【おためし動画】暑い夏にぴったり!レモンの酸味とガーリックの香りが食欲そそる『すっぱくて旨い焼肉のたれ 塩レモン』で超お手軽3品を作ってみた!

あっという間に豪華なワンプレートができた!

毎日のご飯作り。ささっと手軽に、美味しくて栄養も取れる料理のレパートリーを増やしたい…! そんな方におすすめなのが、今回おためしする、『すっぱくて旨い焼肉のたれ 塩レモン178g』。焼肉以外にも、パスタやサラダのドレッシングなど幅広く使える万能タレ! これがあれば、料理のレパートリーが増えること間違いなしだ!

ニンニクの香りがたまらない! 毎日のご飯作りの強力な助っ人!

 

 

 

『すっぱくて旨い焼肉のたれ 塩レモン178g』(178g・希望小売価格 税込626円・販売中)は、全国の商業施設などでよく見かける「久世福商店」を展開する、株式会社 サンクゼール(福岡県)から発売されている。

 

手書き風の可愛い文字が目を引く瓶のパッケージ。黄色と白の色づかいはレモンを連想させるようだ。

 

 

早速、蓋を開けてみると、ガツンとしたニンニクの香りが広がる。これだけでも十分食欲をそそるが、近づいてさらに香りを確かめてみると、ニンニクの香りの中にレモンの爽やかな香りがする。空腹時にこの匂いは危険! そのまま飲みたくなる衝動に駆られるので注意(笑)。

 

 

タレはトロリとした液体状。塩ダレは比較的よく使うが、レモン入りというのは珍しく感じる。レモンやニンニク以外には、玉ねぎ、しょうがなどが入っている。こちらの商品にお肉をタレ漬けして焼くと、サッパリした焼肉が楽しめるという。

 

 

お皿に入れると、胡椒などが入っているのを確認できる。パッケージに記載してある、”塩みの旨さ”とは、どのようなものなのか。料理をするのが楽しみだ。それでは、気になるこちらをおためし!

 

あっという間に3品完成! 時短、簡単、美味しいの三拍子!

 

今回はこちらの商品を使って、メインとして豚肉の炒め物を作ってみる。材料といっても、豚肉を炒めてタレをかけるだけなので、たった2つだけ!

 

■材料

  • 豚肉
  • すっぱくて旨い焼肉のたれ 塩レモン178g

     

 

メインの豚肉の炒め物以外にも、サラダ、キュウリの和え物の2品を作ってみる。こちらは、切った野菜にかけるor和えるだけなので、材料はお好きな野菜とこちらのタレで!

 

 

はい、できあがり!

 

凄く簡単なのに、オシャレなカフェご飯のようなワンプレートができあがった。

 

アツアツの豚肉をまずは一口。レモンの酸味と塩のうま味が美味しい! 火を通すとニンニクの風味は少し和らぐようだ。

 

さっぱりしているが、塩のうま味がしっかり効いているので、これはご飯がすすむ。家族からの「ご飯、おかわり!」の声が聞こえてくるにちがいない!

 

豚肉の炒め物に添えたサラダにもドレッシングとしてかけてみた。火を入れたタレとはまた違う味わいで、こちらの方がニンニクの風味をしっかりと感じる。レモンのさっぱりした感じが、生野菜との相性もバッチリだ。

 

ワンプレートに同じ調味料で味付けしたものを二品並べるというのは、流石に厳しいかと思ったら、ぜんぜんいける! これ一本で、メインもサラダも対応できるのはかなり嬉しい!

 

おまけで、キュウリの和え物も作ってみた。乱切りにしたキュウリに混ぜるだけ。手軽なのに美味しい。ご飯のお供にももちろん良いが、お酒のおつまみにも良さそう。

 

「忙しくてメニューを考える時間がない!」なんて時にピッタリ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時間がなくて料理を考える時間も、作る時間も取れない! なんて時は、とりあえず、冷蔵庫にあるお肉を炒めて、これをかければ立派な一品! 加えて、野菜室から野菜を取り出して切ることさえできれば、豪華なワンプレートに早変わり!

 

忙しくて時間のない人々にとっては本当にありがたい。子育て中のファミリー世帯には勿論だが、帰宅が遅くなりがちな一人暮らしの人など、ササっと手軽に美味しいお家ご飯が食べたい人におススメ!

 

(株)サンクゼールは、他にも、万能ダレや、ご飯のお供系なども沢山あるので、今回使ったタレ以外にも、冷蔵庫に複数入れておけば、それだけで、かなりのレパートリーが増えそう。毎日のご飯作り、なるべく楽して、美味しいものを食べましょう! 『すっぱくて旨い焼肉のたれ 塩レモン178g』は、オンラインショップから購入できるので、チェックしてみて。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部です。 https://www.shin-shouhin.com/

この記者の記事一覧

トラックバック