使い心地にやみつきになる人続出? 『おしり専用毛布ふんティ』はおうち時間や睡眠時におすすめ!

ぬくぬくほっこり、おしリラックス!

 

カラダの冷えが気になるこれからの季節。特におしりの冷えは女性にとって大敵だ。そんなとき知ったのが『おしり専用毛布ふんティ』。ふんどし×パンティ×毛布…!? なんて最初は笑ってしまったが、これが一度履くとやみつきになるすごいふんティだった! おうち時間くらいつらい冷えや締め付けから解放されて、おしりをリラックスさせてあげよう。

 

ふんどし×パンティ×毛布=毛布ふんティ!!

匠ソリューションズ株式会社(宮城県仙台市)が展開する「JEWLINGE(ジュランジェ)」は、生理用布ナプキンなどを企画・販売するフェムケアブランド。JEWELRY(ジュエリー)×LINGERIE(ランジェリー)から生まれたJEWLINGE(ジュランジェ)というブランド名のとおり、選んでワクワク&身につけてときめくようなアイテムを世に送り出している。

 

特に人気があるのは、シリーズ累計販売実績52,000枚を突破したリラックスショーツ「めぐリラふんティ」。足のつけ根にゴムがない新感覚の “ふんどし型パンティ” で、そけい部を締め付けないその開放感からやみつきになる女性が続出している。

今回ご紹介するのは、そんなめぐリラふんティを冬仕様にした『おしり専用毛布ふんティ』(全4色・各3サイズ・価格 税込2,728円・発売中)だ。おうち時間や就寝中などのリラックスタイムに着用しやすいよう、足のつけ根だけでなくおなかの前部分もゴムフリーにした商品だ。

最大の特徴は、ふんティシリーズNo.1のその温かさ。ジュランジェオリジナルとなる綿100%の極厚ネル生地を使用し、冷えやすいおしりや骨盤まわりをすっぽり包み込んでくれる。裏起毛のふっくらとした厚みと柔らかな手ざわりは、まるで毛布にくるまれているような極上の感覚なのだそう…!

実用性も追求し、Wクロッチ(股布の二重仕様)はぐ~んと長い全長19㎝に設計。デリケートゾーンが温かいのはもちろん、おりものライナーがはみ出しにくいのも嬉しいポイントだ。

機能性とデザイン性の両立を叶えるジュランジェブランドだから、デザインにもこだわりあり。サイドにあしらわれたボリュームフリルで、可愛らしさ&美脚見えもばっちりだ。

 

おしり史上最高のなごみ感にうっとり…

ふんティ初体験の記者がさっそくおためししてみよう!

ふんティはサイズ選びが普通のショーツとは少し違う。下からふんティS/M/L、市販のパンティM/Lとサイズを比較したのがこちらだ。コットン生地のため伸縮性がなくふたまわりは大きく見える。ヒップサイズを参考にサイズを選んでほしい。

手に取ってみると、まずはデザインの可愛らしさにキュン…! 綿素材のパンティーにありがちな “自然派ぱんつ” 感が強すぎず、サイドフリルのおかげで “ランジェリー” と呼ぶにふさわしい上品さも出ている。このカラーはチャイ。絶妙なくすみピンクだから、大人女性でも違和感なく履けそうだ。

フリル~腰にかけてはゴム紐が入っているので伸びるが、おなかの前部分に当たるところは、横に優しく引っぱっても全く伸びない。

気になる生地感はというと、裏起毛は本当にふっかふかの毛布みたい…! 頬ずりしたくなるほど柔らかでなめらかだ。毛布みたいなパンツ、というより “パンツの形をした毛布” と言いたくなる。一方の表地は、手ざわりの良いデニム風の質感。帆布みたいにすべりが良いから、パジャマとの摩擦も少なく相性が良さそうだ。最初は少し硬く感じるかもしれないが、洗うたび手になじむように柔らかくなるのでご安心を。

股部分のWクロッチもチェックしてみよう。たしかにこれはかなり長め! 幅もしっかりあるから、大きめのおりものライナーもちゃんと隠れてくれそう。ジュランジェでは「ふんどしパンツ用 シルク布ライナー」や「おりものライナープラス」など18.5~19cm長さのライナーが販売されており、合わせるならそれらがおすすめだそうだ。しっかり2重になっているから温かさも頼もしそう…!

ウエストゴムがぐるりと一周伸びないと履きにくいのでは…? と思っていたが、サイドと腰部分はしっかり伸びるから問題なし。普通のショーツと同じ要領でするりと履くことができた。

うぅん、新感覚!! おなか周りはごらんのとおりゆるりとしているが、腰ではしっかり支えられているから動いてズレてくることもない。ウエストやそけい部が解放されたパンティは初めて履いたが、こんなに快適だとは。カラダの巡りが遮断されないことでこんなにも全身がリラックスできるなんて、思いもしなかった。

寝返りをするたびショーツのゴムの食い込みが痛くて、無意識に直していた記者。おしり専用毛布ふんティを履いて寝た日は本当に快適に眠ることができたし、なによりそのほっこりとした温かさったら…! 体温を抱え込むような自然な温かさにもうやみつきだ。冷え性の記者でもこれがあれば冬を快適に過ごせそうな予感!

 

起きたての冷えが気になる人にもおすすめ

冷えて血流が悪くなり、温めようと厚着してさらに血流が悪くなり…とカラダが悪循環に陥りがちな冬。おうち時間や寝るときくらいは、お尻をほっこりリラックスさせてあげてはいかがだろうか?

 

『おしり専用毛布ふんティ』はショーツの締め付けや摩擦をつらいと感じている人、朝起きたてのカラダの冷えが気になる人に特におすすめ! 記者はもう手離せなくなり、色違いを何枚か購入予定だ。開発者さん、いつか上下セットで着用できる「おむね専用毛布」も作ってください…!

 

商品はジュランジェの公式オンラインショップ、または楽天Yahoo!ショッピングなどでも購入できる。

 

公式サイトはこちら

記者

Mugi

ライフスタイル・食・美容・子育てなど、あらゆるジャンルで年間300本以上のレビュー記事やコラムを執筆するフリーライター。薬事法管理者。プライベートでは3人の子育てに奮闘中。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official images

トラックバック