ご飯やお酒に合う新感覚の創作漬物がお得なセットに! 『【送料無料】メディアで話題の創作漬物食べ比べセット』を実際に味わってみた

 

株式会社丸越が提供する漬物は定番ではなく、独自の創作漬物が人気でメディアに取り上げられている。創作漬物は店舗で購入可能だが、今回ご紹介する商品はネットショップでしか手に入らないお得な食べ比べセットだ。『【送料無料】メディアで話題の創作漬物食べ比べセット』に入っている4種を、実際に味わってみた感想と魅力をお届けしようと思う!

 

「御漬物を未来へ届ける」がモットー

創業から100年以上経過した現在も、徹底した管理のもと独自の創作漬物を提供する丸越(愛知県)。先人の知恵と工夫に満ちた「御漬物」という文化を敬い、日本の伝統を守りながら時代に応じた新しい商品を開発している会社だ。

 

丸越独自の創作漬物で食卓を豊かに

漬物と言えば沢庵やぬか漬けなど、旬の野菜を漬けた商品が定番と言えるだろう。同社は、チーズやこんにゃくなどを使用した創作漬物が人気だ。『【送料無料】メディアで話題の創作漬物食べ比べセット』(創作漬物全4種類・希望小売価格 3,200円・発売中)は、メディアで紹介された人気の創作漬物の食べ比べができるお得なセットである。

 

セットの4種類を食べ比べしてみた!

こちらは「ごぼうとナッツの胡麻味噌漬」で、メディアで紹介された商品の1つだ。胡麻の香ばしさと味噌の甘みがごぼうによく絡み、シャキシャキと歯応えの良い逸品。

ごぼうの1つひとつに味がしっかりと染み込んでいるので、お酒にもご飯にも合う漬物に仕上がっている。

次は美味しさにビックリした「こんにゃくぬか漬け」をご紹介しよう! こんにゃくをぬかに漬けることを想像もしていなかったので、どのような味なのか興味津々。

ぬかを少し落としたこんにゃくをお好みの厚さにスライスして、味わってみた。こんにゃくはぷるぷる&もっちりとした食感で、ぬかの酸味のある味が口に広がった。お好みで塩・胡麻・七味唐辛子などを付けて頂くのもおすすめだ。

次に白米がどんどん進む「ピリ辛大豆ミンチ」をご紹介しよう! 名古屋名物「台湾混ぜそば」の「台湾ミンチ」を再現した逸品だ。

パッと見たら挽肉がふんだんに使用されている印象だが、じつは“大豆ミート”が使用されている。

ほかほかの白米の上にたっぷりとかけたら、卵の黄身をトロリとトッピング。頂いた感想は、ピリ辛が黄味でマイルドになっている。黄味なしだとしっかりと辛さが味わえるので、辛い物が好きな方はそのまま頂くのがおすすめ。味や食感などが、メディアに「ご飯のお供に最高!」と絶賛されていることに納得する旨さだ。

最後は創作漬物ならぬ、“創作スイーツ”と言っても過言ではない「京都産西京白みそ漬けくりいむちーず/舞妓」をご紹介しよう! デンマーク産のクリームチーズを、西京味噌に漬け込んだ逸品だ。

まさかクリームチーズを漬けるとは思っていなかったので、味の想像ができないまま実食! 口に入れた瞬間「あ、甘くて美味しい!」と、思わず唸ってしまった。西京味噌とクリームチーズの相性が抜群で、ドライフルーツと合わせても良さそうだ。

『【送料無料】メディアで話題の創作漬物食べ比べセット』の4種を頂いてみたが、おつまみ・副菜・ご飯のお供など食卓にプラスワンを叶えてくれる便利なセットだ。定番の漬物のイメージを覆す、新感覚の漬物は丸越ならではと言えるだろう。今まで味わったことがない創作漬物をお求めの方は、ぜひおためししてほしい!

 

丸越オンラインショップで購入可能。

(製造の都合上、配達希望日は指定できません)

 

公式サイトはこちら

 

記者

Chie

長年の接客業からライターへ転身。正確・丁寧をモットーに執筆に取り組む。神社仏閣・天然石・スピリチュアルが大好きで、関連記事の執筆経験もあり。千葉県在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック