医療用ウィッグ制作会社が開発! 頭皮から美髪を育む『MIKURU シャンプー&コンディショナー』を一足先におためし!

 

髪のパサつきや頭皮のうるおい不足が気になる、髪にハリコシやツヤがなくなってきた……そんな方におすすめなのが、医療用ウィッグの製造・販売をしている会社から誕生した、『MIKURU シャンプー&コンディショナー』。美髪・エイジングケア(※1)のためのシャンプー&コンディショナーだ。美髪を育てるために必要な厳選成分を配合しており、頭皮と髪の毛にアプローチ。生き生きとした毛髪へ導いてくれるという。2022年3月の一般発売に先駆けて、その使用感をおためししてみた!

(※1)年齢に応じたケア

 

美髪・エイジングケア(※1)用に誕生した『MIKURU シャンプー&コンディショナー』

株式会社マツノ(富山県)は、美と健康をテーマに創業50年以上で近年医療用ウィッグの製造・販売も手掛ける会社。

そんなマツノが展開するエイジングケア(※1)の未来をつくるブランド「MIKURU(ミクル)」から、医薬部外品の「MIKURU薬用ヘアローション」に配合された成分を活かした、『MIKURU シャンプー&コンディショナー』(各200g・価格 各税込4,400円)が誕生!

医療用ウィッグ制作現場からの声をもとに、「きれいな髪で自信を持てるように」との思いを込めて開発された、美髪・エイジングケア(※1)用シャンプー&コンディショナーだ。現在は応援購⼊サービス「MAKUAKE」にてクラウドファンディングを実施中。一般発売は3月からとなる。

 

大きな特長は、健やかな頭皮環境を整え、美髪を育てるために必要な成分を厳選して配合していること。頭皮環境にアプローチするのは、レモングラス葉/茎エキス、チャ葉エキス。毛髪強化にアプローチするのは、ウメ果実エキスやカンゾウ根エキス、ダイズ種子エキスなど。そして育毛にアプローチするのは、クズ根エキスやガゴメエキス、アカヤジオウ根エキスだ。それぞれのエキスが頭皮と髪の悩みにアプローチしてくれるという。

(※1)年齢に応じたケア

 

フレッシュでフルーティーな香りに気分も上がる! 泡立ちがよく爽快な洗い上がりでしっとりまとまる髪に

さっそく『MIKURU シャンプー&コンディショナー』をおためししてみよう!

まずはシャンプーから。シャンプーとしては珍しいチューブ型パッケージ。デザインはシンプルで清潔感があり、おしゃれ。バスルームがスッキリ見えるのもいい。

フタがぱかっと開くタイプで本体とくっついているため、片手で開け閉めできるのも便利。

手にとってみると、透明で濃厚なテクスチャー。シャンプーとしては珍しく、少しジェルっぽい、かためのテクスチャーだ。香りはフルーティーで爽やかな甘さを感じる。とても心地よく、気分が上がる香りだ。

実際に髪を洗ってみると、泡立ちの良さに驚き。すぐにたっぷり泡立ち、頭皮も髪ももちもちのきめ細かい泡でしっかりと洗うことができた。すすぎ後は、頭皮の汚れが落ちてスッキリ爽快な洗い上がりに。けれど髪はきしみ感やゴワつきなどはなく、しっとりとなめらかな洗い上がりに。コンディショナーを使う前でも指通りがなめらかだった。

髪の水分をよく切ったら、次はコンディショナーを使用。こちらもチューブ型でシンプルなデザインのパッケージ。

シャンプー同様、フタがぱかっと開いて本体から外れないため使いやすい。

手にとってみると、もったりとした濃厚な白いクリームテクスチャーだ。香りはシャンプーと同じだが、こちらのほうがやや甘さが控えめなように感じた。髪全体になじませて、5分ほど放置。髪1本1本にしっかり密着し、パックしてくれるような感覚だ。フルーティーで心地いい香りに包まれて、前向きな気分になれるのも嬉しい。

 

よくすすぎ、タオルドライ後にドライヤーで乾かすと、頭皮はスッキリしているのに乾燥が気にならず、爽快な仕上がりに。いつもドライヤー後にパサつきや髪の広がりを感じていたが、髪は毛先までしっとりとうるおい、ツヤのあるまとまりやすい仕上がりに。髪にハリとコシが出て、元気になったようにも感じる。

 

これは毎日使い続けていくのが楽しみだ。毎日のシャンプー&コンディショナーで手軽に美髪ケアができるのは嬉しい!

 

年齢による頭皮&髪悩みを毎日のシャンプー&コンディショナーでケアしよう!

『MIKURU シャンプー&コンディショナー』は、健やかな頭皮環境を整えて美髪を育みたい方、頭皮や髪の乾燥が気になる方、年齢が進むにつれて頭皮や髪の毛の悩みが増えてきた方、手軽に美髪・エイジングケア(※1)をしたい方に男女問わずおすすめ。

(※1)年齢に応じたケア

 

公式サイトはこちら

記者

ワタナベシオリ

千葉県出身。編集・ライター歴10年以上。求人広告のライターや女性向けWebメディアの編集者などを経て、フリーライターに。 猫と北欧が好き。食べ物やコスメ、ファッションはナチュラル派。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック