【新登場】ひざつき製菓の『96オツマミ』シリーズは 手軽に定番の居酒屋メニューが楽しめる!

 

コロナ禍で外へ飲みに行けない今、おうちで気分だけでも盛り上げたいもの。ひざつき製菓『96オツマミ』シリーズは、居酒屋体験できるおつまみスナック! 「お酒+ワンコイン」で、手軽に満足度の高い家呑みが実現できるメニューなのだ。

 

フレーバーは、「6種のチーズ味」「手羽先塩胡椒味」「えびアヒージョ味」の全3種、本格的でリーズナブルなおつまみの味わいとは… 、それぞれに合うお酒を考えながら、居酒屋気分でシリーズ全種をおためししてみよう。

 

居酒屋気分が楽しめる『96オツマミ』シリーズ

これまで自宅での飲酒習慣がなかった人も、昨今の生活の変化により「家呑み」を始めた人もいるのでは。

そんな消費者ニーズを形にしたのが、米菓メーカーのひざつき製菓株式会社(栃木市城内町)。同社のグループ企業である和生菓子を中心とした小売業、株式会社武平作(栃木市城内町)とのコラボ商品は遊びココロ満載なのだ。外出自粛が続く今、おうち時間を過ごすのにもぴったり。お酒がもっとおいしく、もっと楽しくなるのがこの新作!

『96オツマミ』全3種

『96オツマミ(内容量 25g・全3種・希望小売価格 税込96円・2021年9月6日新発売 ※「6種のチーズ味」のみ2021年8月23日セブン‐イレブンにて先行発売)は、食べ切りサイズのおつまみスナック。

 

「お酒+ワンコイン」で、手軽に満足度の高い家呑みが実現できる! をコンセプトに開発された米菓なのだ。フレーバーは、チーズシーズニングなどを使用した「6種のチーズ味」、香辛料やチキンエキスなどを使用した「手羽先塩胡椒味」、魚介エキスやガーリックパウダーなどを使用した「えびアヒージョ味」の全3種と味わいもさまざま。

『96オツマミ 6種のチーズ味』

『96オツマミ 手羽先塩胡椒味』

『96オツマミ えびアヒージョ味』

ビールやハイボールなどのお酒と相性の良い定番おつまみを忠実に再現、少量でもガツンと食べ応えのある濃いめの味付けが特長だそう。

パッケージには大きく96円と価格も表現し、思わず手に取りたくなる大胆なデザインも見逃せない…!

 

『96オツマミ』シリーズをためしてみよう

居酒屋といえども今やオシャレなメニューも増えてきた。後ろを振り向かず今の時代に追いついていきたい…。

 

まずは「6種のチーズ味」から開封だ。

袋を開けると、バランスの整ったチーズの香りが広がってきた。コロコロとした小粒のひねり揚げみたい、揚げ色はやや濃いめ。


そのままひと口食べると、カリッ! と食感のあとに続くまろやかなコクがたまらない。クリームチーズやカマンベールチーズの濃厚さがより強く伝わってくる。

ワインといいコンビ!

チーズフレーバーに合わせたのは、赤ワイン! グラスで飲みながら、ひと粒食べる… の繰り返し。これはグイグイいけそう。濃いめの味付けと、塩気の中にあるやんわりとした甘みが見事にワインと調和し、なんとも贅沢な家呑みを演出してくれる。

何度でも食べたくなる「手羽先塩胡椒味」

ほかにも、「手羽先塩胡椒味」は手羽のコクと深い辛み、あと味にほんのり甘くなるのはなぜだろう。本当に手羽先を食べたくなる… 。キンキンに冷えたビールで1杯いきたい!

ヤミツキな辛さの「えびアヒージョ味」

「えびアヒージョ味」は、唐辛子の辛みがストレートに飛んできた! 海老などのエキスが溶けだすよう。 ガッツリ感はシリーズの中でも1番かも。この味ならサワーやハイボールが合うだろう。

 

リーズナブルな価格、そして3種のメニューを再現したクオリティの高さに大満足。あまりお酒が得意でない人でも、ポリポリっと口に入れながら晩酌も楽しめると思う。全種食べ比べしても、お財布にはやさしいまま!

 

「6種のチーズ味」のみセブン-イレブンで先行販売

気になる購入方法だが、「6種のチーズ味」は、2021年8月23日の週から全国のセブン-イレブンで先行発売されるそう。ちょっと周りより先取りして買ってみるのもいいかも。

『96オツマミ』シリーズで居酒屋体験を楽しもう

その後、「手羽先塩胡椒味」「えびアヒージョ味」の2品は、チーズ味とともに、2021年9月6日より全国のスーパーやコンビニで販売される。

 

おうちで晩酌を楽しみたい人、居酒屋気分を味わい人、家呑みを満喫したい人におすすめ! 3種のおつまみメニューが揃う『96オツマミ』シリーズで、おうち時間を充実させてみて。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック