東北の食材を使用した高級パウンドケーキ専門店の『アーモンドパウンドケーキ』をおうち時間に

東北産! ずっしりきめ細やかな生地のパウンドケーキ

 

高級パウンドケーキの専門店『YOU&G』。東北産の素材、シンプルな材料にこだわり、すべて手作業で作られているパウンドケーキが人気。そのしっとり感、ほどけるような口どけは、丁寧に作られているからこそ。自分へのご褒美、手土産、大切な人と過ごすおうち時間に。おいしいパウンドケーキで楽しい語らいを。

 

東北の旬の食材をパウンドケーキに

高級パウンドケーキの店『YOU&G(ユージー)』は、仙台青葉区に店舗を構え、オンラインショップも展開している。パウンドケーキの素材には東北地方の農産物を使用するのがひとつのコンセプト。口コミを中心にそのおいしさが評判となり、累計販売本数2万5千個を突破(※)。福島県産の桃が使われたパウンドケーキは、市販されている最も高額なパウンドケーキとしてギネス認定されたことでも話題となっている。

(※)集計期間:2019.8〜2022.2

今回ご紹介するのは「YOU&G」の看板商品のひとつでもある『しっとり感を追求してできたアーモンドパウンドケーキ』(希望小売価格 税込1,620円・発売中)。目指しているのはどこか昔懐かしいような、生地がしっかりとしたパウンドケーキなのだとか。

 

こだわりの食材のみをシンプルに

宮城県産の素材にこだわり、余計なものは使わずに作られているから材料はとてもシンプル。食材の魅力を最大限に引き出すために、着色料、香料、保存料は一切使用していない。

サイズは10.5×7×7㎝。

シンプルなロゴが映える白い箱。手にした時にズシッとした重さを感じるパウンドケーキだ。

 

封を開けるとアーモンドの香ばしさとバターの香りが一気に広がる。見た目にも分かるこのずっしり感。トップにはアーモンドスライスがぎっしりと散りばめられている。

カットしてみると、スライスアーモンドは生地にもたっぷり練り込まれていた。

ひとくち食べてみると、しっとりとほどけるような口溶け。香ばしいアーモンドとバターの濃厚な味わい。密度のあるきめ細やかな生地の中に、スライスアーモンドの食感が程良くアクセントになっている。

余計な添加物が使われていないというのも注目すべきポイント。こだわりの素材で勝負しているからこそ、ごまかしのない作り方をしているのが伝わってくる。

 

毎月発売される限定商品にも各地の名産品を

また、季節限定商品として、日本各地の特産品を使ったケーキも毎月発売されている。2月の限定商品は、チョコレートの最高峰として名高いヴァローナチョコと宮城県産のフルーツとの組み合わせ。それぞれの食材に合うチョコレートを吟味して、濃厚さと口溶けのよいパウンドケーキに仕上げている。

『ヴァローナ ビター×干し柿』(希望小売価格 税込2,500円・発売中)。ヴァローナチョコレートはビターを、干し柿は白石市産。まるでブラウニーのような濃厚な生地に、干し柿のしっとりとした甘さが加わる。トップに飾られているのは、ヴァローナチョコレート。これがまたアクセントになっており、カカオの本格的な香りが楽しめる。

『ヴァローナ スイート×六実レモン』(希望小売価格 税込2,500円・発売中)。ヴァローナチョコレートはスイートを、白石市産の六実レモンを使用。ひとたび口に入れるとレモンの爽やかさが口いっぱいに広がり、濃厚なチョコレート生地の甘さを引き立てる。

『ヴァローナ ミルク×Hizenいちご』(希望小売価格 税込2,500円・発売中)。ヴァローナチョコレートにはミルクを、Hizenいちごは亘理町産。煮詰めたいちごの甘酸っぱさがたまらない。

どれも素材に合わせたチョコレートが使われており、同じチョコレートパウンドケーキでもこんなにも味わいが違うのかと驚く。

 

しっとり濃厚、素材のおいしさ際立つパウンドケーキを

東北産の農作物を大事に、丁寧に作られたこだわりのパウンドケーキ。賞味期限は発送日から14日間。

大量生産ではないからこその仕上がり。おいしいものは素材勝負というのが分かるパウンドケーキだ。

満足感のあるこの味わいは、珈琲や紅茶とともにおうち時間を楽しみたい時やギフトとしてもおすすめ。

高級パウンドケーキ専門店「YOU&G」は、仙台市青葉区と仙台駅前店に店舗があり、オンラインショップでのお取り寄せも可能。定番商品のカット詰め合わせをはじめ、国産抹茶を使ったパウンドケーキなど、他にもこだわりの素材を使ったケーキがたくさん! ぜひこのおいしさを堪能してみて。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック