激濃ソース×濃厚マヨ『日清焼そばU.F.O. 極濃(ごくのう)モンスター焼そば』をパンに挟んで食べたらヤバすぎた!

焼そばはどこまで濃くなれるのか

 

特濃ソースでおなじみの「日清焼そばU.F.O.」から、『日清焼そばU.F.O. 極濃(ごくのう)モンスター焼そば』が新登場! 「激濃ソース」と「濃厚マヨ」を組み合わせた、史上最高クラスの濃さとなった「U.F.O.」だ。少し前に発売された商品も濃すぎたのに、これ以上どうしようというのだろうか。この濃すぎる味わいをアレを使って攻略してみた!

 

攻略アイテムは「食パン」。モンスター焼きそばを挟んで食べる「U.F.O.モンスター焼きそばパン」がうまい!

モンスターハンターの発売に合わせた新商品か?

日清食品(東京都)の「日清焼そばU.F.O.」は昨年45周年を迎えた。最近は濃厚に対する執念が強く、45周年の記念商品には「濃い濃い濃厚ソース」の1.3倍の濃さとなる「日清焼そばU.F.O. 45周年記念プレミアム 史上最極どろっと特濃ソース」を発売。濃厚の限界に挑んでいた。

だが、これで日清食品が満足するわけがない。史上最高クラスに濃い味わいを目指すべく『日清焼そばU.F.O. 極濃モンスター焼そば』(172gうち麺120g・希望小売価格 税込298円・2022年6月27日発売)を新開発した。ソースには「史上最極どろっと特濃ソース」を上回る「激濃ソース」を使用。さらに、追加トッピングで卵黄をたっぷりと使った「濃厚マヨ」を加えたモンスター焼きそばだ。

麺の量は、通常よりも10g少なめ

ちなみに、通常の「日清焼そばU.F.O.」にはマヨネーズは付いていない。今回わざわざ追加したのは、単にソースだけを濃くしただけでは味が成立しなくなるからだろう。以前発売された「日清焼そばU.F.O. 45周年記念プレミアム 史上最極どろっと特濃ソース」を記者も実食したが、「濃すぎだろ!」と言わざるを得ないほどの味。塩辛さもあり、濃さの頂点を極めていた。

 

この濃さを上回るために再びソースを濃くすると、味が崩壊してしまうのは想像にたやすい。そこで、マヨネーズを加えることでソースのデメリットをカバーしつつ、全体の味を濃くしようとしたのだろう。

パッケージはモンスターの重厚さを感じさせるデザイン。フォントが激震している。フタや中フタをよく見てみると、おすすめの食べ方「U.F.O.モンスター焼きそばパン」なるものを発見。なので今回は「U.F.O.モンスター焼きそばパン」で食べてみよう。

 

 

内容物は「激濃ソース」と「濃厚マヨ」入り。パンは用意しよう。

 

まずは5分の湯戻し。その間、食パンをラップの上に1枚用意しておく。

湯戻しができたら「激濃ソース」をかけ、しっかりとまぜる。イカ墨に見えるほど真っ黒。

具材はおまけ程度。キャベツすらほとんどない

“「U.F.O.」史上最も濃くてどろどろとした「激濃ソース」”とのことだが、実際にはかなりサラサラで、混ぜやすい。麺は極太ストレート麺。

5分の待ち時間にラップを敷き、食パンを1枚セット

次に焼きそばを食パンの上にはみ出るくらい乗せ、2枚目の食パンでサンド。

推奨の8枚切食パンを使用

ラップで崩れないように包み、カット。

 

このボリュームと見た目、食欲をそそる

断面を上にして並べる。ワイルドに2個同時波模様でマヨネーズをかけ、仕上げに「U.F.O.ふりかけ」でアクセントをつければ完成だ。

 

 

ガブっと大きく口を開けてかぶりつく。極太ストレート麺を噛み切る食感が気持ちいい。食べるとすぐに、焼きそばソースの旨みがじゅわっと口に広がっていく。極濃という言葉にぴったりな、コク深さと存在感。今回おすすめの8枚切食パンを使用したが、食パンに負けない濃い味わいが楽しめた。

 

マヨネーズの濃厚さはすぐには分からないのだが、「激濃ソース」に負けない酸味とまろやかな味わいを感じることを考えると、やはりこちらも濃厚なのだろう。マヨネーズを加えることで、単調な味わいに変化が起こり、最後まで食べやすかった。

藤岡弘、出演CMのようにリズムに乗ってワイルドに作ってみたい

ちなみに、食パンで挟まずにそのまま食べてみると、当たり前だが超濃い。「日清焼そばU.F.O. 45周年記念プレミアム 史上最極どろっと特濃ソース」と比べるとそこまで変わっていないと思うが、塩辛さやコショウを入れすぎたようなヒリヒリ感がある。

マヨネーズをかけると変に酸味が強調されてしまい、ほぼマヨネーズの味に変化。マヨラーにはとても刺さりそうだが、なかなかジャンキーな味わいだ。これはこれでクセになりそうだが、身体には悪そう……。

 

マヨネーズを新たなしもべに引き連れて濃厚の頂点を目指した『日清焼そばU.F.O. 極濃モンスター焼そば』。単品で食べるにはとても凶悪なモンスターだった。

 

ただ、アイテム「食パン」を使った「U.F.O.モンスター焼きそばパン」は記者的にかなり好みの味。ソースやマヨネーズの味も見事にマッチしていたし、ボリュームも満点だ。この食べ方こそが、魅力を引き出す方法なのだろう。討伐の際は、ぜひ参考にしてみてほしい。

 

全国のスーパー、コンビニで発売中。

 

あわせて読みたい:濃くて太くてプレミアム!『日清焼そばUFO 45周年記念プレミアム 史上最極どろっと特濃ソース』は食べ応え100点満点!

あわせて読みたい:“汁なし”日清夏めんトリオ『カップヌードル 旨辛カルビ味焼そば/日清の汁なしどん兵衛 スパイシーカレー焼うどん/日清焼そばUFO お好み焼味焼そば』

あわせて読みたい:インパクト・ファースト!『日清焼そばUFO 白い濃い濃い濃厚ソース』を通常版と食べ比べてわかったこと

公式サイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック