炊いたごはんに混ぜるだけ! 『素材を愉しむ まいたけご飯の素』で秋の味覚を楽しもう

 

上品でまろやかなだしの味わいと、秋の味覚まいたけたっぷりのごはんを食卓に。おうちで料亭のようなおいしいごはんを楽しむなら『素材を愉しむ まいたけご飯の素』がおすすめ。炊き立てのごはんに混ぜるだけの手軽さで贅沢なおいしさを堪能しよう。

 

鰹節専門店が作る2合用の混ぜご飯の素

にんべん(東京都)は、300年以上続く鰹節専門店。本物の鰹節作りを追求することはもちろんのこと、鰹節を使った数々の商品も開発している。今回ご紹介するのは、にんべんの人気商品「素材を愉しむ 混ぜご飯の素」シリーズより9月~11月期間限定商品。

『素材を愉しむ まいたけご飯の素』(140g・希望小売価格 税込648円・発売中)

にんべんの最上位ブランド「NIHONBASHI」は、だしのおいしさを活かすのはもちろんのこと、こだわりの素材が使われているのが特長。「素材を愉しむ 混ぜご飯の素」シリーズにも、ご飯の味を引き立てるかつお節の上品な風味とこだわりの素材が使われている。

封を開けると、中には混ぜご飯の素が1袋。

国産のまいたけに、にんじん、油揚げが具材として入っている。化学調味料や保存料、着色料は使用していない。

具材もたっぷり。器に取り出しただけでもだしのいい香りがふわっと漂う。

混ぜご飯の素ということで、炊いたごはんに混ぜ合わせるだけの手軽さなのもうれしい。用意するのは、2合分の白米だけ。

 

誰でも簡単! 炊いたごはんに混ぜるだけ

ごはんは少し固めに炊いておくとよりおいしいということで、いつもの水加減よりもやや少なめの水量で炊いてみた。炊飯機能の「かため」モードを使ってもいいかもしれない。

炊き立てのごはん2合分を大きめのボウルなどに移し、『まいたけご飯の素』を液ごとすべて加える。

ごはんの余熱で、だしの華やかな香りがさらに増す。素早く全体を混ぜ合わせて味を馴染ませよう。

 

だしの風味と秋の味覚を

混ぜるだけで簡単にまいたけご飯のできあがり。かつおだしのきいた味わいとしょうゆのやさしい甘さで、まいたけの風味が引き立っている。細かく刻まれたにんじんがたっぷりと入っており、お揚げにジュワッと染み込んだだしの味わいがたまらない。

まいたけの存在感もしっかりと感じられ、食感がいい。卵焼きやお吸い物を添えて和定食を楽しんだり、冷めてもおいしいので行楽弁当の一品にも便利。今回は白米だけで炊いてみたが、もち麦やきびなどの雑穀を加えて炊いても風味豊か。味付きの油揚げで包めば、いなり寿司も手軽に楽しめる。

鰹節専門店が作る贅沢な味わいは、家族が揃う日のごはんや季節のあいさつとしてちょっとした手土産にもおすすめ。

9月~11月の秋季限定商品『素材を愉しむ まいたけご飯の素』は、にんべん店舗、デパート売り場、公式オンラインショップで発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック