天然由来成分100%で唇をいたわろう! 『ドクターブロナー オーガニックリップバーム』で乾燥対策!

 

秋冬になると気になるのが、肌の乾燥。特に唇はうるおいを失い、カサカサになるとリップメイクだって綺麗に乗らなくなる…。そこで使ってみたいのが『ドクターブロナー オーガニックリップバーム』。天然由来の成分にとことんこだわったリップバームをさっそくおためし!

 

100%天然由来成分配合! こだわりのリップバーム

ドクターブロナーは、人・環境・地球にやさしいマジックソープで有名なカリフォルニアの石鹸メーカー。

今回ご紹介するのは、そんなナチュラルソープメーカーが生み出した天然由来成分100%のリップバーム『ドクターブロナー オーガニックリップバーム』(4g・全6種・価格 税抜800円・発売中)だ。

保湿成分アボカド油・ヘンプオイルなどのオーガニック原材料を95%以上使用し、食品基準の厳しいオーガニック認証も取得している。

 

唇ふっくら! 普段使いはもちろん、寝る前の唇パックにもOK

今回は「レモンライム」のフレグランスをおためししてみよう。

パッケージは、ドクターブロナーシリーズ共通の英語ロゴが際立つデザイン。

男性が持っていてもオシャレだ。

キャップを外して香ってみると、鼻を近づけるとほんのり感じる程度で、きつすぎなくてちょうどよい。

レモンとライムの柑橘系の香りはとても爽やかで、疲れ気味だった記者をすっきりとクリアな気持ちにしてくれた。

さっそく唇に塗ってみた。

最初はリップバーム表面が少し硬いように感じたが、唇の上を2~3往復するごとに柔らかくなっていく。

成分に含まれる保湿成分アボカド油が体温ですっと溶けていくからだろう。

塗った後はふっくらとした唇に。

上下の唇をすり合わせてみると、しっとりと触れあう感触が心地よい。

 

ポーチに入れて持ち運びたい、かわいいパッケージ

1度塗っておくと、長時間乾燥が気にならなかった。ベタつきがないのでリップメイクの下地としても使いやすい!

寝る前に少し多めに塗ってみると、翌朝唇が良い感じに! 就寝中の唇パックとしてもおすすめだと思う! 

 

多彩な香り! 他の5種類のフレグランスもご紹介

全部で6種類!

香りは全6種!それぞれの特徴は以下の通り。

無香料タイプがお好みの方には「ベビーマイルド」がおすすめ。香りが苦手な男性や子どもでも、これなら違和感なく付けられるだろう。香り付きの口紅やグロスの下地としても一番使いやすいタイプだ。

 

「ローズ」は女性人気が高いであろう、甘いバラのフレグランス。といっても甘すぎず、爽やかさも感じるフレッシュな香り。唇に塗った瞬間から気持ちを前向きに明るくしてくれた!

 

続いては「オレンジジンジャー」。ジンジャーのスパイシーな香りにオレンジの爽やかな香りが交じり合う。ややクセがあるが、スパイス系が大好きな記者にはたまらない香りだった。

 

ピンクのスティックが可愛らしい「チェリーブロッサム」は、ほのかに甘くて優しい香り。子どもにもフレグランスを嗅いでもらって一番気に入っていたのがこれ。清潔感のあるピュアな香りに気持ちが明るくなった。

 

最後は「ペパーミント」。シャキッと目を覚ましてくれるような爽快感があり、気分をリフレッシュしたい時にぴったり! パッケージの色も香りもどちらかというと男性向けなので、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれるだろう。

 

唇の荒れを防いでキメを整える、植物成分のうるおい

『ドクターブロナー オーガニックリップバーム』のうるおいの秘密は、その成分。

100%天然由来成分配合で、99.9%(ローズ/チェリーブロッサムは98%)がオーガニック成分だ。贅沢に配合された保湿成分のアボカド油・ホホバオイル、整肌成分のヘンプオイルが唇の荒れを防いで、キメを整えてくれる。

 

さらに、1本1本バームを手詰めするというこだわりよう。どうりでとても気持ち良い塗り心地なわけだ。

どのフレグランスも、ナチュラルな香りなのがいい! デザインもオシャレなので、気分に合わせて使えるように全種類揃えたくなってしまったくらいだ。

 

唇にこそ、気持ちよく使えるオーガニック製品を

口元のケアにこそ、成分にこだわった製品を選びたい。

この秋冬は、唇にやさしいオーガニックリップバーム『ドクターブロナー オーガニックリップバーム』でぷるぷるの唇を手に入れよう!

 

購入は公式オンラインストア楽天Amazonなどの他、ドクターブロナー取り扱い店舗にて。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

Mugi

3歳・1歳の2人の男の子を育てる在宅ライター。食・インテリア・コスメ・子育て系のコラムをはじめ執筆ジャンルは多岐にわたる。得意なことは料理と着付け。大阪府出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック