カカオの香りを堪能できるビターな味わい。マルサンアイの『ひとつ上の豆乳 豆乳飲料 ココア 200ml』が新発売

 

厳選した原材料を使用したこだわりの豆乳シリーズに『ひとつ上の豆乳 豆乳飲料 ココア』が仲間入り。ビターチョコレートのようなほろ苦さと控えめな甘さが絶妙にマッチしたおいしさをチェックしてみよう。

 

大豆作りから取り組んだひとつ上の豆乳シリーズ

マルサンアイ(愛知県)は、大豆を主原料とする味噌や豆乳などを手がける食品メーカー。豆乳メーカーとして、原材料、品質管理、製法、デザイン、すべてにこだわり抜いて開発したのが「ひとつ上の豆乳」シリーズである。

 

「ひとつ上の豆乳」シリーズは、絹のようななめらかな飲み心地と澄んだ味わいが人気。豆乳のおいしさを極めるために、豆乳のための大豆の育成からこだわっている。国産プレミアム大豆「るりさやか」を採用しており、大豆特有のえぐみを抑え、さらりとした飲み心地を実現。

今回ご紹介するのは新商品『ひとつ上の豆乳 豆乳飲料ココア』(200ml・希望小売価格 税込118円)

 

国産プレミアム大豆るりさやかと、ガーナ産カカオ豆100%のココアパウダーを使用。豊かなカカオのコク、香り、ほろ苦さと甘さのバランスが絶妙な大人の豆乳飲料となっている。

1パック(200ml)あたり (※)

  • エネルギー 139kcal
  • たんぱく質 4.6g
  • 脂質 5.4g
  • コレステロール 0mg
  • 炭水化物 17.9g
  • 食塩相当量 0.6g
  • イソフラボン 33mg

(※)サンプル品分析による推定値

植物性たんぱく質が豊富な豆乳。また、大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることでも知られている。

深緑色のシックなパッケージが、大人の雰囲気を醸し出している。

バイオマスプラスチックを25%以上配合した「バイオマスプラストロー」を採用しており、地球環境への配慮にも取り組んでいる。

 

よりカフェ感を楽しみたい時にはホットがおすすめ

まずはそのまま飲んでみよう。「これが豆乳? 」と思うほど、すっきりとした味わい。豆乳はそれなりにクセや豆の風味が強い印象があったが、それがないので飲みやすい。コクのあるココアの風味と甘みで、カフェのココアを飲んでいるかのよう。甘さと言っても、甘ったるさはなく、サラリとした飲み心地。

アイスでもホットでも、どちらでもおいしく頂けるということで、次は温めて飲んでみよう。

温める時は、必ずカップ等の別容器に移してから電子レンジで加熱を。

ホットにすると、よりカカオの香りと豆乳の味わいが感じられる。カカオの華やかな香りがふわっとしてそれだけで癒し。そのままで飲んだ時にはそこまで強く感じなかった豆乳の味わいが、温めることで後味に豆乳のおいしさがスッと残る。

カフェで頂くココアのようなおいしさは、ちょっと一休みしたい時などにもおすすめ。ちょうどいい甘さとカカオの豊かなコクがおいしい。カラダもじんわりと温まるので、寒い冬にはぜひホットで飲んでみて。

国産プレミアム大豆で作られた『ひとつ上の豆乳 豆乳飲料ココア』は全国で販売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック