【機能性ココア】ワンスティックで血流改善と腸活! 『カカオの力<CACAO70>スティック』を飲んでみた

これぞ本当の飲むチョコレート

 

「冷えにより低下した末梢血流を改善し、手先の表面温度を温かく保つ」「おなかの調子を整える」というWの機能を備えた、手軽なワンスティック調整ココア『カカオの力<CACAO70>スティック』(機能性表示食品)。気軽におためししてみたい。

 

冷えが気になる季節のワンスティック習慣。濃厚で甘さ控えめ大人向けハイビターココア『カカオの力<CACAO70>』

あったかココアで身も心も温まる。そうした秋冬にぴったりなシチュエーションを、手軽なワンスティックでバックアップするのが、森永製菓(東京都)『カカオの力<CACAO70>スティック』(14g×4本・実勢価格 税込253円・2022年8月23日発売/消費者庁届出番号G1260)だ。

 

一日摂取目安量は1日1本

ワンスティック14gの7割がカカオパウダー。機能性関与成分は、”冷えにより低下した末梢血流を改善し、手先の表面温度を温かく保つ”カカオポリフェノールが30mg、”便通が気になる方のおなかの調子を整える”カカオリグニン(不溶性食物繊維の一種)が1.5g含まれている。

 

ドバッ!

まさに大人世代のための、ヘルシーなココア製品である。

 

 

飲むカカオ『カカオの力<CACAO70>スティック』を飲んでみた!

用意するのは温めた牛乳と『カカオの力<CACAO70>スティック』、お好みでハチミツ

ハイカカオがヘルシーなことはわかっていても、その独特の酸味・渋味が苦手という記者のような人もいると思う。そのへんも含めて、レポートしていきたい。

電子レンジで温めた牛乳(120ml)に、スティックの中身を入れて溶かすのだが、このとき最初に少量のミルクで溶かしながら練らないと、溶け残ってしまうので注意。ただ本気で練れば練るほど、よりなめらかにおいしく仕上がるのでがんばろう。

 

粉末はミルクチョコレートカラー。濃厚なカカオの香りに圧倒される。牛乳で練るうちにだんだんチョコレート作りをしてる気になる濃厚ぶり。残りの牛乳も分けて入れた方が溶けやすい。

きちんと溶かして飲んでみると、チョコレートだった。液体ミルクチョコレート。甘さはちょうど良く、ハイカカオ感は本格的ではあるけれど、クセが強いわけでなく、おいしいカカオ多めのミルクチョコレートをトロトロのままゴクゴクしている感じで、おいしい。

 

メーカーはハチミツを加える飲み方もおすすめしていたので、やってみる。甘くなりすぎると思ったが、少し加えると苦みを抑えてさらにマイルドな味わいに。

 

記者的にはハイカカオ的なクセの強さが来るかとドキドキしていたが、杞憂だった『カカオの力<CACAO70>スティック』。これでヘルシーだなんて、信じられないくらいだ。事前の練り作業はちょっと大変だが、それだけの価値のある濃厚極まるおいしさだった。

 

他にお得なだけでなく、自分好みに濃さを調整することも可能になる徳用袋タイプ『カカオの力<CACAO70>』(200g・実勢価格 税込373円・2022年8月23日発売/消費者庁届出番号G1257)もあり。入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 清水葉子

トラックバック