練馬発で全国へ。固さが尋常じゃないずっしりクリーミー『イタリアンプリン』はもはやプリンじゃない!

セブンーイレブン限定で手に入る極上ドルチェ

 

当初は練馬周辺のセブンーイレブン限定でひっそりと発売されていたという都市伝説的な登場をした『イタリアンプリン』。そのプリンとは思えない固さと濃厚さがプリンファンの熱狂を呼び、その結果全国発売されたというので、どの程度固いのか、食べてみたい!

 

ライク・ア・沖縄の島豆腐! 型崩れと無縁の重量級プリンは、プリンの常識をくつがえすリッチすぎる一品だ!

SNSなどで話題を呼んだ練馬のセブンだけで見つかる極上スイーツが、セブンーイレブン『イタリアンプリン』(約76g・希望小売価格 税込248円・2019年12月3日発売)として全国のプリンファンに向けて登場した。

これはもう、パッケージを持った瞬間にずしり。ドテッとしたフォルムとともに、プリンと考えて良いのか迷うくらいだ。ちなみにイタリアでプリンというと、「ドルチェ・クレームカラメル」という名前で、濃厚な上に焼きプリンになっているのが特徴。なるほど焼き豆腐が普通の豆腐よりも固くなるようなものだろうか。

揺らしても全然プルプルしません

中身を出してみると、ほぼ沖縄料理好きな人ならわかる、島豆腐のフィーリング。通常より水分が少なく、ずっしりとした見た目が、炒めても型崩れしない島豆腐によく似ている。

それでは食べてみよう。スプーンを入れるのもつるんではなくて、ズブっという感じ。カスタードプリンから水分を抜いて、さらに焼いて固くしたような印象だ。

潰されてたまるかという意志を感じる

ためしにスプーンで上から押してみたが、通常のプリンとは違い、すごい抵抗感を感じる。

ところが実際に食べてみると、これがなめらか。濃厚な卵と生クリームがスムーズな舌触りとなった感じ。まったりしてるが、しつこくないので食べやすい。そして従来のプリンとは全く別物としておいしい。立派なデザートとして成立する、大人の舌をもしっかり喜ばすドルチェなムードが満点だ。

1個あたり230kcalで、糖質15.1gというのは、この満足感と引き換えならむしろ少なめに感じる。主な原材料は、卵、チーズ、砂糖、クリーム(乳製品)、加藤練乳、カラメルソース、ゼラチンなど。

入手は全国のセブンーイレブン(沖縄を除く北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州)で可能だ。

 

あわせて読みたい:『セブンーイレブン・今週の新商品』練馬区限定の「イタリアンプリン」がついに全国発売へ!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 清水葉子

トラックバック