糖質70%オフが物足りなさ解決の一手! 『淡麗グリーンラベル』がよりビールの味わいに近づいた

クリアで軽やかな苦味と糖質オフ

 

健康志向の高まりから、糖質オフ系のビール類の人気は高い。しかし飲みごたえに物足りなさを感じてしまうこともある…。そんな人に朗報だ。糖質オフで人気の『淡麗グリーンラベル』が、爽やかな飲み口はそのままに、よりビールらしい飲みごたえにリニューアルした!

 

ホップの配合を見直して、オフ系の物足りなさの解決へ!

キリンビール『淡麗グリーンラベル』(350ml缶・実勢価格 税込約170円・発売中)は、美味しさと糖質70%オフのバランスの良さが特徴の発泡酒。爽やかな飲み口で、発売以来人気を集めているロングセラー商品だ。

 

家飲みや健康志向の高まりが追い風となり、人気は右肩上がり。前年度を上回る好調な販売数なのだとか。

 

しかし2020年3月に、『淡麗グリーンラベル』は味覚を新しくしたばかり。一年という早いリニューアルだが、これはオフ・ゼロのビール系を飲んだことがない人がいまだに潜在的な味覚に不満を感じているという調査からのさらなるアピールのようである。

 

確かにオフ・ゼロ系は、苦味や飲みごたえに欠けるイメージがあることは否めない。日々飲んでいる人でも、少々物足りなさを感じることだってある。

 

そこを解決すべく、今回ビールらしい飲みごたえと味わいを強化。ホップの配合比率を最適化して、特徴である爽やかな飲み口は維持したまま、さらにビールへ寄せた味わいを追求している。

 

ホップの苦味を感じるスッキリ爽快な味わいに! 糖質も口当たりも軽やか

パッケージは、新しくなったことが一目でわかる大きな”新”の文字。グリーンのリボンに、シルバーのラインが追加され、軽やかな印象だ。この爽やかなパッケージも『淡麗グリーンラベル』の特徴のひとつ。

さっそく味わってみよう。

グラスに注ぐ泡立ちは良く、しゅわしゅわとした音が心地良い。香りは薄いものの、近くで嗅げばホップの爽やかな香りを微かに感じる。

口に含むと香りが抜け、軽さのある酸味の奥に苦味がある。雑味が少ないぶん、酸味がよりクリアな印象だ。

 

飲み口に、きちんとした苦味を感じられる。しかし、風味が抜けた後には残らない苦味なので、スッキリとしている。そこにプラスされる爽やかな酸味が、ペールエールビールのような軽やかさを感じる。

 

さらりと落ちる軽い喉越しは、糖質オフらしい味わいだ。炭酸の爽快なキレと、ホップの香りと苦味。確かにビールらしい飲みごたえに近付きつつある。

何より家飲みが増えて、健康も体重も気になるなか、1本で1.75〜4.2gという糖質の低さは、迷いなく飲めてうれしい。

 

2002年に初めて発売された『淡麗グリーンラベル』は、記者がお酒を飲み始めたころからある発泡酒。この長い人気こそが、その必要性を物語っている。

 

オフ・ゼロ系をまだ体験していない人は、休肝日ならぬ休糖日で、一度味わってみてもいいかもしれない。

 

購入は全国のスーパー、コンビニ、ドラッグストアなどから可能。

 

あわせて読みたい: 【糖質7割減ビール味】新『淡麗グリーンラベル』ならキレを増しておいしくコロナ太りが解消できる!?【新旧飲み比べ】

あわせて読みたい: 【糖質制限ダイエット】お花見気分ビールテイスト『淡麗グリーンラベル 桜デザイン缶』が期間限定で登場!

あわせて読みたい: 国内初! ビールなのに糖質ゼロな『キリン一番搾り 糖質ゼロ』が登場【糖質制限ダイエット】

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック