果汁17%配合エナドリ『ZONe Utopia Ver.1.0.0』が常識を超えるおいしさだった!

こんな愛らしい色で元気になれるとは

 

昨年5月に発売した「ZONe」は、デジタル新時代のエナジードリンクとしてネットで話題となった国産ブランドのエナドリ。eカルチャーに携わる人々をゾーン(没入状態)へと誘う1本だ。第5弾となる『ZONe Utopia Ver.1.0.0』は、果汁17%を配合した初のフルーツフレーバー。今回はどのようにして私たちをユートピアへ誘ってくれるのだろうか。

 

桃とオレンジがおいしいファジーネーブルのような味わい。甘くて香りも良いから女性にも飲みやすいピンクな1本

エナジードリンク「ZONe」は、ゲーム、アニメ、音楽などのeカルチャーを愛するすべての人へ向けたエナジードリンク。スポーツ選手が試合中に極度の集中状態に没入した状態を表す“ゾーン”が名前の由来となっており、デジタルパフォーマンスを行う人たちのサポートドリンクとして誕生した。

昨年5月に正式リリースした「ZONe Ver.1.0.0/同 FIREWALL Ver.1.0.0」を皮切りに、同9月に乳酸入りの「ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0」、同12月にはゼロカロリーの「ZONe Unlimited ZERO Ver.1.0.0」を発売。さらに、同10月には初代「ZONe Ver.1.0.0」がアップデートされて「ZONe Ver.1.3.9」へと進化。アルギニンやカフェインの含有量が増量した。

PCの起動スイッチのマークを傾けたロゴ

ブランド第5弾は初のフルーツフレーバーとなる『ZONe Utopia(ユートピア) Ver.1.0.0』(500ml缶・希望小売価格 税抜190円・2021年2月16日発売)。りんご、桃、オレンジの3つの果汁が17%入ったこれまでのエナドリの常識を覆す味わいとなった1本だ。

パッケージは淡いブルーからピンクと変化するグラデーション。まさに汚れのないユートピア。これまでの「ZONe」は比較的男性向けのデザインだったので、このカラーリングなら女性でも気軽に手に取れそう。

1本あたりのエネルギーは314kcal、糖質は約78g

エナジー成分配合は、カフェイン75mg、アルギニン500mg、パラチノース5.0g、ナイアシン50mg。アップデート前の「ZONe Ver.1.0.0」や現行の「ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0」と同じ配合となっている。

カシュっとプルタブを開けてひと嗅ぎ。エナドリ特有の匂いはまったくなく、ピーチジュースのような爽やかな香りだ。色は朱色でやはりエナドリっぽさはない。

エネルギーをチャージするようにゴクゴクっと流し込むと、本当にこれがエナドリかと疑いたくなるようなフルーティな味わい。ノンアルコールのファジーネーブル(桃とオレンジのカクテル)と言っても違和感ないほどの美味しさだ。こ、これは旨い!

微炭酸で刺激はほぼ無し

カフェインなどのエナジー成分はもちろん、脳にエネルギーを補給するための糖がたくさん入っているからかなり甘め。りんごやオレンジの酸味がもう少し強ければさっぱり感が増して美味しそうなのだが、これは好みの問題。後味に少々甘ったるさが残るのが気になる。

大容量500mlだから、作業をしながらちびちび飲めて高コスパ

ちなみに口臭はほとんどないので、人の多い場所やこれから人と会うという場合でも飲みやすいのが嬉しい。味も飲み方も、エナジードリンクという概念にとらわれない新時代の幕開けとなる1本となりそうだ。

発売にあたりファミリーマート限定でスマホゲーム「A.I.M.$(エイムズ)」コラボキャンペーンを実施中。既にやっている人はもちろん、これからゲームを遊ぶ人はこのチャンスを逃さないように!

全国のスーパー、コンビニで発売中。

 

あわせて読みたい:待望のカロリーゼロ! ダイエット系エナドリ『ZONe Unlimited ZERO Ver.1.0.0』とVUPした『ZONe Ver.1.3.9』を飲み比べ!

あわせて読みたい:『ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0』話題のデジタル系エナジードリンクに新フレーバー!【乳性エナドリ】

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images 

トラックバック