テーマごとに配色されているから色選びに迷わない! アメリカ版『ABT10色セット』が日本でも発売開始!

どのセットの色が気になる?好きな色合いを選んで、もっと表現を楽しもう!

 

全部で108色の色展開を誇るトンボ鉛筆の水性マーカー「デュアルブラッシュペンABT」。しかし、色が多いとどの色を組み合わせたらいいのか悩む人も多いはず。そんな人におすすめな『ABT10色セット』は、アメリカで発売されている人気のセットで、選びやすくテーマごとにコーディネートされた10色がセットになっている。このセットが、このたび日本にも登場したというのでさっそくお試ししてみた!

 

コーディネートされた色だから、配色に迷わない!

トンボ鉛筆が発売する「ABT」は、筆芯と細芯の2つのペン先を備えたツインペン。

 

1984年に日米欧で同時発売されて以来、世界中のアーティストやグラフィックデザイナーに愛用されている。

水性染料インクなので発色が鮮やかで、混色したり、水筆(別売)でぼかしたりと、多彩な表現ができるのも魅力のひとつ。

日本ではすでに6色、12色、24色、36色のセットがあるが、今回加わったのはアメリカ版の10色セット。

あわせて読みたい: カラーマーカーの色選びに困ったら、きれいにまとまる色が揃った『ABT6色セット』を使ってみよう!

『ABT10色セット』(全5種・各10色入り・希望小売価格 税抜3,000円・2020年10月23日発売)は、パステル、プライマリー、ブライト、ギャラクシー、トロピカルの5テーマ。

テーマごとにセレクトされた9色の「ABT」と、インクをなじませて混色やグラデーションが自在にできる「カラーレスブレンダー」1本がセットされている。

パッケージもアメリカ版そのままとなっており、まさに逆輸入なアイテム。

さっそく全セットのカラーをチェックしてみよう!

 

淡く優しい色合いを選びたいなら「パステル」

  • 761 Carnation
  • 723 Pink
  • 062 Pale Yellow
  • 991 Light Ochre
  • 243 Mint
  • 451 Sky Blue
  • 452 Process Blue
  • 553 Mist Purple
  • 620 Lilac
  • N00 Blender Pen

 

基本となる配色がうまくいく原色を選びたいなら「プライマリー」

  • 055 Process Yellow
  • 925 Scarlet
  • 847 Crimson
  • 245 Sap Green
  • 346 Sea Green
  • 476 Cyan
  • 565 Deep Blue
  • 879 Brown
  • N15 Black
  • N00 Blender Pen

 

パッと鮮やかな色が揃った「ブライト」

  • 755 Rubine Red
  • 743 Hot Pink
  • 933 Orange
  • 055 Process Yellow
  • 133 Chartreuse
  • 173 Willow Green
  • 493 Reflex Blue
  • 665 Purple
  • 636 Imperial Purple
  • N00 Blender Pen

 

熱帯魚や南国の鳥を思わせる鮮やかな「トロピカル」

  • 133 Chartreuse
  • 291 Alice blue
  • 403 Bright blue
  • 407 Tiki teal
  • 379 Jade green
  • 685 Deep Magenta
  • 856 Poppy Red
  • 817 Mauve
  • 803 Pink punch
  • N00 Blender Pen

 

宇宙や銀河モチーフを描くのにおすすめの「ギャラクシー」

  • 725 Rhodamine Red
  • 755 Rubine Red
  • 296 Green
  • 443 Turquoise
  • 555 Ultramarine
  • 676 Royal Purple
  • 606 Violet
  • N55 Cool Gray 7
  • N25 Lamp Black
  • N00 Blender Pen

 

多彩な表現を楽しんで!

「ABT」の筆芯は型崩れしにくいナイロンファイバー芯。

毛筆と同じように線に強弱をもたせることができるのでダイナミックな表現ができる。

 

細芯は極細0.8ミリのポリエステル芯。

安定したラインが引けるので、ハイライトやエッジ感を効かせたい表現や文字などにおすすめ。

全セットに共通してセットされているのが「カラーレスブレンダー」。

無色インクのペンで、色同士をなじませる、ぼかすなどが可能。

「ABT」で描いたイラストの縁などをカラーレスブレンダーでぼかしていくと…

淡く柔らかな水彩調のイラストになった。

トロピカルを使用

コーディネートされた色だから、イラストや文字を描くときに配色に困らない。

全色を使っても、セットの中から数種類選んでも、しっくりと色がまとまる。

トロピカル使用

どの色を選ぶか迷ってしまう人も、「ABT」をはじめて使う人も、ぜひコーディネートされた『ABT10色セット』を選んでみて。

「ABT」は単色でも発売しているので、自分の好きな色や表現したい色が分かってきたら、1本ずつ買い足していくこともできる。

おうち時間が増えている今、絵や文字を書くことを楽しむ人が増えている。

これからはじめたい人も、久しぶりの人も! 『ABT10色セット』で気軽にいろんな色で表現することの楽しさを味わってみよう!

 

『ABT10色セット』は全国の文具店で発売中。

FUN ART STUDIO webサイトはこちら

FUN ART STUDIO online shopはこちら

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック