怪しい名前の例のヤツがお酒になった!『お嬢様聖水サワー』、その正体を探るべく飲んでみた

このパッケージイラストが……

2015年春、そのパッケージと名称の怪しさで結構な話題となったエナジードリンク「お嬢様聖水」。駅ナカでも売られていて、ネタ商品として購入した人も多いだろう。ただその中身は結構真面目な酵素ダイエットドリンク。それが今度『お嬢様聖水サワー』としてお酒となって再び登場した。

ダイエット中だって飲める酵素ダイエットドリンクでできたキレイを手に入れたいお嬢様のためのお酒!

以前は違う名称の会社だったが、昨年末にモロな”お嬢様聖水ジャパン株式会社(三重県鈴鹿市)”という名前の会社が誕生。そこから出たのが『お嬢様聖水サワー』(275ml×6本セット・希望小売価格 税抜1,980円・2017年12月20日発売)である。

イラスト違いでも味は同じです

 

以前の「お嬢様聖水」は酵素エナジードリンク。だいたいの男性が下ネタを連想したと思うが、その正体はお嬢様の聖水ではなく、お嬢様のための聖水というオチだった。つまり酵素でキレイにスリムになりたい人のためのドリンク。

 

あわせて読みたい:『お嬢様聖水』 下ネタ(?)ネーミングとレディコミばりのデザイン缶で話題のソレを真面目に飲んでみた!

 

そのコンセプトは今回も変わらず、今度はダイエット中禁酒する女性のためのお酒としてさらにパワーアップしたバージョンである。

アルコール分は8%と、結構高め

 

「ダイエットの大敵は我慢とストレスによる脳の疲労です。その限界から”どか食い=リバウンド”が起こります。そんな残念なことにならないために、毎日1本だけの頑張った自分へのご褒美として、活用してもらいたいですね」(メーカー・談)

 

素材は植物由来。ボタニカルな107種類の自然の恵みを凝縮したもの。黒糖、大根、人参、カブ、ゴボウなどなど。美容・健康とダイエットに役立つ酵素を凝縮し、ウオッカベースのスパークリングタイプのお酒に仕上げた。

 

とても体に良さそうな気がするボタニカル味の洪水。苦味と酸味とその他諸々の複雑怪奇な味わい!

では実際に飲んでみよう。かなり恐る恐るではあるが。ただウオッカベースでレモンと甘みで仕上げた炭酸タイプということである程度は予想が立つ。問題は植物発酵エキス。107種類もあったら、もはや予測は不可能。

飲んでみる。口の中に広がるのは森? 苦味が来て、それから酸味が来て、エナジー感のある酵素ドリンク的な複雑な味わいが出てくる。炭酸はそんなに強くない。まずくは、ない。でもこれ、美味しいと言っていいのかは悩むところ。

まあダイエット中に飲んでもいいお酒、キレイになれるお酒としては飲みやすい方だと思う。今よりキレイになりたい女性にオススメだ。

 

入手は公式サイトのネット通販が中心。メーカーの話では、今後チェーン店ではない飲食店でのアルコールメニュー用として拡販を予定しているそうで、以下のメッセージをくれた。
「ただいまお嬢様聖水ジャパン㈱では、お嬢様聖水サワーをアルコールメニューとして取扱い希望のバー、スナック、居酒屋、カフェ等の飲食店や小売販売を希望のコンビニ店等を大募集中です!
(問)業務用卸販売を希望の店舗様専用の卸専用サイト(※一般の方の会員登録はお断り)

 

秋葉原のお店の通路にありそうな…

 

ちなみに公式サイトでは、『お嬢様聖水サワー』とのコラボでお笑いコンビ「さらば青春の光」によるコント動画が公開中。「恒河沙(ごうがしゃ)!?」のセリフで人気の”ぼったくりバー”ネタが『お嬢様聖水サワー』とともに楽しめるので、お笑いファンはそちらもどうぞ。

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック