珈琲専門店がつくるおいしい気まぐれスイーツ『パンナコッタ&コーヒーゼリー』を味わおう

珈琲専門店が作るスイーツをお取り寄せ

 

東京目黒にある珈琲オーダー焙煎店「Coffee Roast Vivace(コーヒーローストビバーチェ)」。独自に開発した焙煎釜で生豆から焙煎したこだわりの珈琲を手がけている。そんな珈琲の専門家が作る本格派スイーツ『パンナコッタ&コーヒーゼリー』をご紹介。おうち時間にこだわりのスイーツを楽しもう。

 

珈琲の専門店が作る気まぐれスイーツは隠れた逸品

珈琲オーダー焙煎店「Coffee Roast Vivace(コーヒーローストビバーチェ)」は、東京都目黒区の住宅街にお店を構えて20年。珈琲を探求しつづけ、その焙煎技術は他とは一線を画す。そんなこだわりの珈琲は知る人ぞ知る逸品で、遠方からも買い求めにくる人がいるのだとか。珈琲豆の人気はもちろんのこと、スイーツも人気商品。こだわりの珈琲を生み出すお店のスイーツを味わってみよう。

 

かわいい瓶入りスイーツにドキドキ

『パンナコッタ&コーヒーゼリー3個セット』(シロップ付き・希望小売価格 税込1,880円・発売中)

 

コーヒーローストビバーチェの気まぐれスイーツとして、お店ではバニラアイスを添えたコーヒーゼリーがメニューに並ぶ。そのコーヒーゼリーとパンナコッタのコラボレーションスイーツがこちら。

 

パンナコッタはイタリア発祥のスイーツ。パンナは「生クリーム」、コッタは「煮た」という意味。一般的には生クリームをゼラチンで固めたもので、つるんとした食感と生クリームのコクを楽しむもの。

保存料不使用。賞味期限は5日間。

コーヒーローストビバーチェのパンナコッタとコーヒーゼリーはゼラチンではなくアガーを用いて作られたもの。アガーは海藻を原料とした植物性のゼリーの素で、こちらもつるんとしたなめらかな食感に仕上がる。

 

白いパンナコッタと黒いコーヒーゼリーのマリアージュ

瓶入り

コロンとした可愛らしい瓶に映える、白いパンナコッタと黒いコーヒーゼリーの二層のコントラストが美しい。ゼリーに使われているコーヒーも、もちろん珈琲専門店ならではのもの。インドネシアスマトラ島産「マンデリンG-1」という珈琲豆を丁寧に抽出した本格派。「G-1」というのは豆の大きさが最も優れているという意味。

パンナコッタは、コク深いクリームの濃厚さが感じられなめらかな食感。コーヒーゼリーは、すっきり感のある風味でやや固めのぷるんとした食感。このふたつのおいしさが口の中で混ざり合う。クリームのやわらかい甘さと、コーヒーゼリーの爽やかな苦みの相性が抜群。

 

シロップを加えれば、また味わいが変わる

そのままで味わった後は、シロップを加えてみよう。

カラメル風味のキリッとした甘さがプラスされることで、風味がグっと引き締まり味わいが変わる。シロップにほんのりビターな甘さがあるのがポイント。

 

カフェドリンク「ミルキークラッシュカフェオレ」も楽しんで

またミルキークラッシュカフェオレにして味わう食べ方もおすすめ。

シロップを加えて甘さの調節を。

スプーンで中身を少し崩した後に、ミルクを加えるだけ。

ミルクにコクと甘さが溶け出して、おいしいカフェドリンクに変身。のど越しがよく、ミルク感強め。コーヒーゼリーの苦みがアクセントになっている。

 

こだわりの珈琲屋さんが作るスイーツをおうちで楽しもう

まずはパンナコッタとコーヒーゼリー、それぞれのおいしさを楽しんだ後に、ふたつのマリアージュを。次にシロップでビターな甘さを加えて、最後はミルキークラッシュカフェオレ。ひとつのスイーツで、いろんなおいしい味わい方を楽しめるのも気まぐれスイーツの醍醐味かもしれない。

コーヒーローストビバーチェの『パンナコッタ&コーヒーゼリー』は公式オンラインショップで発売中。こだわりの珈琲で作られたスイーツを召し上がれ!

 

また珈琲豆は、生豆でも購入できる他、お好みの焙煎方法・挽き方が選べる。こだわりの珈琲を求めている人、そんな珈琲店が作るスイーツが気になる人は、ぜひ公式サイトをチェックしてみて。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック