つらい皮膚のかゆみ、アレルギー体質・皮ふ炎を改善!6歳の子どもから服用できる医薬品漢方。澄肌漢方堂『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』

皮ふ炎によるかゆみは、本当に辛いもの。我慢できずに掻いてしまい、炎症を悪化させたり、アカギレのような症状になったり。それが子どもの場合は、本人だけでなく見ている方が辛くなるほど。そんなあなたにご紹介したいのが澄肌漢方堂の『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』。西洋医学と東洋医学のメリットを合わせ持ち、第2類医薬品に認定されているため、しっかりと効果が期待できる。6歳の子どもから服用できるのもうれしい。そんな医薬品漢方製品なのである。

 

効果が期待できる「医薬品」の安心感

澄肌漢方堂の『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』は、第2類医薬品として認定を受けている製品。つまり、はっきりと症状を改善する効能が認められているのである。そこは健康保持を目的とする健康食品やサプリとは一線を画するところ。

それでいて漢方由来の生薬が皮ふ炎を抑える有効成分として働き、ステロイド剤は一切使用していない。6歳の子どもから服用でき、アレルギーを、体質から改善し皮ふ炎を治療する薬なのである。

しかも、医薬品ならでは、こだわりの品質管理をクリア。GMP(Good Manufacturing Practice)という製造所における製造管理、品質管理の基準を満たす工場で作られ、 原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたるすべての過程において、製品を「一定の品質」に保つように製造されている。

昨今の健康志向の考えが広まるなかで、「体に優しいものしか、口にしたくない!」という消費者が増えているなか、『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』は、防腐剤やタール色素など無駄な物は一切入れない、こだわりを姿勢を貫いている。

 

東洋医学と西洋医学、ダブルの効果

ところで、つらいアレルギー性の皮ふ炎の治療というと、抗炎症薬やかゆみを抑える薬などを処方されるのが通例。こうした西洋医学的な療法は、即効性があり対症療法が得意である。特に怪我などによる急を要する手当には有効だ。

一方で、生薬成分による東洋医学的な療法は、全身を健康にすることで病気を治療することが得意である。身体の中から体質を改善し、皮ふ炎が起きにくい身体作りを目指す方法で、飲み続けることで、穏やかに身体を改善する療法なのだ。

『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』は、薬剤師・薬学博士として西洋医学を学んだ松田実博士が、このような西洋医学と東洋医学の両者のメリットを取り入れて製品化したもの。この東洋医学をベースに、西洋医学的な有効成分も配合することで、両方のいいところを併せ持つ医薬品なのである。

皮ふ炎によるシミ、色素異常沈着も改善

『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』には、12種類の生薬、5種類のビタミン、アミノ酸※1、カルシウム※2が含まれており、それらが総合的に作用し、アレルギー体質を改善。皮ふ炎が起きにくい身体作りに効果がある。同時にかゆみや湿疹、アカギレを改善・予防し、それによる皮膚のシミや、色素異常沈着も改善する。

※1 DL-メチオニン

※2 乳酸カルシウム水和物

お試し商品を作らない“こだわり”

健康食品などのテレビ通販などで、よく目にするのは、「無料お試し商品」。しかし、『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』は、少しでも価格を安くするために、そうした「無料のお試し商品」は作らないというこだわりを貫く。

そのため、使ってみて身体に合わない等の事情が発生した場合には、返金を保証する「90日間集中プラン(定期コース)」を用意。このプランで申し込めば、通常税抜12、800円のところを、初回税抜5980円で購入することができるのである。

1万円超えの通常価格に驚く人もいるかもしれないが、医薬品漢方は高品質な成分が命。同種の漢方薬でも、メーカーによって効き目が違うというのは、漢方薬に携わる人々の間では常識だ。

しかも天然物である生薬は、その採取時期や産地、保管方法によって品質にばらつきが生じやすい。そのばらつきをなくし、しかも飲みやすい糖衣錠に加工し、錠剤の大きさ、色、形にまでこだわる。価格的には多少高くなるものの、飲み続けるものだからこそ、その品質には自信を持っている。そして、合わないときは返金も保証している。

また、この定期コースに申し込めば、持ち運びに便利なピルケースや、薬学博士監修の「症状別・脱ステロイドマニュアル」も進呈されるうえに、送料や代引き手数料も無料となる。

もちろん、定期コースではない、通常の単品購入もできるが、価格の割引きはなく、返金保証の対象外となるので、使ってみたい人には、まず定期コースで申し込むのがお得だろう。しかも解約したいときは、電話・メール1本でできる。

相談窓口など専門スタッフでアフターサポート

この『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』、ビンのふたを開けて錠剤を出してみると、緑色の少し大きめの粒で、つるりとして匂いもない。口にしても、漢方薬特有の匂いや苦みはなく、これなら子どもにも飲みやすいだろう。

用法は、通常1回3~5錠、1日2~3回服用だが、年齢や症状に応じて適宜増減することとなっている。

澄肌漢方堂の『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』が頼りになるのは、専門チームによるお薬相談窓口があるところ。「ほかにも服用しているクスリがあるが、飲み合わせは大丈夫だろうか?」等の事前の悩みにも応えてくれるし、実際の購入、服用後のアフターフォローも万全。よくある売りっぱなしの商品ではない。思わぬ副作用の問題にも、相談実績多数のチームがきちんと応えてくれる。通常の製品では望めないそうした対応も含めて、頼りになる体制を築き上げている。

子どもや自身の皮ふ炎、アレルギー体質の改善、かゆみやアカギレ・湿疹にお悩みの方は、納得して試すことのできる『アレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬』で本気で治してみてはいかがだろうか。

公式サイトはこちら

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック