チキンのような大豆ミートearthmeat『LIKE CHICKEN!?』をb8ta Tokyo – Shibuyaに出品

植物性素材の選択肢をもっと広げよう

 

植物性食材として注目されている大豆ミート。高たんぱくで食物繊維もたっぷり。食材の新たな選択肢となっている。『LIKE CHICKEN!?』は冷凍タイプの大豆ミート。b8ta Tokyo – Shibuyaへ出品するということで、どんな商品なのかチェックしておきたい。

 

注目の食材「大豆ミート」をもっと身近に

原田産業(大阪府)は、1923年(大正12年)創業。半導体、液晶などをはじめ、医療や介護、造船、建築など幅広い分野で活躍している。近年、注目の食材である大豆から生まれた大豆ミート。お肉の代替えとして用いられることが多く、食の多様性が広がっている。

earthmeat『LIKE CHICKEN!?』(150g・希望小売価格 税込875円・発売中)は、まるで鶏肉のような食感が味わえる大豆ミート。湯戻しは不要で、必要な分だけ使える便利さと、大豆の臭みを感じさせないその味わいが人気だ。

 

新しい発見がある店舗「b8ta」へ行ってみよう

b8taは2020年に日本上陸。スタートアップ企業で生まれたばかりの商品や、他のお店ではなかなか体験できないようなプロダクトが店に並ぶ。毎月少しずつ商品が入れ替わり、いつも新しい商品に出会えるような場所。現在は有楽町、新宿、渋谷、越谷レイクタウンに店舗を構えており、b8ta Tokyo – Shibuyaは渋谷駅を出てすぐのところにある。

そのb8ta Tokyo – Shibuyaに『LIKE CHICKEN!?』が並ぶ。製品紹介だけではなく、試食も可能なので購入前に味を知ることもできるいい機会。150gサイズをお得な価格にて購入することもできる。

    • 【出展期間】2022年4月1(金)日~9月30日(金)
    • 【店舗情報】b8ta Tokyo – Shibuya

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目14番11号小林ビル1階

営業時間: 11:00 – 19:30

b8taでの販売価格は税込734円。

ECサイトでの購入の場合、通常価格の税込875円に送料(1,000円)がプラスされるが、店舗にて購入すると実質1,195円お得ということになる。また、店舗ではb8ta Tokyo – Shibuya限定クーポンコードも配布。

 

100%プラントベース、動物性原料は不使用

本製品は加熱調理品。解凍後は加熱調理が必要となる。

冷凍食品で、湯戻しは不要。解凍して加熱して使用する。冷凍だからこそ好きな時に好きな分量だけが使えるので、ロスもなし。

    • 動物性原料 不使用(ヴィーガン対応)
    • 地球にやさしい大豆由来のプラントベース
    • 遺伝子組み換え作物 不使用(NON-GMO)
    • グルテンフリー
    • コレステロールフリー
    • 着色料・保存料不使用
    • 五葷 不使用

冷凍だからこそ、極力余計なものは使わずにシンプルな原材料で作られているのも魅力。解凍後は、茹でたり、焼いたり、揚げたりと、いつもの料理に活用できる。

冷凍庫から取り出してすぐの状態。

電子レンジで解凍する場合は、平らな皿に重ならないように均等に広げて、500wで2分10秒加熱する。解凍後、さらに加熱をして温めることで調理完了。

 

本当にチキンみたい!?

ふっくらジューシーで手にした感じもまるでチキンのよう。7種類のスパイス(パプリカパウダー、ホワイトペッパー、ショウガ、ナツメグ、メース、カルダモン)で味付けしてあるので、そのままでもおいしく頂ける。程良くスパイシーさがあり、大豆の臭みが抑えられているので食べやすい。

ブラックペパーで味付けをすればピリッと感が加わり、さらにサラダチキンのような感覚。

 

いつもの食事に植物性食材を取り入れて

日々の食生活を意識したい時や、ビールなどのおつまみとしても手軽。

この機会にb8ta Tokyo – Shibuyaで『earthmeat LIKE CHICKEN!?』をぜひ体験して、植物性素材の選択肢を広げてみよう。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子 / official images

トラックバック