日本初上陸! ベトナムの国民食『オムニラーメン』はクセになる爽やかなおいしさ

ベトナムから日本にやってきたオムニラーメン

 

「韓国ラーメンの次はベトナムラーメン!」ということで満を持して日本に初上陸したラーメンがある。それが今回ご紹介する『オムニラーメン』。本場ベトナムの味わいは一度食べたらクセになる爽やかさ。どんなラーメンなのか早速チェックしてみよう。

 

本場ベトナムのおいしさが日本で味わえる!

オンガネジャパン(山口県)は、食品の輸出入および販売、PB商品の開発などを手がけている。

ベトナムからやってきた日本初上陸『オムニラーメン』。ベトナムは世界第3位の即席ラーメン大国でもある。そのベトナムで、なんと1年間で1,400万食売れている大人気のラーメンなのだとか。

エビの旨味とライムの酸味、パクチーの香り、唐辛子の辛さが絶妙なバランスで合わさった酸っぱ辛いおいしさ。カップ麺と袋麺があるのでそれぞれご紹介しよう。

 

手軽に味わうならカップ麺

『オムニカップ麺 ベトナムライム パクチー味』(65g・希望小売価格 税込150円・発売中)

アレルギー表示:小麦・えび

フタを開けると小袋が3つ入っているので取り出そう。小袋の内容は、スパイス(粉末スープ)、オイル(調味油)、野菜パック(かやく)。

これらをすべて開けて麺の上に入れよう。オイル(調味油)を入れると、にんにくと唐辛子のパンチの効いた香りが食欲をそそる。

沸騰したお湯を約350ml注ぎ入れて、フタをして待つこと3分間。作り方は日本のカップラーメンとほとんど同じだ。

 

クセになる爽やかな酸っぱさとピリ辛さ

3分後、オムニカップ麺ができあがり、えびの香りがガツンとくる。オイルの中に干しエビやにんにくが入っているので香り高い。かやくには、にんじん、ねぎ、パクチーが入っている。

麺は細麺。スープはエビの旨みと風味がたっぷり。ひとくち味わうとピリっと唐辛子の辛味があり、後味がとにかく爽やか。ライムの酸味とパクチーやレモングラスの香りがたまらない。干しエビも入っているので、エビの旨みがよりじゅわっと口の中に広がる。

 

袋麺は茹でずにお湯を注ぐだけの簡単スタイル!

『オムニ袋麺 ベトナムライム パクチー味』(75g・希望小売価格 税込100円・発売中)

アレルギー表示:小麦・えび・大豆

袋麺には、スパイス(粉末スープ・かやく)とオイル(調味油)の小袋が入っている。

鍋がなくても大丈夫。器で直接作っていこう。

麺、スパイス、オイル、すべてを器に入れて、沸騰したお湯約400mlを注ぎ入れる。フタをして3分待とう。

軽くかき混ぜてできあがり。

 

エビの旨みたっぷりの爽やかなスープ

あっさりと澄んだスープにはエビの旨みたっぷり。決して激辛ではなく、ピリッとした程よい辛味なので、辛い物が得意ではない人も食べられる。

こちらも麺は細麺。ライムやレモングラスなどの酸味や爽やかさが抜群なので、暑い夏でもさっぱり食べやすい。

 

これから要注目のベトナムラーメン間違いなし!

カップ麺はオムニラーメンの味わいをシンプルに楽しみたい時に。袋麺は器で作るので、お好みでトッピングをプラスすればさらにおいしさが増す。

 

パクチーが好きな人は、フレッシュなパクチーをたっぷりのせたり、ライムを絞ったり。それこそエビをトッピングすればボリュームのある1品に。それぞれのベースとなっている味わいは同じなので、作りやすい方を選んでみるといいかも。

ベトナム料理が好きな人はもちろんのこと、パクチーやライムの味わいが好きな人にも食べてもらいたい。本場ベトナムのオムニラーメン、クセになるこの味わいをぜひ試してみて。『オムニラーメン』は全国のスーパー等で発売中。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック