レンチンするだけの糖質制限。1食500円以下の『まごころケア食』を実際に試してみた結果、めちゃくちゃ簡単でおいしかった!

洋風ロールキャベツ(トマトソース)弁当

 

長くリモートワークをしていると、通勤もなくなるので全体的に運動量も減り、コンビニ食ばかり。体重も気になるこの頃、食事から見直していかないと、と思いながらもメニューや買い物など面倒くささに根負けした経験はないだろうか。そんなあなたに紹介したいのが、糖質15g以下、カロリー240kcal±10%のレンジで温めるだけの糖質制限食『まごころケア食』。高齢者向けの食事を提供するシルバーライフが考案した、食事制限のイメージを覆すお弁当だ。その味わい、良いところも悪いとろも包み隠さずにレビューしていく!

 

気になるお腹。食事でコントロールしたいけど作るのは面倒…

疲れているし忙しいからとコンビニ弁当やカップ麺を食べ続けた結果、たるんできたお腹やあご肉。健康診断で表れる血糖値、中性脂肪の数値にヒヤっとさせられる…。まだまだ元気なつもりでいても、将来のことを思うとそろそろ糖質やカロリーなどを意識しなければと考えるようになってきた。

だが、自炊をするのは正直面倒くさい。頭も身体も疲れた仕事終わりに台所に立って料理するのも辛いのに、栄養面を考えたメニュー作成、食材の賞味期限、作る量の調整、洗い物、費用……投げ出したくなるのは当たり前だ。

 

しかし、この面倒な糖質制限食をたったの3分30秒で作ることが出来るとしたら、すごいことだと思わないだろうか。

 

管理栄養士が監修した糖質15g以下、カロリー240kcal±10%の冷凍おかず弁当

今回取り寄せた14食セット

それを可能にしたのが、株式会社シルバーライフ(東京都新宿区)の『まごころケア食』。電子レンジで3分30秒(600Wの場合)温めるだけですぐに食べられる冷凍おかず弁当だ。管理栄養士監修による栄養バランスが考えられた内容(主菜1品、副菜3品)となっており、糖質制限やカロリー制限、塩分制限など、さまざまな目的に合わせた食事を選ぶことができる

 

例えば糖質制限食は、1食あたり糖質15g以下、カロリー240kcal±10%。

食・楽・健康協会が適正糖質として提唱している1食当たりの糖質量20〜40gを超えない値となっている。厳しめの糖質制限を想定しているので、普段の食事でコントロールしたい!という人にぴったりのメニューなのだ。
※食・楽・健康協会の推奨する適正糖質(抜粋URL:https://locabo.net/about/)

電子レンジで3分30秒(600Wの場合)

とはいえ、気になるのが味。糖質制限食というだけで美味しいかどうか不安なのに、冷凍となると舌に合うか心配…。そこで『まごころケア食 糖質制限食14食セット』(税込6,880円)をお取り寄せして、その味とお手軽さを体験してみた。

 

糖質制限食とは思えないしっかりとした味付け。自炊では難しい色んな食材が使われているから楽しい!

「糖質制限食14食セット」は、全84種類の中から14食が配送される。今回は実際に届いた14食を全て実食し、記者の独断と偏見で美味しいと思ったメニューを2品紹介しよう。なお、今回届いたメニューは以下の通り。

・あさりの深川煮

記者が美味しいと思った1つ目のメニューは「あさりの深川煮弁当」。砂抜き工程など、自炊だと失敗しやすいあさりがゴロゴロと入ったお弁当だ。あさりの旨味と味噌のまったりとしたコク、そしてごぼうやしいたけなどの食感や味わいが加わり、とても満足度の高い味わいを楽しめる。

近年あさりが高騰しているのでこんなに食べられるのはかなり贅沢

副菜の「大根とウインナーのレモン酢和え」や「ほうれん草のおひたし」は、箸休めにちょうどいいさっぱりとした味付け。大きなナスの入った「茄子のトマトソース」は、牛肉を使った豪華な一品。主菜級のインパクトのある味わいで、ナス好きにはたまらない。

お皿に盛りつけてみると、あさりがゴロゴロ入っているのがわかる!

14種類の中でも、一番全体の味のバランスが整っているお弁当だと感じた

 

・牛肉のトマト煮弁当

記者が美味しいと思った2つ目のお弁当は、「牛肉のトマト煮弁当」。主菜の「牛肉のトマト煮」のほか、「中華風かに玉」、「切り昆布としめじの煮物」、「温野菜サラダ」の副菜が入った豪華な内容だ。

「牛肉のトマト煮」は牛肉がたくさん入っており食べ応えバッチリ。トマトソースの味付けもしっかりとついており、これが糖質制限食かと疑うほどの美味しさだ。彩りも兼ねたスナップえんどうもシャキシャキとしていてとても美味しい。

副菜の3品も主菜級の仕立てで、少量ながら満足度は高い。なにより食材の種類が多く、自炊ではめったに口にしない野菜を食べられるのが楽しい。スナップえんどうやカリフラワーなど、1人暮らしでは出会えないレア食材だ。

 

その他のお弁当も味付けがしっかりとしており、ひと口ごとの満足度が高い。これで糖質が5g以下、カロリー240kcal±10%、さらに食塩相当量も抑えられているから驚かされるばかり。しかも電子レンジで3分30秒で食べられる手軽さは驚異的。糖質制限食という概念が覆る美味しさだった。

気になった点は、男性からすると若干量が少なく感じるかもしれないということ。『まごころケア食』に限らず、糖質制限食は基本的におかずのみなので、始めたばかりは物足りなさを感じてしまうのは仕方がない。大豆米などの代用食品を食べたり、豆腐やサラダなどお手軽なプラス1品を追加したりと、お腹が満たされるように工夫してみるといいだろう。

しかし、全部で84種類もお弁当があるので、長期間利用しても飽きずに食べられそうだ。

 

『まごころケア食』は定期便で配送。14食セット以上は冷凍庫を無料貸し出し!

14食セット以上を定期便注文で冷凍庫の無料貸し出し

『まごころケア食』は、7食(税込4,160円)、14食(税込6,880円)、21食(税込9,880円)の3コース選ぶことができる。今回実食した「糖質制限食14食セット」なら、1食あたり約491円。高齢者向けのお弁当を提供する会社が手掛けているので、味が薄いのかな…と不安もあったが、全くそんなことはなく、むしろ糖質制限食という概念が覆る美味しさだった。

味、お手軽さ、メニューの種類、食材などトータルで考えてもとてもお得な価格と言えるだろう。

 

家の冷凍庫はそんなに容量が大きくない、という人も安心して欲しい。14食セット以上を定期便注文すると、冷凍庫の無料貸し出しを行っている。なお、賞味期限は3ヶ月あるので食べ損なっても安心だ。

 

『まごころケア食』は、公式HPにて販売中。自分はもちろん、自分はもちろん、糖質制限食以外のコースもあるので、栄養が不足しがちな両親の健康を考えるのにもぴったりのサービスだ。申し込みは公式サイトから。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック