ひざ関節の曲げ伸ばしをケアするならこれ! 機能性表示食品の『ひざサポートコラーゲン』は、普段の料理や飲み物にサッと混ぜて飲むだけ簡単

温かいものにも冷たいものにも、サッと溶けるから便利!

 

「最近なんだかひざが曲げにくい」「昔のようにひざを伸ばしづらくなった」「しゃがむと、ひざに違和感がある」40歳、50歳あたりから、ひざの曲げ伸ばしが気になり始める人は多い。ひざ関節の曲げ伸ばしを助ける『ひざサポートコラーゲン』で、いくつになってもアクティブに動ける“健康ひざ”をめざそう!

 

年齢とともに減少するコラーゲンを効率よく補う『ひざサポートコラーゲン』

加齢でひざの曲げ伸ばしが気になる原因のひとつは、ひざの軽やかな動きを生み出す軟骨成分「コラーゲン」が減るから。若いコラーゲン量は50歳を超えると、20歳のころの約半分になってしまう。では、「コラーゲンを含む食品を摂ればいいのでは?」と思う人も多いだろうが、食品に含まれるコラーゲンは分子が大きいため吸収されにくい。そこで、おすすめしたいのが、通常のコラーゲンよりも分子の小さい“低分子”コラーゲン(=コラーゲンペプチド)を採用して、吸収効率を高めたこちら。

青汁で有名なキューサイ(福岡県)が販売する『ひざサポートコラーゲン』(150g・通常価格 税込5,091円・発売中)だ。

注目したいのは、ひざ関節の曲げ伸ばしを助ける機能性関与成分「コラーゲンペプチド」を配合し、ひざ関節カテゴリーでは、日本初の機能性表示食品であること。また「ヒアルロン酸(※1)」「コンドロイチン(※1)」も配合し、日頃の食事だけでは摂りにくい3つの軟骨成分を一度に摂ることができる。臨床試験(※2)では、飲用開始から8週間後にひざ関節の曲げ伸ばしが改善する傾向が見られ、その効果も実証ずみ!

 

(※1) ヒアルロン酸・コンドロイチンは機能性関与成分ではありません。(※2)ひざ関節痛があり治療を受けておらず、かつ直ちに治療の必要がない40~78歳の男女29名に16週間実施(同社実施)。ひざサポートコラーゲンを飲用したグループにひざ関節の曲げ伸ばしが改善する傾向がみられた。

粉末タイプのコラーゲンなので、毎日の料理や飲み物にサッと混ぜるだけ。続けやすさにもこだわり、冷たい飲み物にも温かい飲みものにもサッと溶けやすい。コラーゲンは独特のにおいが苦手という人も多いが、こちらは味もにおいも気にならず飲みやすいのも魅力だ。

脂肪分ゼロなので、ダイエット中の人にも安心。ひざのために飲み続けたいからこそ、無理なく毎日続けられる工夫が嬉しい。

 

しゃがむとひざに違和感をもち始めた40代記者がおためし『ひざサポートコラーゲン』の飲みやすさは…?

柄が長い黄色のスプーンは、袋の底までしっかり届き、粉末に埋もれて迷子になることもない。

1日に飲む量の目安は、付属の専用スプーンに“すり切り2杯”。気軽に飲み続けられそうな量だ。

香りもほとんどしない!

赤ちゃんの粉ミルクのように、きめ細かな粉末。これが、サッと溶ける秘密なのだろう。

いつもの味噌汁に混ぜて飲んでみよう。入れた粉末が、どんどん溶けていく。

お箸で数回混ぜたあと、いざ飲んでみると、普段と変わらない味噌汁の味。まったく料理の味や香りの邪魔をしていないことに驚いた。

 

キンキンに冷えているアイスコーヒーにも混ぜてみたら、あっという間に溶けていく粉末。もちろん味もまったくしないから、いつものアイスコーヒーと変わらず美味しく飲むことができた。

 

健康のためとはいえマズければ続かないが、これは混ぜる食品の味を変えないから、美味しく続けられる。しかも、混ぜる食品は温or冷、濃味or薄味と何でもこいだから、「今日は豆乳に」「今日はヨーグルト」「スープもいいかな…」などと新鮮な楽しみ方もできる。一袋飲み切るころには、ひざの違和感が軽くなっていることに期待したい。

 

いくつになっても軽やかに歩みたい、今のうちからひざの動きをケアしたいアナタを応援!

『ひざサポートコラーゲン』には、携帯に便利な「分包タイプ」(150g/5g×30袋 約30日分 通常価格  税込5,759円)もある。用途に応じて使用できるので、自分のライフスタイルに合わせて選んでみよう。また、定期コースで購入する場合は、初回限定で52%オフなので、この機会に検討してみては。商品の購入は、公式オンラインショップから。

公式サイトはこちら

記者

あゆーや

書籍や雑誌などの紙媒体で編集ライティング経験を積み、フリーランスとして独立。出産を機に一時メディアの現場から離れるも、ネットに情報が氾濫する今、自分の目で見極めた確かな情報を発信したいという思いからWeb ライターへ。小学生男の子のママ。得意分野は、健康、美容、子育て。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック