果汁量2.5倍! 『果汁味わうカスタードケーキ<とちおとめ苺>』でストロベリーな幸せ

いちごが好きでケーキが好きな人に

 

11月15日の「いい・苺の日」にちなみ、ロッテのお菓子ブランド「カスタードケーキ」から『果汁味わうカスタードケーキ<とちおとめ苺>』が新登場! ブランド初となるいちご果汁をケーキ生地に配合したふわふわいちごケーキだ。果汁量2.5倍となったいちご好き要チェックの味をたしかめてみよう。

 

どこを食べてもいちごな味わいでいちごファン歓喜!

いい・苺の日(11月15日)に合わせて開催されたロッテ(東京都)の「苺祭り」では、同社の人気ブランド「カスタードケーキ」と「ガーナ」から、3つのいちごフレーバー商品が発売。

今回はその中から、「カスタードケーキ」ブランドの『果汁味わうカスタードケーキ<とちおとめ苺>』(6個入・想定小売価格 税込356円前後・2022年11月15日発売)をピックアップ。(「ガーナ」からは「ガーナピンクチョコレート」「プレミアムガーナ フルーツセレクション」が発売)

 

ふわふわ食感のケーキ生地の中に、とちおとめ苺クリームととちおとめ苺ソースが入ったいちご好きのためのケーキだ。

製品全体で果汁量2.5倍

実は、昨年も同様のいちごフレーバー「いちご好きのためのカスタードケーキ」を発売をしているのだが、今年は気合の入り方が違う。なんと、ブランド初のいちご果汁をブレンドしたケーキ生地を採用し、中のソースと合わせて製品全体のいちご果汁量は昨年の約2.5倍にもなったのだ(いちご果汁生換算5.4%)。

 

生地だけ食べてもいちごの果汁感が楽しめるというその味わい、これはいちご好きとして食べずにはいられない。パッケージはいちごがたくさん映ったかわいいデザイン。食べ終わったらしばらく飾っておくのもいいかも。

6個入り

 

ふた裏には開発担当者のほっと温まるメッセージ。

個包装を開けて鼻を近づけると、甘酸っぱいいちごの香り。生地にいちご果汁を使ったおかげか、香りのクオリティがとにかく高い。

ケーキをつぶさないようにまずは生地だけひと口。果汁入りとはいえ、ほのかに風味があるだけだろうと思っていたのだが、記者の予想をはるかに超えるいちごフレーバーが口中に広がる。ふわふわの生地を噛むほどに、甘いいちごの味わいが広がっていくのだ。

 

酸味もほんのりとあり、甘酸っぱいいちご好きにはクリティカルなおいしさ。生地だけ食べてもおいしいという言葉に嘘はなかった。

ソース&クリームと一緒に食べると、甘みと酸味がぐっと増してより濃密な味わいに。がっつりといちご味が主張していて食べ応えがある。風味もよりはっきりと感じられるようになり、あま~いいちごフレーバーが楽しめた。

後味には甘さが残るので、甘さ控えめの紅茶と一緒に優雅な時間を楽しんでみてほしい。

箱の底にもメッセージを発見

全国のスーパー、コンビニで発売中。

 

あわせて読みたい:今年は18種類のイチゴ狩り!『ファミマのいちご収穫祭』の気になる商品を食べてみた!

 

公式サイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック