フランスの伝統菓子がヴィーガンケーキに⁈ 甘酸っぱい国産レモンがたっぷり『ウィークエンド シトロン』が数量限定で新登場!

 

レモンピールがキラキラと輝くフランスの伝統菓子が植物性材料のみを使用したヴィーガンケーキで味わえる! ビオクラ食養本社から発売する『ウィークエンド シトロン』は、卵・乳などの動物性食品やショートニング不使用のお取り寄せスイーツ! 原材料に国産小麦粉やてんさい糖、国産レモンなど厳選素材ばかり…ケーキの特徴であるグラスアロー(砂糖衣)はシャリシャリとしたさわやかな食感が楽しめる。食べる人のからだを想う気持ちが詰まったケーキは心もじんわり温かくなりそうだ。

 

ビオクラが目指す「からだ想いの食”良”品づくり」

ビオクラはマクロビオティックやヴィーガンの方向けの食品などを製造販売する食品ブランド。企業理念である“人と自然との調和の中に、生命(BIO)のある暮らし(KURA)を実現”は、妥協しない素材へのこだわりがある。「からだ想いの食生活を、いつでも、どこでも」を身近に感じられるInstagramやファンイベントなどの今後の取り組みにも注目だ。

今回紹介する『ウィークエンド シトロン』(内容量 410g・15.5cm×7.5cm×H6cm・希望小売価格 税抜2,200円2020年2月4日発売※数量限定)は、ひとつひとつ手作りで作られたヴィーガンケーキ。

原材料は、てんさい糖(国産甜菜)、有機豆乳、国産小麦粉、有機アーモンドプードル、国産レモン、なたね油、食塩、ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)、バニラ香料を使用。100gあたり370kcal、-18度以下で冷凍保存のままクール便で発送、冷蔵庫で約4時間~5時間おいて解凍する。

ケーキ部分は国産小麦粉や有機豆乳などを使用

卵や乳製品一切使用せず、本来の味に近づけるよう素材の配合にもこだわっているという。生地のしっとりさはもちろん、決め手となる焦がしバターの代わりには、フレッシュなバニラやレモンで風味を表現。冷解凍後でも砂糖掛けのシャリシャリとした食感が残るように敢えて厚めに仕上げている。

砂糖衣と国産レモンピールがさわやかに

グラスアロ―(砂糖衣)を彩る自家製国産レモンピールは、てんさい糖シロップに漬け込み、翌日以降シロップのみを鍋へ。1日ごとにてんさい糖を増やし糖度も高め何度も繰り返すこと2週間、芳醇なレモンピールが出来上がるのだ。

 

ヴィーガンケーキ『ウィークエンド シトロン』を実食!

商品がクール便で届いたら冷蔵庫で5時間ほど解凍を。密封されたビニール袋を開けると甘酸っぱいレモンの香りが! 持ってみるとややズッシリとした重さで、1本あたり約5~6人分ほどカットできる大きさ。

オーガニック食品だから出せる優しい甘さ!

ケーキの上部にはウィークエンドの決め手であるグラスアロー(砂糖衣)がたっぷり!  厚みも約3㎜ほど。

1本ずつ飾られたレモンピールは香り高くコントラストが美しく見るからにおいしそう…今回は香りも楽しむためストレートティーとセットでいただく。

実はバームクーヘンなどにかかっている砂糖衣が苦手な記者、甘すぎないかと思ってひと口食べると…国産のレモンはこんなに甘酸っぱい風味が出るのかとびっくり。そして、 てんさい糖のまろやかな甘みがおいしい!

ケーキは有機豆乳が包むようにしっとり、つぶつぶとした食感のアーモンドプードルがほどよいアクセントになっている。次々に増してくるレモンの甘酸っぱさ。そしてシャリシャリという食感も楽しい。飲み込んだ際に鼻を抜けるバニラとレモンの濃厚な香り、ビオクラの本気度を感じた瞬間だ。

レモンの強い酸味や香りが苦手な人は概念が変わるかも? 国産レモンの爽やかな香りと甘酸っぱさが味わえ、ペロっと軽くいただけるので、ためしてみる価値はある。 原材料もカラダに優しい素材ばかりなので食物アレルギーの人や子どもたちにも喜ばれそうだ。

なお、冷蔵庫の容量により解凍時間に差もあり水分が多く出てしまい風味が落ちる可能性も…そのため常温解凍は必ず避けて。再冷凍も品質が下がるため解凍後は1度で食べきるのがベスト。

週末は大切な家族や友人と一緒に『ウィークエンド シトロン』でおいしい時間を過ごしてみて!

 

卵・乳などの動物性食品やショートニング不使用の【限定品】ウィークエンド シトロンは、購入は公式オンラインショップで2月4日より数量限定で新発売。

※なくなり次第販売終了の限定品のため、購入はお早めに!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official images

トラックバック