パックンチョのいちごを、2色のチョコでフォンデュした!  『チョコ玉パックンチョ いちごのチョコフォンデュ』

永のパックンチョが生まれて、今年が30周年だそうである。パックンチョといえば、チョコやいちごのクリームをまあるくビスケットでくるんだボール型のビスケット。そのパックンチョを、森永は30周年の記念に、チョコフォンデュで提供し始めた。今年4月には、期間限定で登場させたが、10月15日からは『チョコ玉パックンチョ いちごのチョコフォンデュ』を発売開始だ。

1

断面を見るとよくわかるが、パックンチョのいちごを、ミルクチョコとホワイトチョコの2種類のチョコレートでフォンデュ。しっかりコーティングすることで、パックンチョを見事に隠している。このチョココーティングをはがすと、その下からは、いつものパックンチョが出てくるらしいので、ぜひ確認して欲しい。

3

食べてみると、これはもうチョコのコーティングがあるものの、食感はパックンチョである。ピンク系のパッケージには、ミッキーとミニーがチョコフォンデュをしているイラストが描かれていて、店頭でもとてもよく目立つ。希望小売価格は税別150円、全国で先週15日から発売中だ。

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

トラックバック