季節限定! 簡単なのに贅沢な味わい『だしを愉しむ ほたてご飯の素』で年末年始は、楽して豪華な炊き込みご飯を楽しもう!

国産のほたてが豪華で、おいしすぎる…!

 

鰹節専門店から、混ぜて炊くだけで、贅沢なほたてと“追い鰹節”のだしが効いた『だしを愉しむ ほたてご飯の素』が新発売。年末年始のおもてなしにもぴったりの、冬季限定炊き込みご飯の素をおためししてみよう!

 

鰹節専門店渾身の「NIHONBASHI」シリーズの炊き込みご飯の素

イのマークでおなじみの、株式会社にんべん(東京都)は、鰹節やだし調味料などの製造販売や、弁当・惣菜販売専門店を手掛けている。なんと元禄12年創業というから驚きだ。創業より300年以上にわたり、鰹節に携わっている超老舗!

『だしを愉しむ ほたてご飯の素』(132.5g・希望小売価格 税込1,080円・2021年12月1日発売)は、同社の専門店ブランド商品である「NIHONBASHI」シリーズの炊き込みご飯の素。冬が旬の国産のほたてを使い、本枯鰹節の濃厚だしで仕立てた上品な味わいだ。

特筆したいのは、炊き上げてから鰹節を混ぜ込む“追い鰹節”。仕上げに「フレッシュパック本枯鰹節物語」を混ぜ込んで、豊かな風味を堪能できるようになっている。

 

“追い鰹節”に使われる本枯鰹節は、荒節から裸節、さらにカビ付けと天日干しを繰り返してでき上がる。4〜6ヶ月かけじっくりと仕上げた本枯鰹節は、高級料亭などでも使われる、上品でまろやかな味と魚臭さの少ない芳醇な香りになるのだとか。

 

混ぜて炊くだけで豪華な炊き込みご飯を堪能

鰹節の濃い香り!

オホーツク海北部の厳しい環境下で育ったほたては、繊維質が強く、歯ごたえのある食感が愉しめるのが特徴だ。ほたての風味を引き立たせるため、生姜など他の食材の選定にもこだわっているのだとか。

記載の作り方を参考に、調理開始。

用意するものは、お米2合(カップ2杯)と『だしを愉しむ ほたてご飯の素』。

お米を十分に洗い…

調味だしと水を加える。

白米2合を炊く水加減に合わせ、具材を液ごと入れる。ゆっくり混ぜて、炊飯開始。徐々にだしの効いた良い匂いが漂う!

炊き上がったら「フレッシュパック本枯鰹節物語」を加え、よくかき混ぜて10分蒸らして完成!

彩りに小ねぎを散らしてもおいしそう。

薄茶色く色付いたお米をひとくち頬張れば、ほたての旨みが…! まるで波が押し寄せるように、だしの風味も広がる。

まさにだしを味わうための炊き込みご飯。豪華で品が良く、シンプルに鰹節とほたての旨みで攻めてくる。お米の甘みがより引き立ち、いつものご飯なのに、ふっくらジュージーになった気分に。

散らしたネギが、生姜の風味を引き出すアクセントになる。

旨みの高波がどど〜ん! と押し寄せる味わいで、2合ほとんど平らげた。ちなみに少し残った炊き込みご飯でおにぎりを作ってみたが、いつもの海苔よりも香ばしく感じる。他の食材の旨みまでも引き出しているよう…!

豪華なほたてとだしが香る味わいは、メニューの主役に匹敵する! これからイベントの多い季節にぴったりの、豪華な炊き込みご飯でメニューを彩ってみては。

購入は公式オンラインショップから。

公式サイトはこちら

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック