【ヴィーガン】韓国定番のインスタントラーメンに植物性素材だけでつくられた『ジンラーメン ベジタブル』が新登場

 

辛みのあるスープともちもち麺が人気の韓国発インスタントラーメン「ジンラーメン」に『ジンラーメン ベジタブル』が仲間入り。植物性の素材だけで作られたヴィーガン仕様でありながら、コクや旨味もあるおいしい一品を早速おためししてみよう。

 

韓国の国民食「ジンラーメン」にヴィーガンラーメンが登場

オンガネジャパン(山口県)は、食品の輸出入および販売、PB商品の開発などを手がけている。

青文字が中辛、緑文字がベジタブル、赤文字が辛口

今回ご紹介するのは韓国の食品会社「オットギ」のジンラーメン。韓国では定番の袋入りインスタントラーメンで、人気の韓国アイドルをCMに起用していることでも有名。「中辛」と「辛口」の2種類のラーメンに、新たに仲間入りしたのは「ベジタブル」。

『ジンラーメン ベジタブル』(110g・希望小売価格 税込180円・発売中)

 

動物性原料は使わずに植物性素材のみで作られている。

中に入っているのは、麺、かやく、粉末スープ。麺は、ジンラーメンの特徴でもある細ちぢれ麺。

パッケージ裏面の調理方法を参考に、早速作ってみよう。

水500mlにかやくを入れて、水を沸騰させる。

次に粉末スープを入れる。

粉末スープが溶けたら、麺を加えて3分間煮込む。

 

もちもち麺とピリッと残る控えめな辛さ

『ジンラーメン ベジタブル』のできあがり。思っている以上にかやく(野菜)がたっぷり! キャベツ、青梗菜、しいたけ、にんじん、ねぎが入っており、麺にもよく絡む。

スープのベースとなっているのは、しいたけやローストオニオン。にんにくやしょうゆも使われており、野菜のマイルドな旨味が感じられる。後味に、唐辛子や黒胡椒、生姜のピリッとした辛味。激辛ではなく、程よい辛味なので食べやすい。

ジンラーメンならではのもちもちとした弾力のある細麺。ヴィーガンということで麺にももちろん卵などは使われていない。にんにくソースや野菜エキスが練り込まれているため、麺にも旨味があり物足りなさは感じさせない仕上がり。つるっ、もちっとした食感が楽しめる。

 

インスタントラーメンもヴィーガンの時代に

お好みでキムチをトッピングしたり、オリーブオイルやえごま油など植物性オイルをプラスしたり、アレンジをするのもおすすめ。さらにおいしさに深みがプラスされる。韓国ラーメンが好きな人はもちろんのこと、ヴィーガン食品を選ぶ人にもうれしい商品。

たっぷりの麺とかやくで食べ応えも抜群。鍋の〆やお夜食にも。ヴィーガン仕様のインスタントラーメンは、まだ商品としての数がそれほど多くないので、ヴィーガンやプラントベース食品を選びたい人にとってはひとつの選択肢になるはず。『ジンラーメン ベジタブル』は全国のスーパー等で発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエイター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック