日本の文化お中元に伝統の銘菓を! 千鳥饅頭総本舗のお菓子は、貰うと思わず笑顔になるギフト!

日本の文化お中元の贈り物は、日本伝統の銘菓で決まり!

 

そろそろお中元の時期。大切な人・お世話になっている人へ、日頃の感謝を伝えたい。「千鳥屋の贈り物」は貰うと嬉しいお菓子のギフト。超老舗の技術と伝統の銘菓『千鳥饅頭』、九州・博多の銘産『チロリアン詰め合わせ』は、箱を開けると思わず笑顔が溢れちゃう! そんなお中元にぴったりの、美味しい詰め合わせをご紹介!

 

銘品を贈る。寛永7年創業の伝統のお菓子の詰め合わせ

寛永7年創業の株式会社千鳥饅頭総本舗(福岡県福岡市)は、九州を代表する菓子メーカー。高い知名度を誇る「千鳥饅頭」は、同社の伝統銘菓だ。日本文壇の巨匠である、松本清張氏もこのお菓子を愛していたのだとか。

 

また、1962年に発売された「チロリアン」シリーズも、九州・博多の銘産品だ。ロール状のクッキーにクリームが詰められた姿を見たら誰もが「これ知ってる! 」と思うはず。

 

この銘品2種がお中元に最適な詰め合わせで発売中だ。ラインアップは次の通り。

  • 『千鳥饅頭』(8個入・販売価格 税込1,458円・発売中)
  • 『チロリアン詰め合わせ 小』(チロリアンロング8本/チロリアンハット6枚・販売価格 税込1,080円・発売中)
  • 『チロリアン詰め合わせ 大』(チロリアンロング16本・チロリアンハット12枚・販売価格 税込2,160円・発売中)

 

しかし贈る前に、味やそのパッケージを吟味したいもの。ということで、お菓子大好きの記者がさっそく全種確かめてレビューをしてみよう!

 

『千鳥饅頭』

北海道産手亡豆とザラメで炊き上げた、極上純白のこし餡を「てごね」の生地で包み、黄金色に焼き上げた千鳥饅頭は、九州を代表する銘菓のひとつ。

和のラッピングで品が良い!

包装紙を剥がすと…

落ち着いた青い箱が高級感! 季節の掛け紙は、和服のような上品さがある。

和紙のような包み紙にくるまれた饅頭がずらりと並ぶ。

皮は粉・卵・上白糖・米飴・蜂蜜のみで作られる!

手のひらサイズの程よい大きさの饅頭は、真ん中に千鳥の焼印が押されていて可愛いらしい。

きれいな黄金色の皮を割ると、餡の白さが際立つ。とっても美味しそうだ…!

 

しっとりともっちりが混ざったような皮は、歯触りが良い。甘さ控え目が多い中、きちんと甘さのある皮は、はちみつの風味が優しくなんとも香ばしい。

 

反して甘すぎない餡は、こし餡ながら豆のざらっとした舌触りがある。まったりと舌を包み込むような…シンプルな甘さの餡は、お茶にも珈琲・紅茶にも合いそう!

高級感がある箱は、相手を選ばず贈りやすいだろう。

 

『チロリアン詰め合わせ』

ミルクとバターをたっぷり使用した、サクっと軽い食感のロールクッキーに、千鳥屋オリジナルの口どけなめらかなクリームを入れた「チロリアン」。

 

フレーバーは「チロリアン」がバニラ・コーヒー・ストロベリー・チョコレートの4種。薄焼きの「チロリアンハット」は、レモン・コーヒー・ストロベリーの3種。

白ベースにポップなイラストが可愛い箱を開けると…

チロリアン詰め合わせ 大

カラフルなパッケージのお菓子が並ぶ。クリームもカラフルで、食べる前からウキウキする!

 

チロリアン

左からバニラ・コーヒー・ストロベリー・チョコレート

噛むとさっくりとした食感で、バターの風味とクリームが溶け合う。ふんわりと口どけが良く、どこまでもクリームの風味が広がる…!

 

■バニラ
ロールクッキーの甘さに、バニラの風味が混ざり滑らかな甘さが王道!

■コーヒー
香ばしいコーヒークリームは、主張しすぎず優しく香るので、万人が好む味だ。

■ストロベリー
口に入れると滑らかなクリームは、イチゴの香りが甘くとろけてクリーミー。

■チョコレート
見た目ではそこまでカカオの印象は強くないが、口に入れるとチョコレートのコクと風味が優しく広がる。

 

チロリアンハット

中身左からストロベリー・レモン・コーヒー

薄い生地は、パリッともサクッともとれる軽い食感で、バターの風味が優しく広がる。

 

■ストロベリー
イチゴの香りと味が生地の軽さにちょうど良い、紅茶と合わせてもさらに美味しそうだ。

■レモン
レモンタルトのような風味と、ほんのり酸味のクリームが爽やか。これからの季節にピッタリな味わいだ。

■コーヒー
コーヒークリームが、生地の甘さと混ざりコクが増している。

包装紙もポップ!

このとろけるクリームは、夏に溶けやすいので、美味しさを保つためにもなるべく涼しい所に保管したい。賞味期限も製造日より150日間と長いので、贈り物としても最適!

 

銘菓と知って食べてみたくても、なかなか購入する機会がないという人も多いだろう。どちらの詰め合わせも、箱を開けると思わず「あっ」と喜びの声が上がるのが目に浮かぶ。

今年のお中元は、伝統のお菓子でご挨拶してみてはいかが?

 

購入は公式オンラインショップ「愛情のお菓子 千鳥屋」から可能。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック