英語学習のスタートは英語耳を作ること! 『タッチで聞こう! えいごかるた』を使って親子で楽しく英語を学ぼう

 

2020年4月の学習指導要領の改定により、小学校3年生から外国語活動がスタートし、5年生からは外国語として成績のつく教科化が始まって、今、英語に大きな注目が集まっている。記者の子ども時代は未就学児が英語を習っているなんてあまり聞いたことがなかったが、今は赤ちゃんの頃から英語を学ぶ時代。その大きな目的はずばり、小さなうちから英語耳を作ること。英語耳を育てつつ、親子で楽しく遊べる 『タッチで聞こう! えいごかるた』をおためしして、小学1年生の娘とともに効果をいろいろ検証してみた。

 

誰でもすぐに英語が聞けるから、生活に取り入れやすい

英語が話せることは受験にプラスになるだけでなく、将来グローバルな仕事に就いたりできるかもしれない、という願いを込めて、幼少期から英語を学ばせる親御さんは多いと思う。

 

今は外国人教師の英語教室などネイティブの会話を聞く機会も多いが、記者は中学1年から学校の授業で日本人の先生に習い、3年の時に国際親善ホームステイの交流学生に選ばれて渡米すると、現地の人が何を話しているのか全く聞き取れず困った経験があり、英語耳の大切さを身に染みて実感してきた。

そんな経験を持つ記者が、株式会社くもん出版(東京都港区)の 『タッチで聞こう! えいごかるた』(対象年齢3歳以上・希望小売価格 税抜5,600円・2020年10月発売)をおためししてみてまず思ったのは、これが私の子供時代にあればよかった!ということ。

『タッチで聞こう! えいごかるた』は、コミュニケーションを通して英語で伝え合う力を養える英語商品「KUMON TOY English」のうちのひとつ。

すでに発売中の「しゃべって学べる! 英会話すごろく」と併せて、英語耳を作るのに抜群の知育玩具なのだ。

あわせて読みたい: 遊んで、聞いて、おしゃべり! 『しゃべって学べる!英会話すごろく』で、コミュニケーションをしながら楽しく英語力を身につけよう

『タッチで聞こう! えいごかるた』は、300枚の英単語カードと5枚のうたカード、5枚の設定カード、音声ユニット、説明書、そして英語と日本語が併用されているカードリストが入っている。

カラフルな色使いなので、子どもが喜びそう!

英単語カードは10グループ各30枚ずつの計300枚。

動物、食べ物、色や数、学校に関するものなど、子どもの生活に密接なものばかりだ。

そして英語の歌を聞かせてくれるうたカードもついている。

また、『タッチで聞こう! えいごかるた』では、音声ユニットを使って3つの機能で遊ぶことができる。

おしゃべりモードは、単語カードを音声ユニットにタッチするとその英語を読み上げてくれ、ネイティブの発音をたくさん聞かせたい時におすすめだ。

 

例えば、子どもと一緒に窓からお月さまを見上げたとき、そのあと単語カードにある「月(moon)」を聞かせるなど、身近なもののネイティブの発音をいつでも学べるのはありがたい。

かるたモードでは、単語カードをならべて音声ユニットを聞きながらかるた取りができる。

 

音声ユニットから出るネイティブの発音を聞き、絵柄を見ながら選んで音声ユニットにカードをタッチすると効果音で正解か不正解かを教えてくれる。

不正解の場合はもう一回読んでくれるので、より定着が図れそう。

また、複数のグループで遊べるから難易度を上げて遊ぶこともできるのだ。

クイズモードは、音声ユニットから流れる日本語で出題されるクイズに答えて単語カードをとることができる。

かるたと同じで音声ユニットに選んだカードをタッチすると正解か不正解を教えてくれて、正解すると次のクイズが出題される仕組みだ。

音声ユニットもカラフルなつくり。モードを選べる3つの黄色のボタンと、赤いボタンを押すと最後に話した内容をもう一回聞くことができるから便利。

 

『タッチで聞こう! えいごかるた』で遊んでみよう!

さっそく遊んでみよう!

小学1年生の娘の英語学習は、学校でたまに行われるAETの先生の授業を受けるのみ。

知識はほぼないが、単語カードにかわいいイラストが書いてあるので英語が読めなくても楽しめそう。

今回はかるたモードで遊んでみる。

ちょうど学校で数の勉強をしているようなので、「色・数」の単語カードを並べてスタート!

指差ししながらカードを確認。

全くわからない感じのものは記者が助け舟を出して、親子のコミュニケーションが図れるのもうれしい。

娘は音声ユニットから聞こえるままの発音で真似をしていて驚いた。

文字の先入観がないから、自然な感じで口から出ている様子。英語耳をこうやって作っていけるのはいいと思う。

添付のカードリストも見せて、いろいろなグループのカードで遊んでみた。

『タッチで聞こう! えいごかるた』の便利なところは、このハイスペックな音声ユニット。

一人でも遊べるから、ひたすら聞いたり、特訓したりと使い勝手が非常に良い。

 

ある程度年齢が大きくなっても、英語学習のお供に学習机に置いて発音を聞く機械として利用しても便利かもしれない。

 

『タッチで聞こう! えいごかるた』は、全国の玩具店、オンラインストアなどで購入できる。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 陽子

子どもの頃からずっと新しいものが大好き。いろいろ趣味を楽しみながら、仕事、子育て、家事に奔走するワーキングマザー。埼玉県在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎 / 森脇陽子

トラックバック