』は、厳選した本枯鰹節・しいたけ・昆布を使用しためずらしい顆粒だし。すぐに溶けて料理に馴染むので、いつでも手軽に本格的なだしを味わえるのが魅力だ。忙しい時や時間がない時でも「美味しい」を実現させてくれる、縁の下から「食」を支えてくれる頼もしい商品。毎日の料理に、取り入れてみてはいかがだろうか。

 

購入は、にんべんの直営店かオンラインショップで可能。

 

公式ホームページはこちら

 

 

記者

Chie

長年の接客業からライターへ転身。正確・丁寧をモットーに執筆に取り組む。神社仏閣・天然石・スピリチュアルが大好きで、関連記事の執筆経験もあり。千葉県在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック