【炭酸エナドリ】『モンスター スーパーコーラ』が迷彩柄のボディの超炭酸にリニューアル!

ここぞというときに!

 

コンビニや自販機でおなじみのエナジードリンクは、昨今ではさまざまなバリエーションで愛好家を楽しませてくれている。そんなエナドリといえばのモンスターエナジーから『モンスター スーパーコーラ』がリニューアル発売。変更点や味わいの違いなどをエナドリ好き記者が紹介していく!

 

コーラと思いきや迷彩柄に合わせてあの味わいも潜んでいた……?

日本でも確固たる地位を確立している、モンスターエナジージャパン(東京都)のアグレッシブなエナドリブランド「モンスターエナジー」の『モンスター スーパーコーラ』(355ml缶・希望小売価格 税込205円・2022年8月9日発売)は、2021年に発売された「モンスター スーパーコーラ ボトル缶500ml」がリニューアルしたもの。

 

500mlの缶ボトルからモンスターエナジーおなじみの355ml缶に切り替わり、コーラフレーバーはそのままにパッケージデザイン・炭酸力・容量・価格がリニューアルされた。ちなみに『モンスター スーパーコーラ』は、日本限定のオリジナルフレーバーである。

ひと目見て、グローバルで展開されている『モンスターエナジー アサルト』のパッケージを継承した、迷彩柄のパッケージに赤いモンスターロゴという見た目のインパクトがまず凄い。

 

迷彩柄がある分、以前の500ml缶よりは明るい印象だ(エナドリ好き記者の独断と偏見による比較)。味わいの大きな変更点は、エナジーと炭酸の刺激をより感じられるようにガス圧を強めた超炭酸となったこと。

含まれている成分的には、L-アルギニン53mg、高麗人参85mg、カフェイン40mgにガラナ種子エキスなど大きな変更はない。超炭酸となって、味わいの印象がどう変わっているのかに注目していただいてみよう。

水色は、濃いカラメル色の力強いコーラという趣きも変わらず。

ごくりといただいてみると、ファーストインプレッションとしては甘さもありつつ酸っぱさもある刺激的なコーラの味わい。口の中に後味が残らないので飲みやすいのだが、迷彩でカモフラージュされているかのように飲み口はコーラで、後味としてはガラナの印象が強い。

日本限定フレーバーの『モンスター キューバリブレ』も、北海道でおなじみの炭酸飲料「キリンガラナ」のような味わいが特徴的だったが、『モンスター スーパーコーラ』はコーラと「キリンガラナ」をちょうどよく掛け合わせたような味わい。

 

炭酸が強くなったことでコーラの甘さの印象が少なくなった分、ガラナの印象が以前より強くなったということだろう。実際、缶に少し残っていた炭酸が少なくなった状態の飲み口はコーラの甘さが際立っていた。

『モンスター スーパーコーラ』は、レギュラーの「モンスターエナジー」は甘すぎて苦手という方や、コーラや「キリンガラナ」が好きという人におすすめのエナドリだ。飲み過ぎには気をつけたいが、集中力を高めたいここぞというときに身体にブチ込もう!

 

全国のスーパー・コンビニなどで購入可能だ。

公式サイトはこちら

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official images

トラックバック