まさに後を引く美味しさ! 期間限定で増量の『あとひきだいこん 30g増量』をアレンジレシピで味わってみた!

 

美味しくて後を引くから『あとひきだいこん』秋本食品から30年以上もリニューアルを繰り返しつつ販売され続けているロングセラー商品だ。そこで同社では2022年12月1日より、期間限定で30g増量して販売する。今回は、そんな定番の漬物をアレンジレシピで試してみた。

 

程よい甘さ、かつお節エキスの旨味が後を引く!

期間限定で30g増量して発売する秋本食品『あとひきだいこん』

浅漬やキムチなどを製造・販売する秋本食品(神奈川県)では、大根の浅漬け『あとひきだいこん 30g増量』(180g+30g・希望小売価格 税込268円・2022年12月1日~12月31日※期間限定発売中)を販売している。発売から30年以上で、リニューアルを繰り返しつつロングセラーとして大根の浅漬市場売上No,1(※)という定番の人気商品だ。

(※)同社調べ

程よい甘みと、かつお節の旨味が後を引く

『あとひきだいこん』の特徴は、大根をはじめ、含まれる野菜はすべて国産のものを使用している点。「糖しぼり製法」により、パリポリと食感が良く、味付けには焼津産かつお節エキスによる旨味と、リンゴ酢の程よい酸味が効いている。これが、後を引く美味しさにつながっているという。

日頃のご愛顧に感謝して30g増量する

なお、同社ではユーザーの日頃のご愛顧に感謝し、2022年12月1日から30g増量して発売するそう。パッケージに大きく「増量」と書かれている商品が目印だ。

 

そんな『あとひきだいこん』は、お茶請けとしてそのまま食べてももちろん後を引くぐらい美味しいが、ごはんのお供やお酒のおつまみとしても優秀。というわけで、今回はアレンジレシピを使って、『あとひきだいこん』の可能性を探ってみたいと思う。

 

納豆と混ぜて海苔で巻いて「海鮮ばくだん」風に!

そのまま食べてももちろん美味しい!

まずは、そのままで食べてみた。ほどよい酸味にポリポリした食感がたまらなく、クセになる。急な来客にお茶請けとして、お酒のつまみとしてなど様々な場面に合う商品だ。

刻んだ『あとひきだいこん』と納豆を準備

次に、「海鮮ばくだん」風で食べてみよう! 用意したのは納豆と海苔。『あとひきだいこん』を刻み、納豆と混ぜて海苔で巻いた“海鮮ばくだん”風のアレンジレシピだ。

よく納豆と『あとひきだいこん』を混ぜ合わせる。

混ぜたら完成! 5分くらいでできてしまう簡単レシピだ。

海苔の上に混ぜ合わせたものを乗せて…

手で巻いて食べる

いざ実食。海苔の風味が、納豆と刻んだ『あとひきだいこん』の旨味と合わさって、実に美味しい。ごはんのお供としてもいいが、納豆に少し味付けをして、ビールと一緒に食べると最高のおつまみとして機能する。海苔は食べる直前に巻くと、パリッとした食感も楽しめるので、そのような食べ方がおすすめだ。

老若男女、誰からも好まれる甘さと旨味のバランスが見事な『あとひきだいこん』。12月の1ヶ月間という期間限定で30g増量なので、店頭で見かけたら即購入をおすすめする。

 

なお、『あとひきだいこん』は首都圏のスーパーなど量販店で購入できる。

公式サイトはこちら

記者

タック二階堂

40代男性。東京都出身。本業である取材ライターの傍ら“ボカロP”としても活動。著書に『「ボカロP」になる本』(工学社)がある。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック