スペインのワイナリーが作る最高傑作のエキストラバージンオリーブオイル『オレウム・アルティス』でワンランク上の朝食を!

これはまるで芸術品。オリーブオイルのおいしさを朝食に添えて

 

エキストラバージンオリーブオイルがあれば、いつもの朝食が贅沢な味わいに。スペインのワイナリーで誕生した『オレウム・アルティス』は数々の賞を受賞しているエキストラバージンオリーブオイル。最高傑作と名高いその味わいを堪能してみよう。

 

最高品質のエキストラバージンオリーブオイルを求めて

スペインワインを専門に取り扱うスコルニ・ワイン(東京都)から、今回ご紹介するのは特別なオリーブオイル。

 

スペインのワイナリー、グリニョン侯爵の所有地であるドミニオ・デ・バルデプーサ。日照時間が長いこの土地の気候は、ぶどうだけでなくオリーブの栽培にも理想的。ワイン作りだけでなく、エキストラバージンオリーブオイルの研究にも力を注いでいる。

ここで誕生したのが『バージンエキストラ・オリーブオイル マルケス・デ・グリニョン オレウム・アルティス 2020年』(500ml・希望小売価格 税込3,456円・発売中)。前グリニョン侯爵である故カルロス・ファルコ氏が長年の構想を練って実現させた、最高傑作のオリーブオイルである。

 

世界に認められるそのおいしさ

数々の賞を受賞しており、世界で最も有名なオリーブオイル品評会(イタリア主催)FLOS OLEI(フロス・オレイ) 2013年にて、100点満点中98点の最高得点を獲得。日本では、権威あるオリーブオイルジャパン協会が主催するコンクールで金賞以上を8年連続受賞している。毎年受賞しているからこそ、最高傑作と示すことができるオリーブオイルだ。

オリーブの果実が傷まぬように工夫されたバイブレーターを使用して手作業で収穫。約22℃に温度管理し、圧搾・均等化・抽出を複合した最先端設備を使用。全行程において、酸化を極限まで避け、高品質な状態で圧搾をしている。

 

エキストラバージンオリーブオイルは、最高級のオリーブオイルであり、オリーブの実を搾ったバージンオイルのうち、酸度が0.8%以下という厳しい基準をクリアしたものだけに与えられる称号だ。原料はオリーブの実だけで、加熱や化学的処理も行っていないのだとか。

 

香りや味わいを楽しめる

ワイナリーが作るエキストラバージンオリーブオイルということで、ボトルデザインもワイン風でおしゃれ。

注ぎ口が工夫されているので、ボトルのまま注いでもドバッと出てきたり、垂れたりする心配がなく使いやすい。

鮮やかでクリアな黄色のオイルは、口当たりがとてもマイルドで芳醇な香りが口の中に広がる。爽やかな後味の中に、程よい苦みを感じるような奥深い味わいだ。

 

いつもの朝食に贅沢さをプラスして

エキストラバージンオリーブオイルのおいしさを堪能したい時には、そのままかけてシンプルに味わうのが一番。最高級のオリーブオイルを添えれば、いつもの朝食もワンランクアップできる。

ベビーリーフとクリームチーズ、生ハムのサラダにかければ、全体をまろやかにしてくれる。生ハムの塩っけとオリーブオイルの芳醇な香りが口に広がり、贅沢なおいしさ。

軽くトーストしたパンにはバターの代わりにオリーブオイルをかけてみる。

小麦のおいしさとオリーブオイルのなめらかな味わいがたまらない。このおいしさは、ワインのお供にもおすすめ。

トマトポタージュの仕上げにも。フレッシュなコクと風味が増し、ホテルでいただく朝食のようだ。

 

オイルの芸術をあなたの手に

商品名の”オレウム・アルティス”とは、ラテン語で「オイルの芸術」という意味なのだとか。ワイン好きの方はもちろんのこと、グルメなあなたの舌を満足させるこの味わい。

クオリティの高いエキストラバージンオリーブオイルを求めている人はもちろん、オリーブオイルに馴染みのない人にも、ぜひ一度ためしてもらいたい。

 

『バージンエキストラ オリーブオイル マルケス・デ・グリニョン オレウム・アルティス 2020年』は公式オンラインショップで発売中。

また公式オンラインショップでは、6月まで10%オフで購入できるオリーブオイルキャンペーンを実施中! お得なセット割もあるので、是非チェックしてみて!

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック