大型新人との戦いを制してfron選手が初優勝!『ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON4 STAGE3』が開催!

 

国民的落ちものパズルゲーム「ぷよぷよ」のセガ公式プロ大会『ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON4 STAGE3』が12月25日に開催された。優勝の栄誉と賞金100万円をかけて行われた、2021年最後の大会の模様をお届けする。

 

総勢30名の「ぷよぷよ」プロ選手の中から勝ち抜いた2人が激突!

国民的落ちものパズルゲーム「ぷよぷよ」のプロ選手が激突するeスポーツ大会『ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON4 STAGE3』。STAGE1はlive選手、STAGE2はぴぽにあ選手が優勝しており、大会優勝者には賞金100万円のほか来年3月に予定されている「ぷよぷよファイナルズ SEASON4」への出場権が付与される。

大会のMCはお馴染みの椿彩奈さんと橘ゆりかさんが担当。解説者はmomokenさんとALFさんが担当し、ネット配信された大会を盛り上げていた。

総勢30名のプロ選手が頂点を目指してクリスマスの夜に集結。負けた選手が敗退していくシングルイリミネーション方式のトーナメント戦には、お馴染みのプロ選手たちに加えて11月に開催された「ぷよぷよランキングプロ選抜大会 SEASON2」を勝ち抜きプロ選手になったばかりのShiyota選手とむー選手も参戦した。

準決勝第1試合は、新人プロのShiyota選手対競技シーンを長年盛り上げてきたベテランプロ・くまちょむ選手という顔合わせに。プロとしての経験こそ浅いものの、「ぷよぷよ」競技シーンでは名が知られていたShiyota選手は、試合前に「ベスト4になってここまで来れたことが嬉しい。疲れてきているものの、そのおかげで肩の力が抜けてきた」とプラス思考のコメント。

 

くまちょむ選手は「過去に(Shiyota選手とは)別の大会で話していて、プロでも出てくるだろうなと思っていたら、実際に出てきた。試合がすごく楽しみです」と語り、試合が始まった。

1セット目を先取したのは、終始自分の持ち味を発揮したShiyota選手。続く2セット目も圧倒的な試合運びを見せたShiyota選手が勝利をおさめ、決勝戦へ進出することに。

準決勝第2試合は、鉄壁の守りを誇るfron選手対トリッキーな攻めをみせるKamestry選手が激突。fron選手は「序盤から良い内容のプレイができていて、(準々決勝では)ともくん選手にも勝ってこれた」と気持ちが入ったコメントを見せる。

 

対するKamestry選手は「今日はすごくfron選手が安定しているが、自分も早い攻めでここまで良い調子できているので、このままいきたい」と回答。実力者同士の試合がスタートする。

試合は大会を通じて抜群の仕上がりを見せてきたfron選手がリードして、1セット目を先取。守りを固めつつ攻めも柔軟な対応をしたfron選手が見事試合を制して、決勝戦へと駒を進めることに。

『ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON4 STAGE3』決勝戦は、大会初出場にして決勝戦進出を果たした大型新人・Shiyota選手と、優勝候補を撃破して大会を通じて抜群の仕上がりを見せるfron選手のマッチアップとなった。

試合前にShiyota選手は「明らかに今日のfron選手は強いと思う。大会で勝てるかは8割以上(事前の)調整によるものだと思っているので、それをしっかり発揮できれば」と意気込みを語る。

fron選手は「ここまでかなり良い試合ができている。(shiyota選手には直近の試合で負けているので)強敵だと思うが、今日はこのまま負けない」とここまでの勢いと仕上がりを維持して対戦に挑む。

いよいよ始まった決勝戦は、はじめfron選手がリードするも、操作ミスやおじゃまぷよが不運な場所にハマるなどの展開から、徐々にShiyota選手が取り返す。4対4のセットポイントとなり、1セット目はfron選手が嫌な流れから大崩れすることなく先取。

 

2セット目はShiyota選手が取り返す激戦となり、最終セットに。最後まで崩れることなく王手をかけたfron選手が勝利を飾る結果となった。

fron選手は過去大会では上位の常連とも言える強さを見せていたものの、ついに念願の大会初優勝を果たした。

試合後の表彰式では、ベスト4となった選手たちが新たなデザインとなった四天王ジャケットを羽織り、ベスト4両名には10万円、2位には30万円、優勝者には100万円の賞金とトロフィーも授与された。

優勝したfron選手はコメントを求められると「今シーズン、いい成績が出せていなくて内容も良くない時期が続いていた。意識を変えてつよいプレイをできるようにして、今回は最初から最後までいい内容にできてよかった」と回答。

 

賞金の使い道に関しては、「ほしいものはないんですけど、乾燥機付き洗濯機を買おうかなと思っています」とコメントしていた。

大会を見守った「ぷよぷよ」シリーズプロデューサー ・細山田水紀さんは「今年はコロナ禍もあって大変な中でしたが、ぷよぷよ30周年でいろいろやらせていただきました。また来年も皆様と一緒に盛り上げていければと思っています」と語っていた。

大会終了後のインタビューでは、「大きな大会で優勝したのは久しぶりだったので、本当に嬉しい」と笑顔を見せたfron選手。

 

自らの名を冠したぷよぷよの積み方の1つである「fron積み」について聞かれると「僕のことを知らなくても名前を知ってもらえるのが嬉しいですね。難しい連鎖ですが、出来たときは気持ちいいのでぜひ挑戦してみてほしいです」と感想を述べていた。

「ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON4 STAGE4」は2022年2月に、シーズンの頂点を決める「ぷよぷよファイナルズ SEASON4」は同年3月に実施予定となっている。プロ選手の最高の頂点に立つのはどの選手になるのか、注目してほしい!

公式サイトはこちら

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック