ふわっと軽く、ピタッとフィット! メガネ3大あるあるを軽減するおしゃれな『超軽メガネ POCOP AIR』が新登場

 

大事な場面でズレる、長時間着けていると耳が痛くなる、外すと鼻にくっきり跡が…。メガネユーザーなら誰しも感じたことのあるお悩みだろう。メガネの愛眼から新登場の『超軽メガネ POCOP AIR』なら、それらをまるっと軽減! 素材はもちろん、テンプルやシリコンパッドの角度にまでこだわった、クセになる着け心地らしい。さっそくおためししてみよう。

 

POCOPシリーズに超軽モデルが登場

寝落ち安心メガネ「ねころりん」、お風呂・サウナ専用メガネ「AIGAN FORゆⅡ」などの個性的なアイテムを生み出す愛眼株式会社(大阪府)。今度はかけ心地をとことん追求したメガネが登場だ。

『超軽メガネ POCOP AIR』(全5種/各3色・価格 税込17,600円・発売中)。「メガネのズレ、耳やこめかみの痛さ、鼻に残る跡」を軽減するメガネ。「POCOP(ポコプ)」シリーズ最大の特徴である素材(スーパーエンジニアリングプラスチック)はそのままに、さらに改良を加えた。

フロントフレームに直付けされたテンプルが、食い込むことなく頭を優しくホールド。高い弾力性と復元性でフィットし、メガネのズレを軽減。

さらに、鼻幅の調整が可能なシリコンパッドで跡の付きやすさも軽減。元々「軽さ」と「しなやかさ」に定評のあるPOCOPシリーズのメガネがさらに進化したとなれば、かけ心地が気になるところ…!

 

笑っちゃうほど軽くて、かけていることを忘れるほど快適

メガネは一日に数時間だけ、というライトユーザーな記者。その理由は紛れもなく「ズレる・耳が痛い・鼻に跡が付く」が耐えられないからだ。

今回は、女性に人気のモデル「P-0001A」のピンクカラーをピックアップしておためししてみよう。

細めのフレームが繊細な目元を優しく彩ってくれそう。

まずはテンプルの “びよんっびよんっ” に驚いた。このまま広げると180℃回り切ってしまいそうなほど、そのしなやかさにはゴールがない。

さっそく装着!

え…これ、かけてる?(笑)

笑っちゃうほどの軽さ。なんだこれ。軽すぎるどころか、かけていることを忘れるほど! こめかみも鼻も耳裏も、触れているところに痛みを感じない。早くもスーパーエンジニアリングプラスチックの “やわらかるさ” を実感!

シリコンパッドは鼻幅に合わせて調整も可能。ズレにくさも検証! 頭を横にぶんぶん振ったり、キーボードとディスプレイを上下に往復したりしてみる。いくら動いても、鼻筋をすべり落ちてくる気配はなし。テンプルの先(耳の後ろにくるところ)がやや大きいことで、重量バランスがうまく分散されているようだ。

天地幅の広いクラシカルな「P002A」のブラウンもおためし!

レンズがしっかり大きいのに、フィット感は同じくバツグン。このしなやかなテンプル、どんな顔幅も攻略できちゃう。

一日中着けて過ごしてみたが、ズレ落ちるのをくいっと持ち上げた記憶はない。そのうえ、締め付けからくる頭や耳の痛さも感じなかった。

外した際のメガネ跡はいかに…!?

鼻筋の赤み、凹みはほとんど見当たらず。これならメガネ後にファンデーションで部分補正する頻度も減らせるかも!

 

メガネも気分も軽くいこう

『超軽メガネ POCOP AIR』には、今回おためしした2つのモデル以外にも、小顔効果が期待できるボストンモデルや、ビジネス/カジュアルそれぞれに映えるメンズモデルもある。

 

「ズレる・耳が痛い・鼻に跡が付く」のどれかでお悩みの方も、すべてにお悩みの方も、ぜひおためしを!

 

商品は全国の「メガネの愛眼」店頭や公式オンラインショップにて発売中だ。

 

公式サイトはこちら

記者

Mugi

ライフスタイル・食・美容・子育てなど、あらゆるジャンルで年間300本以上のレビュー記事やコラムを執筆するフリーライター。薬事法管理者。プライベートでは3人の子育てに奮闘中。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック