自由自在な感動ハードゼリー! キメたヘアスタイルを1日崩さない『ギャツビー アレンジ&ハードゼリー』でスタイリングがもっと楽しくなる!

アレンジ自在 感動ハードゼリー

 

ジェルのキープ力に、新たにアレンジ力が加わればどれだけ楽になるだろうか。そんな願いを叶えるべく誕生したのが、現在ドン・キホーテでのみ売られている『ギャツビー アレンジ&ハードゼリー』。クセ付け成分を配合した弾力性ゼリータイプのジェルによって、アレンジ×キープ力を兼ね揃えたハードゼリーだ。この夏は、動きのあるヘアスタイルでビシッと決めよう!

 

ジェルなのに動かしやすい! ミディアムショート〜ミディアムヘアに使いやすいぷるぷるゼリー

シティポップを思わせる雰囲気のパッケージデザイン

マンダム(大阪府)の男性向けコスメブランド「ギャツビー」は、「カッコよくなりたい」という想いに応えるべく、スタイリングシリーズやスキンケアシリーズなど、幅広い商品でサポートし続けているブランドだ。

この度発売された『ギャツビー アレンジ&ハードゼリー』(230g・希望小売価格 税込1,540円・2022年4月4日~ドン・キホーテ先行発売)は、ツヤ感やキープ力だけでなくアレンジ力も兼ね備えたヘアジェルで整髪したい男性のために考えられたスタイリング剤。この価格でありながら、容量が230gとたっぷりの大容量であることも嬉しいポイントだ。

ポイントは、クセ付けしやすい柔軟な整髪成分が配合されていること。毛束のクセ付けやカール感といったアレンジがしやすくなっているので、髪の動きを出しやすくなっている。

大容量の230g

もちろん、ベースはハードジェルなので、乾いた後は1日アレンジ後のヘアスタイルをキープ。髪の立ち上げやツヤのある仕上がりでビシッと決めてくれる。万が一スタイルが乱れたときは、水に濡らせば再整髪できるので、出先でのヘアスタイルも心配なしだ。

スタイリング剤特有の強い香りはせず、クリアフローラルの自然な香りでとても使いやすい。

 

カジュアルにもワイルドにもきまる! ヘアセットが楽しくなるハードゼリー

それでは、さっそく『ギャツビー アレンジ&ハードゼリー』の使い心地をたしかめてみよう。

使い方は一般的なジェルと同じ。手のひらに500円玉ほどの量を取り、手全体に広げる。ゼリーのような弾力と少し粘度が高めなテクスチャー。ダマにならないように手に広げ、髪の毛に塗布していく。ミディアムの場合、1回で全体に塗るのが難しいので、数回に分けて、部分的に塗るのがコツ(前、後ろ、横など)。

ジェルが乾くまでの時間は2分ほどなイメージ。この時間内に、束感や動きをつけていく。

サイドは軽くパーマを当てたような、主張しすぎず自然でイイ感じのクセが完成

感覚的にはワックス同様のやり方でOK。全体をおおまかに整えた後、強調してアレンジしたい毛先などの細かい部分をクセづけると整髪しやすいだろう。

ワイルドに前髪を上げるスタイルもカッコよくアレンジできた

ツヤがありビシッと固まった仕上がり。動きもきちんと出ている。1日使ってみてもほとんど崩れず、多少の風でも乱れないキープ力だ。ワックスだとすぐに崩れると悩む人にもおすすめしたい。

 

自由自在なアレンジでカッコよく出かけよう!

カジュアルにもワイルドにも、自由自在にアレンジできる『ギャツビー アレンジ&ハードゼリー』。ドライヤーやアイロンを併用すれば、さらに思い通りのアレンジが出来るだろう。特にかっこよく決めたい日は、丁寧にヘアセットしてみるのも良いかもしれない。

休日はもちろん、学校の日も、仕事の日も、その日の気分に合わせたスタイルにヘアアレンジ出来れば毎日がちょっぴり楽しくなりそうだ。この夏は『ギャツビー アレンジ&ハードゼリー』を使って自由自在にヘアアレンジを楽しんでみては?

 

『ギャツビー アレンジ&ハードゼリー』は、現在ドン・キホーテで発売中。

ギャツビーブランドサイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official images

トラックバック