あのふりかけがカラーボールペンに! 『ゆかりチャーム付ボールペン』はネタと実用を兼ねる新作グッズ

 

ちょっと変わった文房具が好きな人にぜひ知ってほしい新商品が発売された。それが、ふりかけのゆかり・かおり・あかり・ひろしのチャーム付ボールペン』! 各パッケージの色をイメージしたインクカラーになっているとのことで、全4色のボールペンをためしてみた。

 

ふりかけの「ゆかり」シリーズに新たなグッズが登場

三島食品(広島県)は、ふりかけや調味料を製造・販売する食品メーカー。主力商品のふりかけでは、赤しそを使った「ゆかり」が広く親しまれている。また、青じそふりかけの「かおり」・ピリ辛たらこふりかけの「あかり」・広島菜を使った混ぜご飯の素「ひろし」など、人の名前のようなネーミングも人気だ。

容量のバリエーションが豊富なだけでなく、ユニークな商品やパッケージデザインを活かしたグッズの販売も行っている。見た目はペンなのに中身はふりかけという「ゆかり・かおり・あかり ペンスタイル」は、一時期SNSで話題になった。

そして今回、本当にペンとして使えるボールペン4種類が新発売! ふりかけを模した小さなチャームが付いており、インクは各商品のパッケージをイメージした色合いとなっている。

 

  • 「ゆかり」チャーム付ボールペン(希望小売価格 税込374円・発売中)
  • 「あかり」チャーム付ボールペン(希望小売価格 税込374円・発売中)
  • 「かおり」チャーム付ボールペン(希望小売価格 税込374円・発売中)
  • 「ひろし」チャーム付ボールペン(希望小売価格 税込374円・発売中)

 

実際にボールペンを使って、書き味や色味をチェックしてみよう。

 

パッケージのあの色で文字が書ける!

まず目を引くのが、ふりかけ型のチャーム! お馴染みのパウチタイプのふりかけが、そのまま小さなチャームになっているのだ。ボールチェーンで本体のクリップ部分に取り付けられていて、文字を書くたびにゆらゆらと揺れるのがかわいらしい。

ボールペンのベースは、三菱鉛筆のユニボールワン 0.38mm。本体はホワイトで、パーツの一部がインクと同じカラーになっている。ボールペン本体がシンプルなだけあり、個性的なチャームに目が行きやすい。学校や職場で使えば、「何が付いてるの?」と聞かれて話題になること間違いなし! 

実際に文字を書いてみたところ…書き心地は非常になめらかで、スルスルと気持ちよく書き進められた。そして何より注目したいのは、色の再現度と鮮やかさ。「ゆかり」の紫、「かおり」の緑、「あかり」のオレンジ、「ひろし」の黄緑がかなり忠実に再現されている! ふりかけのパッケージを手に取る時は気付かなったが、どれもとてもきれいな色だ。

0.38mmの細い線がにじまずに書け、細かい文字が潰れにくいのも良い。卓上カレンダーに予定を書き込んだり、手帳にメモを取るのにも重宝する。見た目のかわいさ・面白さだけでなく、カラーボールペンとしての性能も申し分なく、ウケ狙いで買っても後悔しないアイテムではないだろうか。お気に入りのふりかけの色を選ぶのはもちろん、全色集めるのもおすすめ! ちょっとしたプレゼントにもぴったりだ。

 

公式オンラインストアにはユニークなグッズが多数!

ちなみに、三島食品公式オンラインストアでは他にも様々なオリジナルグッズを販売中。マスキングテープ・インク・一筆箋などの文房具から、Tシャツ・靴下などの衣類まで。どれもインパクト抜群なので、「ゆかり」シリーズのファンはぜひチェックしてみてほしい。

 

チャーム付ボールペンは、三島食品公式オンラインストアにて先行販売されている。

 

公式サイトはこちら

記者

カノウサキ

複数の大手Webメディアにて、飲食店・クリニック・コスメ・日用品などを紹介してきた紹介ライター。 普段から何か購入する前には調査や比較をするため、時間が足りなくなりがち。

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック