とにかく忙しい年末年始。『フォルテ』シリーズで、ゆっくり時間を気にせずTPOに合わせて選べるタバコでリラックス!

 

年末年始は、とにかく忙しいという人は多い。リラックスできる時間も限られている。そんなとき、喫煙者におすすめしたいのがワンコインで楽しめるタバコ『フォルテ』シリーズだ。ゆっくり時間を気にせず、TPOに合わせて選べるラインナップが魅力。それでは、実際に吸ってみて、そのリラックス効果を体感してみる。

 

忙しいときこそ効率的に一服してリラックスすべき

忙しい年末年始。得意先まわりや年内に片付けておかなければならない業務に追われている人も多いだろう。ただ、「忙中閑あり」という言葉もある。忙しいときこそ、ゆっくりとした時間を楽しむべきなのだ。

『フォルテ』『フォルテ16』は全10ラインナップ。TPOに合わせて、お気に入りの1箱を楽しめる

そんな、つかの間のリラックスタイムを彩ってくれるのが、外国たばこの輸入・販売などを手がけるインターコンチネンタル商事(東京都)が、インドネシアのPT I.U.I社から輸入販売を行っているリトルシガー『フォルテ』(20本入り全5種・小売価格 税込460円・発売中)シリーズ、『フォルテ16』(16本入り全5種・小売価格 税込390円・発売中)シリーズの全10ラインナップだ。

『フォルテ』シリーズは20本入り

『フォルテ』シリーズは、長さ70ミリと一般的な紙巻きタバコよりミニサイズながら、短時間でサクッと楽しめて吸いごたえバツグンの20本入りタバコ。「オリジナル」「ライト」「メンソール」「エクストラライト」「エクストラライトメンソール」の5種類がラインナップされている。

ゆっくりと長く楽しみたいなら『フォルテ16』シリーズ

一方、『フォルテ16』シリーズは長さ85ミリの標準サイズで喫煙回数はおよそ13服。16本入りながら、しっかりと長く楽しむことができるのが魅力のタバコだ。なお、価格は両シリーズともワンコイン(500円)でお釣りが来る高コスパなのもおすすめする理由のひとつだ。

喫煙は本当に体に悪いだけなのだろうか?

近年、喫煙は体に害があるとやり玉に挙げられるケースが少なくない。しかし、本当に喫煙には害しかないのだろうか。タバコによるリラックス効果は、喫煙者の多くが経験するもの。しかも、タバコに含まれるニコチンが脳内のドーパミン放出を増加させ、気分を高揚させたり、ストレスを和らげるらしい

 

それでは、実際に『フォルテ16』シリーズを吸ってみて、そのリラックス効果を体感してみたいと思う。

 

吸いごたえバツグンで高コスパの『フォルテ16』シリーズを試

ガツンと強めの『フォルテ16』オリジナル

まずは『フォルテ16』オリジナルから。いわゆる『フォルテ』シリーズの“顔”ともいうべき定番商品だ。タバコの強さを表すタールの数値は、約14mg。ガツンと味わい深いタバコだ。

1本での満足感は非常に高い。ヘビースモーカーでも満足できる味わいに仕上がっている印象だ。なお、かなり強めのタバコだが、驚くほど味に違和感がない。それもそのはず。今回お試しした「オリジナル」「ライト」「エクストラライト」は、一般的な日本の紙巻きタバコと同じチャコールフィルターが採用されているからだ。

名前こそ軽そうだが、しっかりと吸いごたえが楽しめる『フォルテ16』ライト

続いて『フォルテ16』ライト。パッケージのカラーや「ライト」というネーミングから軽いタバコをイメージするが、実際に吸ってみると、しっかりと吸いごたえがあって満足感がある。タール約10mgと、そこそこに強めということなのだろう。

『フォルテ16』エクストラライトは軽めのタバコを求める女性などにおすすめ

最後に『フォルテ16』エクストラライト。これはタール約8mgと、数値的にはけっこう軽めのタバコ。実際吸ってみたところ、やはり軽い吸いごたえといった印象。軽い吸いごたえを楽しみたい女性などにおすすめ。紙臭さも少なく、コスパも高いおしゃれなタバコだ。

 

デキるビジネスパーソンは『フォルテ』でサクッとリラックス!

ビジネスシーンでは、単位でのスケジューリングが求められる。仕事のできるビジネスパーソンは、サクッと喫煙タイムもスマートにリラックス効果を得ている。ランチの後やオフィスに戻る前にちょっと一服。さらに出張など新幹線や飛行機に乗る前に、素早く一服。もちろん、クライアントとのゴルフ中にも、ティーショットの前にスマートに一服すれば、チップインイーグル間違いなしかも?

 

なお、『フォルテ』『フォルテ16』シリーズの購入は全国のたばこ販売店や一部のコンビニエンスストアで。

※たばこは20歳になってから。
※リトルシガーのタール及びニコチン値は測定方法が確立されていないため、パッケージには記載されておりません。

 

公式サイトはこちら

記者

タック二階堂

40代男性。東京都出身。本業である取材ライターの傍ら“ボカロP”としても活動。著書に『「ボカロP」になる本』(工学社)がある。

この記者の記事一覧

photo by 竹林省吾,尹 哲朗

トラックバック