【数量限定】お漬物屋が作る和スイーツ『焦がし醤油ばうむ』で素敵なティータイムを

 

お漬物屋さんで使われる焦がし醤油を使って作られたバウムクーヘン『焦がし醤油ばうむ』。ほんのり感じるお醤油の味わいはどこか懐かしさを感じるような味。手軽なサイズ感で日持ちもする、贈り物にも最適なバウムクーヘンをご紹介しよう。

 

お漬物屋さんがバウムクーヘンを作ったら

丸越(愛知県)は大正3年創業の老舗漬物メーカー。醬油漬け、酢漬け、ぬか漬け、塩漬け、キムチなど、様々な漬物を作り続けている。全国に90店舗以上の漬物専門店を構えており、季節や風土を大切にした安心でおいしい漬物作りにこだわっている。

今回ご紹介するのはそんなお漬物屋が作った和スイーツ『焦がし醤油ばうむ』(1個・希望小売価格 税込626円・発売中)

丸越でロングセラーとなっているきゅうりの漬物「サラキュー焦がし醤油味」のタレを使用。明治6年の創業の老舗「正田醤油」の焦がし醤油が使われており、香り高く甘口のタレがおいしさの秘密。

 

ほのかに感じる醤油の香ばしさ

直径約12㎝のちょっと小ぶりなバウムクーヘン。封を開けると、ほんのりと焦がし醤油の香ばしい香りを感じる。

紅茶とともにティータイムを楽しんでみよう。バター風味ということで、芳醇な香りが口いっぱいに広がる。生地はしっとりとなめらか。卵のおいしさの中にコク深さがあり、余韻にほんのりとお醤油の香ばしさが残る。

 

醤油と言っても甘口なので、まろやかな風味。決して醤油の風味が強いわけではないのだが、日本人にとってはどこか懐かしさを感じるようなおいしさ。子どもから大人まで世代を問わずに喜ばれる味わい。

 

『焦がし醤油ばうむ』とともにティータイムを過ごすなら

日本茶やほうじ茶とも相性が抜群。お抹茶を点ててお茶会を楽しんだり、日本酒のお供として大人なスイーツタイムを過ごしたり。バニラアイスやお豆腐のジェラートなど、ひんやりスイーツを添えてカフェプレートとして楽しむのもいいかも。

そのままでもおいしいが、軽く温めて頂くと、よりふんわり感と香ばしさが増す。電子レンジで数十秒加熱したり、トースターの余熱を使って少しだけ温めてみて。しっとりなめらかな生地がふわふわになり、作り立てのようなおいしさと風味が楽しめる。

 

日持ちするからバレンタインやホワイトデーのギフトとしても

ちょっとした差し入れやおもたせにも。みんなと楽しむティータイムに、食べ切りやすいサイズ感なのもうれしい。これからのシーズンは、バレンタインやホワイトデーの贈り物としても喜ばれるはず。常温で日持ちもする。

※賞味期限は製造から常温で90日間

『焦がし醤油ばうむ』は公式オンラインショップや丸越の店舗にて発売中。丸越オリジナル商品ということで、店頭では1日で完売したこともある人気商品なので、お早めに。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエイター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック