【おいしくなった】元・川崎市民が『元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン』リニューアル版を実食!【カップ麺】

リモートならニオイを気にする必要ないし

昨年11月に登場して川崎民の間で話題となった、神奈川県(川崎〜横浜中心)のクサうま系ソウルフード(ラーメン)を再現した『元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン』。前回はちょっと力不足感があったが、パワーアップして再登場ということで、元・川崎市民だった記者が、いまいちど食べてみた。

かき卵とピリ辛赤チップも増えて、麺ももちもち食感の中太麺に改良してグンと店の味に近づいた!

川崎から横浜にかけておなじみだった古参の焼肉店/ラーメン店「元祖ニュータンタンメン本舗」。世間一般で認知されているタンタンメンを予測して入店すると、良い意味で期待を裏切られる。


ゴマやラー油味ではなく、かき卵と赤唐辛子とにんにくのかけらのピリ辛麺。最初は「こんなのタンタンメンじゃない!」と思うのだけれど、強力なにんにくのハードパンチとかき卵×赤唐辛子×肉そぼろの平和なピリ辛塩系ラーメンが、もう一度食べたくなってハマるのだ。


そんな味がカップ麺として、地元を離れた人たちにも食べられるようになったのが昨年11月。しかし多くの店舗ファンにとっては、雰囲気は出ているものの今ひとつ残念な仕上がりだった。

 

そして今回、その復讐戦ともいうべきリニューアル商品が登場した。サンヨー食品『元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン』(93gうち麺70g・希望小売価格 税抜220円・2020年9月14日発売)は、見た目こそカップ左上部の「帰ってきた…」以外はほぼ同じなのでじゃっかん不安になるが、食べてみて納得した。

 

創業56年、川崎市民のDNAに刻まれた味をサンヨー食品が意地で再現!?『元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン』

勝手な推測だが、前回商品では”ニュータンタン”という存在の大きさが、今ひとつピンと来ないまま製品化されてしまったのではないか。川崎あたりは比較的ワイルドな土地柄なので、言葉荒く文句を言われ、「サッポロ一番」を抱えるインスタント麺の大御所メーカーの誇りをかけた開発につながったのではないか。


そんな架空ストーリーが浮かぶくらい、今回の『元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン』の変化は凄かった。


まず、湯入れ3分後のフタをめくった時から違う。一面にフワフワ黄金色のかき卵が大量に、巻き散らされた赤唐辛子のレッド、麺が見えない状態からのスタートである。香りは強力にんにくパンチ。その瞬間に期待度がふくれあがった。


中からすくい出した麺は、コシのしっかりしたブチっと食感の中太麺タイプにチェンジ。もちろん濃い味付けに適した油揚げ麺である。レッドをちりばめたかき卵ごと口の中に放り込むと、強烈なにんにくの風が吹いてきて、鶏肉そぼろとピリ辛豚ガラ塩味スープの旨味が爆発する。


これはかなりお店の味。もちろん厳密には違うけれど、そのエッセンスはばっちり取りこまれていて、これなら多くのファンも納得するのではないか(値段も違うし)。これが気軽にコンビニで手に入るなんて、元・川崎市民にとってはこの上ない幸せだ。

入手はスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:【担々麺カップ麺】知る人ぞ知る川崎方面の独自進化形『元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン』がカップ麺化!

あわせて読みたい:リモートはクサうまチャンス! 『出前一丁 ビッグカップ ゴリラ一丁 スタミナガーリックニラそば野郎』の猛烈にんにく・ニラ臭にシビレる!【画面越しなら大丈夫】

あわせて読みたい:担々麺カップ麺●本当にウマかったランキングBEST5<2019最新版>

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック