あの本格キムチが今だけ30g増量中! 『オモニの極旨キムチ 30g増量』でアレンジレシピを楽しもう!

 

キムチは韓国を代表する料理のひとつ。日本でも根強い人気を誇る“漬物”だが、辛さが老若男女に安心して食べられる料理とまでは言い難い。秋本食品の『オモニの極旨キムチ』は、魚介由来の旨味とコクが味わい深く、甘すぎず辛すぎない味付けで家族そろって食べられるキムチ。しかも、今なら期間限定で30g増量されているのだ!

 

日本人好みの味付けで甘すぎず辛すぎないキムチが増量中!

白菜を中心とした野菜に塩や唐辛子、にんにくなどを合わせて作る漬物が「キムチ」。今さら説明するまでもないほど、日本でも食卓になじみ深い韓国を代表する料理だが、キムチはもともと韓国の冬に備え、野菜を塩漬けにした「保存食」が起源。つまり、これからの冬の寒い時期こそ、キムチの旬ということになる。

期間限定で30g増量して発売中!

浅漬やキムチなどを製造・販売する秋本食品(神奈川県)『オモニの極旨キムチ 30g増量』(380g・希望小売価格 税込354円・2022年11月1日~12月31日※期間限定発売中)は、オキアミの塩辛とホタテエキスによる旨味とコクが人気の本格キムチ。

3種類の魚介エキスで日本人好みの味付け

この『オモニの極旨キムチ』は、日本人好みの味付けが特徴となっており、かつお節や昆布、ホタテといった3種類の魚介エキスを使用。複雑かつ奥深い風味と旨味、さらにコクのある味付けで人気となっている。もちろん、使用されている白菜は国産だ。

甘すぎず辛すぎないから家族みんなで美味しく食べられる

キムチ=辛いという認識の人がほとんどだろう。本場・韓国のキムチは辛すぎて食べられないという人にも、この『オモニの極旨キムチ』はおすすめ。味付けを甘すぎず辛すぎない程よさに抑えているため、子どもから高齢者まで安心して美味しく食べることができる。

アレンジの幅広さもキムチの魅力

そしてキムチの魅力のひとつに、そのアレンジの幅広さが挙げられる。そのまま食べるだけでなく、鍋に入れて「チゲ」にするもよし。パスタの味付けに使うもよし。定番の「豚キムチ」はおかずとして非常に人気が高い。

 

そこで今回は、もやしを使って『オモニの極旨キムチ』をアレンジしたメニューをためしてみよう。

 

アレンジの幅広さが魅力!もやしと和えて食べてみた!

アレンジの前に、『オモニの極旨キムチ』をそのまま食べてみる。赤い漬け液に染まった白菜やニラが食欲をそそると同時に、辛さを連想させる。

辛すぎず、旨味を感じる味付けは万人受けすること間違いなし

ひと口食べてみると、魚介の風味が口に広がり、非常に美味。市販されているキムチ商品は味付けの幅が広く、なかなか自分好みの味付けに巡り合わないことが多い。特に男性である記者は、酸味の強いキムチは苦手。しかし、この『オモニの極旨キムチ』は酸味が抑えられて、旨味のほうが強く感じる。さらに、確かに辛すぎない点も嬉しいポイントだった。

もやしを使ったアレンジレシピに挑戦

次に、もやしを使った「もやしのキムチ和え」に挑戦してみる。といっても、もやしに『オモニの極旨キムチ』と焼きのりを加え、ごま油と醤油などで味を整えるといったシンプルなもの。

もやしは和えやすいよう電子レンジで2分ほど加熱し、しんなりとさせる。

ボウルにごま油、醤油を加え、もやしと『オモニの極旨キムチ 』を和える。

最後に海苔をかけて完成!

実際に食べてみると、魚介の風味が強い『オモニの極旨キムチ 』に焼き海苔の香ばしさがベストマッチ。もやしとごま油のおかげで、同じ韓国料理の「ナムル」っぽさも感じ、味変を楽しむことができた。

 

なお、『オモニの極旨キムチ』のアレンジレシピは、秋本食品の公式インスタグラムでもたくさん紹介されているので、いろいろ作って楽しんでみてほしい。

 

誰でも安心して食べられるキムチでアレンジレシピにチャレンジしよう!

食卓の定番として根強い人気を誇るキムチ。幅広い年代、嗜好の人に好まれる味付けで、しかもアレンジの幅も広い便利な食材としても魅力が多い。

 

この冬は、ぜひ期間限定増量中の『オモニの極旨キムチ』で、いろいろな料理にチャレンジして楽しんでみてはいかがだろうか。

 

なお、『オモニの極旨キムチ 』の購入は首都圏のスーパーマーケットなどで。

公式サイトはこちら

記者

タック二階堂

40代男性。東京都出身。本業である取材ライターの傍ら“ボカロP”としても活動。著書に『「ボカロP」になる本』(工学社)がある。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック