夏に向けておうちヘアカットデビュー! 怖がりな子にもおすすめの『静音バリカン プロ技』をおためししてみた

バリカン恐怖症の息子といざ挑戦!

 

ボサボサに伸びた息子の髪…。そろそろ美容室に連れて行きたいけれど、閉鎖空間はまだちょっと不安なのが本音。バリカンの音が大嫌いな息子&手先が不器用な記者には、家でヘアカットするのもハードルが高い。そこで見つけたのが『静音バリカン プロ技』だ。静かなうえ操作も簡単で、親子ヘアカットデビューにぴったりの商品らしい。さっそくおためししてみよう!

 

子どもが怖がらないバリカン

ケイジェイシー(東京都)が展開する生活雑貨用品ブランド「エジモット」から、コロナ禍のおうちヘアカットに大活躍のアイテムが新登場。

『静音バリカン プロ技』(110g/希望小売価格 税込2,200円・発売中)は、動作音がとっても静かなバリカン。その大きさはわずか38db(静かなラジオ並)だというから、子どもがバリカンの音を怖がるというパパ・ママにはありがたい。

サイズ:44×138×33mm

そのうえ操作もON/OFFスイッチだけととってもシンプル。一定のスピードで安定してカットできるので、バリカンは初めて使うというパパ・ママも心強い。

左から、斜めカット/0㎜・3/6㎜・9/12㎜

長さは3種類6段階(斜めカット/0㎜・3/6㎜・9/12㎜)のアタッチメントで調節可能。ササッと水洗いできる(ヘッド&バリカン部分)お手入れの手軽さも魅力的!

 

音も振動も控えめ。これなら僕でもできるよ!

以前、バリカンのスイッチを入れた瞬間「ぎゃぁ~怖い! 」と大脱走。ハサミを出動するも、動く息子の襟足に刃が当たり「ママには二度と切ってほしくない」と言われる始末。そんなおうちヘアカットには苦い経験のある記者がチャレンジ。

本体以外の付属品がこちら。アタッチメントは3個で計6種類の長さ調節ができるから、幼児男子のヘアスタイルには十分すぎるくらい!

コードレス&交流式の2way仕様。コードの絡みに気を取られている場合じゃない初心者には、断然コードレス使いがおすすめだ。

まずは刃先に付属のオイルをちょんちょん。これで準備は完了だ。

刃部を戻したら、切りたい長さのアタッチメントをセット。窪みに合わせて感覚的にカチッとはめられる。

刃はアタッチメントにしっかり覆われ、丸みを帯びたこのフォルムもどことなく安心感がある。

バリカン恐怖症の息子に見せてみると「ふぅん。これ、痛くなさそうだけど、やっぱりヴィーーーンッッて大きな音は鳴るんだよね…」と疑いの目。

それならばとスイッチをONにしてみる。「あれ? そんなにうるさくないね」たしかに、一般的なバリカンの音(70dp前後)に比べ、わずか38dbととても静かだ。耳元のうしろに当てても、息子が肩をすくめて耳を塞ぐ様子はなし。これなら怖がらずにカットできそう!

スリムな持ち手もいい。もみあげや生え際など慎重に当てたいところでも、これなら安定してしっかり持てる。

息子が苦手な振動も、いつものバリカンより控えめな気が…。導かれるように一定のスピードでスムーズに滑るので、バリカン初挑戦の記者でも難しいテクニックなしで上手にカットできそう!

刃部に残った髪の毛はミニブラシでササッと掃き出して、ヘッドとバリカン部分はこのように水洗いしちゃえばOK。日々のお手入れが楽なのも嬉しいかぎりだ。

 

パパも一緒におうちヘアカットを楽しもう

想像以上に静かで、息子のバリカン恐怖症の克服にも一役買ってくれた『静音バリカン プロ技』。今では「このバリカンでならいいよ」と、進んで記者にヘアカットをまかせてくれるほど。これからの暑い夏に向けてさっぱりと髪を切って爽やかに過ごせそうだ。

 

もちろん大人も使えるから、子どものヘアカットついでに自分のもみあげや襟足を整えたいパパにもおすすめ!

 

商品は公式オンラインショップにて購入できる。

公式サイトはこちら

記者

Mugi

ライフスタイル・食・美容・子育てなど、あらゆるジャンルで年間300本以上のレビュー記事やコラムを執筆するフリーライター。薬事法管理者。プライベートでは3人の子育てに奮闘中。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎/official images

トラックバック