冬はとろけるチョコレートのシーズン。白いパウダーが眩しい!冬季限定、グリコ 『 冬のくちどけマカダミア < ホワイト > 』

は気温が低く、チョコレートが溶けにくいため、口の中ですぐにとろけやすいチョコ菓子が続々と登場する。これからバレンタインまでは、そう、チョコレートの季節なのである。

明治なら「メルティーキッス」があるように、江崎グリコにも「冬のくちどけ」という冬季限定のブランドがある。11月26日、グリコ『 冬のくちどけマカダミア < ホワイト > 』の登場だ。

catch

このチョコレート、白に映えるブルーのパッケージがとてもオシャレで素敵だ。ターゲットを30~40代の大人の女性に据えているが、パッケージだけでなく、チョコにも真っ白のパウダーをまぶした贅沢な仕上げで高級感を醸し出している。

2

ホワイトチョコは厚みがあり、その分、マカダミアナッツが小さく、やや軽め。もう少しナッツらしさが欲しい感じもあるが、そこは好みにも依るところだ。スッと上品に口の中でワイトチョコが溶けて、ナッツも軽いので、これはついつい食べ過ぎてしまう。ひと箱はあっという間になくなってしまうから、カロリーには要注意だ。

3

1箱60g入りで366kcal。11月26日からオープン価格で全国発売開始。冬季限定で、およそ1月末までの販売となるが、在庫がなくなった時点で販売終了となるので、お早めにお買い求めを。

なお、「冬のくちどけ」ブランドからは、1週間後の12月10日には、『冬のくちどけアーモンドプレミオ』も発売となる。さあ、チョコレートの美味しいシーズンがやってきた。

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

トラックバック