【新登場】学習シーンに活躍! 片手サイズの『ルーズリーフミニ』シリーズが日々の勉強をサポート

 

豊富なラインアップとカスタマイズのしやすさが人気の『ルーズリーフミニ』に、勉強用途で使えるアイテムが仲間入り。スキマ時間にサッと取り出して復習したり、必要な箇所だけを持ち歩いたり。コンパクトでスマート、そして効率よく勉強をサポートしてくれるアイテムは要チェック!

 

時間も、スペースも、有効活用するために

文具メーカーのマルマン(東京都)が手がける『ルーズリーフミニ』シリーズより、勉強のシーンで活躍するルーズリーフミニ、アクセサリー、バインダーが登場。スキマ時間や試験の見直しなどに役立つフォーマットが揃っている。

まずは、テスト対策や要点の反復学習に活躍したいマルマンオリジナルの勉強向きフォーマット『書きやすいルーズリーフミニ スマートレビュー』を見てみよう。

12行×2列・9穴・86×128㎜

『書きやすいルーズリーフミニ スマートレビュー 単語罫』 (50枚入り・希望小売価格 税込220円・2022年12月23日発売)

 

単語の暗記におすすめのフォーマット。要点だけを絞って書くシンプルなデザインになっているので、単語以外にも勉強方法によってアレンジしやすい。タイトル欄やチェックボックスもあり、薄いグレーの罫線だから書いた文字が見やすい。

 

1枚で最大48単語を記入できるので、単語カードよりもかさばらないのもポイント。通学中などのちょっとしたすきま時間に反復練習をして苦手な部分を克服しよう。

6mm×12行・9穴・86×128㎜

『書きやすいルーズリーフミニ スマートレビュー 要点チェック罫』(50枚入り・希望小売価格 税込220円・2022年12月23日発売)

 

ルーズリーフの外枠にライトブルーの色が付いているから、バインダーに挟んだときにパッと目が留まる。見返しやすいこのデザインがポイント。書き込み部分は白だから、普段のノートと同じようにシャーペンやカラーペンでも書き込みしやすい。大事なポイントだけをコンパクトにまとめて繰り返し復習に使ったり、ニガテ度の把握ができるチェック蘭もついているので、効率よく学習ができそうだ!

内容:暗記シート 1 枚、要点チェック罫 10 枚、単語罫 10 枚

『書きやすいルーズリーフミニ スマートレビュー 暗記シート』(希望小売価格 税込275円・2022年12月23日発売)

 

A4、B5、A5、ミニサイズ、どのバインダーにも挟める暗記シート。いつでも携帯しやすく、バインダーにきちんと挟むことで落下する心配がないので紛失しにくい。

 

ミニサイズだからこその使いやすさ

カラー:ライトパープル・ミントグリーン・グラデーション・クリア

『セッション ミニバインダー』(全4種・希望小売価格 税込770円・2022年12月23日発売)

 

勉強用バインダーブランド「セッション」より、電車などの通学時間帯でも見返しやすいミニサイズも登場。

インデックスが4山ついており、科目ごとに整理整頓もしやすい。

通常のセッションバインダーB5サイズと比べると、とてもコンパクトなのでカバンの中にも入れておきやすい。スケルトンカラーの柔らかい色合い。文具のカラーコーディネートも楽しめそう。

広げてもスペースを取らないので、パソコンやタブレットと併用して限られたスペースでの活用方法もおすすめ。

 

効率のいい学習を目指して

単語罫に、よく間違える単語を書き出してみよう。暗記したいところを赤orオレンジなど隠れやすい色ペンで書いておくと暗記シートが役に立つ。

暗記シートを重ねれば、覚えたい部分が隠れるので反復練習に役立ててみよう。

コンパクトなサイズだから、移動中やカフェなどでも場所を取らずに見返しやすい。

特に覚えておきたい部分だけを書き出したり、覚えた部分は他のバインダーに移動させたり。自分の苦手な部分を客観的に把握しやすくなるはず。ルーズリーフだからこそ、必要なページだけを取り出せて持ち歩けるのも魅力。

学校のテストや資格試験など、勉強の効率化に役立つシリーズ。自分の手で書いて、頭の中をすっきりとクリアにまとめていこう。今回ご紹介した『ルーズリーフミニ』シリーズは、全国の文具店で数量限定で発売される。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック