まるで美容液! 皮膚科医の声から生まれた肌に優しい日焼け止め『ビューティフルスキン ノンUVミルク』は365日快適に使える

 

日焼け止めで肌が荒れやすい、日焼け止めの白浮きやベタつきが苦手……そんな方でも安心して使える日焼け止めが、『ビューティフルスキン ノンUVミルク』。皮膚科学に基づいてつくられた肌に負担をかけない優しい処方だから、敏感肌でもシーズンや天候を問わず毎日快適に使うことができる。従来の日焼け止めにありがちな毛穴づまりや白浮き、ベタつき、きしみ、塗りムラもないという。さっそくその使い心地をためしてみた!

 

赤ちゃんでも使える! 肌に負担をかけない日焼け止めで優しく紫外線対策

肌トラブルにより、「メイクをしたいのにできない」と悩む患者さんのために皮膚科の診察室で生まれた、株式会社スキンキュア・ラボ(新潟県新潟市)の化粧品ブランド「ビューティフルスキン」。皮膚科医が提唱する美肌理論をもとに、肌に負担をかけないシンプル処方のスキンケア・メイクアイテムを開発し、現在では約500以上の医療機関で採用されている。

そんなビューティフルスキンから肌に負担をかけない新しい紫外線対策として生まれたのが、乳液タイプの日焼け止め『ビューティフルスキン ノンUVミルク』(SPF30 PA+++・30ml・希望小売価格 税込3,220円・発売中)だ。

紫外線は夏だけでなく、1年中降り注いでいるもの。だからこそ毎日の紫外線対策が必要となる。とは言え「毎日日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまう」「顔がベタベタしたり白くなったりするのがイヤ」という方は多いだろう。記者もその一人だ。でも『ビューティフルスキン ノンUVミルク』は、8つのフリー(界面活性剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、カルボマー、香料、着色料、パラベン)で肌にやさしい処方を実現!

界面活性剤を使わず乳液状にする「ヴェールコート乳化」技術を採用し、乾燥を防ぎながら肌のバリア機能をサポートしてくれる。肌への負担が大きい紫外線吸収剤も使わず、肌に優しい「紫外線散乱剤」を使用してしっかり紫外線をカット。そのため敏感肌の方でも赤ちゃんでも、毎日安心して快適に使うことができる。

 

また従来の日焼け止めにありがちなきしみやのびの悪さ、白浮きも改善しているという。肌に優しいものは落ちやすいのでは?と思ってしまうのだが、ウォータープルーフなので汗や水にも強く落ちにくく、紫外線から1日中肌を守ってくれるのも嬉しい。

 

みずみずしい使い心地でよくのびる! きしみや塗りムラ、白浮きもなくメイク下地にもバッチリ

さっそく『ビューティフルスキン ノンUVミルク』を使ってみよう!

容器をよく振り、

適量を手のひらにとって、顔全体になじませる。パール大1個分が使用量の目安。

美容液や乳液のような使い心地

日焼け止めということを忘れそうになるくらい、美容液のようにみずみずしくなめらかな使用感! 肌にすーっと伸びてすみずみまで均一にムラなく広がるため、本当に塗りムラが出ない。ベタつかずさらっとしたつけ心地で重さを感じないため快適だ。きしみもなく、肌がしっとり潤って質感が整った感じになるのも嬉しい。白残りがないため、メイク下地としても使える。

もちろん顔だけでなく腕や脚などボディにも使用OK!

ウォータープルーフで水をしっかりはじく。落ちにくいが、紫外線防止効果を維持するために2~3時間ごとに塗りなおす方が効果を感じることができるだろう。

 

快適な使用感に驚き! 乳液タイプの日焼け止めが苦手な人にもおすすめ!

記者はベタつきや白浮きしがちな乳液タイプの日焼け止めが苦手だったが、『ビューティフルスキン ノンUVミルク』は一切そういったことがなく、快適な使い心地で驚いた。肌荒れを起こしたりニキビができたりすることもなく、これならオフシーズンでも毎日安心して使える。肌への密着度が高いのにクレンジングの必要はなく、石けんで落とせるというのも高ポイントだ。簡単にオフできるため、肌をこすりすぎてしまう心配もない。

欲を言えば、毎日顔と体にも使おうとすると30mlではすぐになくなってしまいそうなため、もう少し容量の多いものも欲しいところ。

使用感の良さはバツグンなので、従来の日焼け止めでは肌が荒れてしまう人、毎日快適に使える日焼け止めを探している人、赤ちゃんを含む家族みんなで安心して使える日焼け止めを探している人にはぜひおすすめしたい。

 

『ビューティフルスキン ノンUVミルク』は公式サイト、全国の医療機関などから購入可能だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

ワタナベシオリ

千葉県出身。編集・ライター歴10年以上。求人広告のライターや女性向けWebメディアの編集者などを経て、フリーライターに。 猫と北欧が好き。食べ物やコスメ、ファッションはナチュラル派。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック